おきらく社長のぼやきブログ

阿部運送株式会社
代表取締役 阿部能久(よしひさ)
東京城南地区を中心に活動する運送会社

タイトロープ

2015-01-30 14:19:28 | Weblog
今月いっぱいで退職する社員が2名発生するも、
来週からの補充の目途が全く立っていません。

2月23日からは研修修了者がいるため、
そこからは一息つく予定です。

来週からの3週間は綱渡りの状況で、
最悪私も現場に駆り出されることになります。

その間、一人の欠勤者も出ないことを願うばかりです。

無神論者ですが困ったときの神頼み、
「神様、お願いします!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飼い主バカ

2015-01-29 20:09:53 | Weblog
まるおがうちに来て11日が経ちましたが、
その馴染み具合が半端ではありません。

二日目に自分の居場所を自分で決め、
撫でろとの催促も自然に行い、
飼い主たる私がトイレに立つ間でも吠えまくります。

三階建ての家の間取りも覚え、
家人が歩く後を付いて回ります。

更に六日目には自ら車の荷台に飛び乗り、
会社へ同伴出勤の後も決まったウンチ場へ一目散。

かれは良く周りのことを観察しています。

親バカならぬ飼い主バカですが、
私も彼の行動を見習いたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生とは

2015-01-28 20:11:17 | Weblog
50人以上の会社になると休む者もいれば、
業務でのトラブルに巻き込まれる者もいます。

また、いろいろな理由で退職する者もいます。

社員一人一人からすれば一つの事象ですが、
管理者からすれば沢山のことが起こり、てんやわんやの状態となります。

今がまさにその時期で後から後から問題が発生しています。

ここまで来ると悩むことを通り越して、
呆れるというか、賽ノ河原の石積みをしている気分です。

そんなに前世の行いが悪かったのかと恨む気持ちになりますが、
来世の往生の功徳と気を取り直してもうひと頑張りしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人を殺すこと

2015-01-27 13:22:13 | Weblog
とうとうイスラム国の脅威が直接日本にも及んできました。

もし本当に捕えられた日本人が殺されたなら、
それは絶対許されることではありません。

ではその犯人の国を空爆して、
意図しないにしても罪もない民間人を巻き添えにすることは
仕様がないことなのでしょうか。

単なる人殺しは許されず、
戦争時の戦闘なら許されるのでしょうか。

相手から言わせればジハードすなわち戦争だとなるわけで、
集団的自衛権はこのような発想で日本が戦争の当事者になることも意味するわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿部運送の評価

2015-01-26 18:49:16 | Weblog
うちの存在意義はなんでしょう?

月並みですが、わたしが思っているのは雇用創造。

本音は自分や家族が生きるためですが、
一人では何もできません。

みんなで寄り集まって、数を頼りに生存競争を勝ち抜くのです。
海の中でイワシなどの小魚が群れて外敵の攻撃を緩和する方法と一緒です。

今回も訳あって会社を離れる人の代わりに、
社員が仲間を紹介してくれました。

人に紹介するのは覚悟がいる行為です。
自分の会社を好きかどうかは解りませんが、
紹介するに足る会社と評価してくれていることは
間違いないと思います。

本当に有り難いことです、感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まるお

2015-01-22 11:15:00 | Weblog
まるおが我が家に来て5日が経ちました。

彼は非常に順応性が高く、
すでに家族の一員面で、生活しています。

私のことを気に入ったみたいで盛んにじゃれ付いてきますし、
私が居なくなるとキャンキャン吠えています。

今までの犬たちは老犬で寄っても来ませんでしたので、
ちょっと戸惑ってしまいます。

それにしても、おそらく前の飼い主にも懐いていたはずなのに、
捨てられてしまったのはどういうわけなのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい家族

2015-01-19 16:09:01 | Weblog
先週土曜日、四国は高知の収容施設から
レスキューされた犬を新しい家族として迎えました。

白の柴系の推定3歳の雄で、
これからの暮らしがマルになるよう、
“まるお”と名づけました。

前の犬が“もずく”だったため、
周りが変な期待をするのでまともな名前はつけられません。

元の飼い主が自ら収容施設に持ち込み、
先週の金曜日に殺処分になる運命でした。

それをフェイスブックで見てしまったのが運のつき、
死を免れた彼は機上の犬となりはるばる東京までやって来たわけです。

到着した当日は不安なため非常に大人しくしていましたが、
翌日からは本領を発揮し、わがまま一杯暴れまわり、
飼い主の私に噛みつく始末。

彼は躾もされず、
気に入らないことがあれば癇癪を起こし、
手を焼かせたに違いありません。

これからいろいろ仕込まなければなりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友あり

2015-01-16 16:37:04 | Weblog
島根に住む中学・高校時代の友人が一年ぶりに仕事で上京し、
昨晩はゆっくりと酒を酌み交わしました。

話題は40年ほど前の中学、高校時代のよもやま話。

お互い年を取って昔のことを忘れているかといえば、
その頃のことは意外と細かいことまで鮮明に思い出せるのです。

他の人から見ればいいオジサン二人ですが、
本人たちは10代のころにタイムスリップして、
そのころの自分に戻っているのです。

これもまた一興。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛犬の後釜

2015-01-14 16:10:55 | Weblog
去年9月に愛犬のもずくが亡くなり、
さみしい夫婦二人っきりの生活が続いています。

そろそろ後釜を迎えたいと思っていますが、
いろいろな事情があって白羽の矢が立てられません。

世の中には飼い主を求めているかわいそうな
沢山の犬たちがいますので、
早急に迎える決意を固めなければいけないと思います。

また、貰い手のいない老犬ですが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成人式の恒例

2015-01-13 13:53:10 | Weblog
この季節になると必ず報道されるのが、
酒を飲んで暴れる新成人の映像。

彼らもすごいのがマスコミの期待に違わず、
必ず各地でひと悶着おこします。

もう少し彼らも頭を使って、
「期待を外す」もしくは「違う驚きを与える」
工夫をすればいいと思うのですがその知恵はないようです。

映像で必ず流れるのは、
酔っぱらい白や紫の着物を着崩した「お利口な」連中です。

成人から35年経っていますが、
同じ穴のムジナですな!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加