おきらく社長のぼやきブログ

阿部運送株式会社
代表取締役 阿部能久(よしひさ)
東京城南地区を中心に活動する運送会社

慰労会

2012-10-31 13:30:25 | Weblog
本日でうちの幹部1名が退社します。

在籍31年と4か月の古株ですが、
50歳を前に諸事情で辞めることになりました。

彼は千葉に持ち家があるのでそこを拠点に、
心機一転の新しい人生を歩み始めるそうです。

うちのような男所帯ではなかなか良い伴侶も見つけられなかったでしょうから、
仕事と合わせて人生のパートナーも見つけて幸せな暮らしをしてほしいと思います。

今晩は彼の好物の鮨屋で食べ放題飲み放題の慰労会を
私主催で行います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俯瞰の観点

2012-10-30 22:12:36 | Weblog
出来ればうちの社員はドライバーでも事務担当でも、
会社の観点で物事を考えて欲しいと思います。

管理者は言うまでも無くその仕事をが求められます。
社長の私が見ているのは、その可能性があるかどうか。

それは立場が社員側から会社側へ変わることを求めているわけではなく、
「俯瞰の観点」ができること。

うちのような小さな会社でも部門わけがあり、
その中だけで考える人は限界があります。

そこを突き抜けて会社にとって何が大切なのかを考えられるかが、
その人の将来の立場を反映します。

うちの取引先の「俯瞰できる」有能な方が、
今回その会社を去ることになり誠に残念です。

今後のご活躍をお祈りします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月試斬会

2012-10-29 15:41:38 | Weblog
わが静稽会の10月試斬会が日曜日に行われました。

今回の参加は非常に少ない、たったの4名。

日頃の稽古はバーチャルな自己確認のものですので、
「自分は正しい」「自分は斬れる」などの
勝手な思い込みが入る余地が大きいのです。

試斬会はその思い込みを見事に粉砕してくれます。

斬ろうとしても斬れない。

間合いが遠い、近い。



例え斬れても、体ではなく腕で斬っている。
       斬ろうとしたところを斬れてない。
       斬ろうとした通りに斬れない。

現実はリアルであり、デジタルです。

この現実を胸に、今日からまたバーチャルな稽古に励むのです。

遠い道のりですが、楽しい旅路です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

システム神話

2012-10-26 15:51:42 | Weblog
最近問題になっている犯罪予告メール。

警察はその発信した人間を逮捕しましたが、
実は別人が遠隔操作で送っていることが判明しました。

うちも新しい仕事に対応するために、
相手のシステムを使い情報伝達するつもりでしたが、
今日そのやり方ではだめなことが判明しました。

当然のことですが、システムは製作者が意図したことしかできないのです。
外部の人が見てもその意図がわからなければなにも対応出来ないわけです。

意外と難しいブラックボックス。

今回のように悪用されなければいいのですが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい店 発見!

2012-10-25 09:04:53 | Weblog
昨晩、結婚記念日のお祝いで武蔵小山にある和食・衛藤に行ってきました。

物腰の柔らかいご主人が作る少し薄めの塩梅の優しい和食と
多彩な温度でつけてくれるお燗とそれに合う酒肴。

私はもっぱらつまみ系で、枝豆、生牡蠣、北海道のししゃもの塩焼き、
魚の肝山椒、唐墨、酒粕チーズなど、
あまりに美味しくてお酒がすすみぬる燗で正三合。

妻はコースで付け出し、もち米ご飯のいくら載せ、刺身、野菜の小鉢、
鱧と松茸の土瓶蒸しにデザート。

締めて一万四千円でおつりが来ました、安い!

季節をずらしてまた伺いたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おでんの季節

2012-10-24 16:28:38 | Weblog
やっと秋らしい陽気になってきました。
こうなれば酒肴として浮かぶのが「おでん」

実は先走って昨日食べに行ったのですが、
純米酒をぬる燗につけ、
和からしを少し効かせて、
大根、卵、つみれにはんぺん。

「よくぞ日本に生まれけり」の心境で、
ついついお酒も進み、深酒してしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CM女王

2012-10-23 10:24:24 | Weblog
コマーシャルに起用される男女はその時期「旬」な人が多いようで、
あれにもこれにも出ています。

中には事務所の力で出ている「何でこの人が」というのもありますが、
その企業や商品のイメージに合う人を起用しているようです。

ということは、多彩な企業や商品があるにもかかわらず、
訴求しているのは「さわやかさ」や「元気さ」や「誠実さ」などの
普遍的な好感度を上げる要素ばかりのようです。

なんか、日本らしい横並びの画一的な、行儀の良いものが横行している印象です。

たまホームのような奇抜な、インパクトのあるものの方が面白い気がします。

まあ、たまホームは知名度度を狙う過激なもので攻め、
一流企業は「金持ち喧嘩せず」で上品になりがちなことは分かりますがねぇ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結婚記念日

2012-10-22 18:20:37 | Weblog
今日は23回目の結婚記念日です。

よくもまあ23年も続いたものです。

私は自分の好きなように暮らしてきましたので、
これもひとえに妻の忍耐の賜です。

彼女は前世で相当悪いことをしたので、
現世でその罰を受けているのかもしれません。

こんな勝手な男に付き合ってくれて大変感謝しております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンビニ 成人確認ボタン

2012-10-20 17:34:31 | Weblog
梅沢富美男がコンビニの成人確認ボタンについて、
「こんな親父が未成年に見えるか」と言ったことが話題になっているそうです。

実は私も全く同じ感想をもっていましたが、
コンビニ側からすると自分たちがその確認をするとお客とのトラブルが起きるので、
本人に確認させたほうが問題が起きないとの論理だそうです。

果たして、このロジックは通用するのでしょうか?

本来の目的は法律で禁止されている未成年者にアルコールやたばこを販売しないことなのに、
このシステムでは未成年者が成人確認ボタンを押せば購入出来てしまうのです。

おつかいでお父さんに頼まれてタバコを買いに来た小学生も押せば買えちゃうのでしょうね。

これならコンビニは物言わぬ自動販売機以下の
「見て見ぬふり」「私は知らぬ存ぜぬ」の自己防衛だけに走る自分勝手な会社です。

買うほうはお客なんだからと自己主張を貫くモンスターカスタマー、
それに対する責任放棄企業の争い。

さてどっちが勝手なのか、軍配は難しく、
場外乱闘の引き分け模様でしょうか・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白と黒

2012-10-19 16:07:22 | Weblog
私の好きな池波正太郎の本によく出てくることですが、
白と黒の間にいろいろなものがある。

欧米は論理的に白黒つけようとしますが、
古い日本はどちらかに決められないあいまいなものがたくさんあった。

悪人にも心の中に良い部分もあるし、
善人の心の中にも悪の部分もある。

そんな簡単に割り切れるものではないと繰り返し言っています。

現代はマスコミが先頭に立ってはっきり白黒を付けようと躍起になっているので、
とても窮屈な世の中になっている気がします。

いいかげんは適当でもあり、良い加減でもあるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加