おきらく社長のぼやきブログ

阿部運送株式会社
代表取締役 阿部能久(よしひさ)
東京城南地区を中心に活動する運送会社

大健闘!岡田ジャパン!!

2010-06-30 15:11:43 | Weblog
元々、サッカーに興味の無い私ですが、
12年前ごろまではワールドカップがあるとにわかファンになり、
日本代表を応援していたものです。

ところが、日本選手がゴール前で自分でシュートせず他の選手に
パスする消極的な姿勢と得点力の無さに嫌気が差して、
にわかファンにすらならず、テレビ観戦も止めていました。

ところが、今年の選抜チームの本選の戦いぶりは見事で、
日本のサッカーの、いえ個々の選手のそれぞれの役割を果たそうとする
意識の高さには非常に感心しました。

また、日本人の特性に沿った岡田監督の采配とあいまって、
今回の結果が生まれたのでしょう。

「たいへんよくできました」の花丸判こうを押して上げたい心境です。
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世論!?

2010-06-29 11:22:15 | Weblog
全国世論調査で菅内閣の支持率は52%で、組閣直後の前回調査の66%から
1カ月もたたず14ポイントの急落となった。

菅直人首相が消費税を引き上げる方針を表明したことが影響したとみられ、
民主党はあわてて参院選で訴える政策を解説するために配布している
最新のビラから「消費税」の文言を削除しました。

ここで思うのはそもそも『世論』とは何かということ。
苦しい生活を強いられている国民からすれば増税の話など
もってのほかと怒るかもしれませんが、

現にある国の負債をどう解決していくのかを論じるのは、
国政を担う議員としては当たり前のことで、

そんなことで支持率が落ちてしまうとは、
わが日本国民はただの愚民なのでしょうか?

それともこの調査に問題があるのでしょうか?

口に甘いことだけ言って支持を集めて選挙を乗り切り、
審議の場では違うことをするのが今までの政治家の常套手段です。

わが日本国民は冷静に将来を見据えて投票できる
大人の民だと信じています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

景気の二極化

2010-06-28 17:01:41 | Weblog
上場会社、特に輸出企業の好業績のニュースが流れています。
リーマンショック以前の業績に戻るところは少ないにしろ、
相当なところで回復してきているようです。
運送会社でもヤマト運輸や福山通運は努力の甲斐あって、
良い状況だそうです。

翻って自社の取引先を見ると5月以降軒並み物量の減少傾向が続き、
うちも近年にない落ち込みの業績となりました。

5月単月で突発的なコストが発生したこともあり数万円の赤字となりましたが、
6月以降も同じような状況で推移していくことは否めません。

営業を強化して荷物を増量しようともがいていますが、
芳しくない状況です。

景気のせいにしても始まりませんし、
居合いもままならないことにもしたくありませんので、
少しでも増やす努力をしていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国の朝鮮族

2010-06-25 17:23:35 | Weblog
宋文洲さんのコラムに興味深い中国の朝鮮族のことが
出ていましたのでその一端をお知らせします。

朝鮮族は、中国に居住する少数民族の朝鮮民族のことを言い、
在日韓国人・朝鮮人のような外国籍でなく、中国の国籍を持つ中国人です。

人口は約192.万人で、その多くが中国の北方地区に
朝鮮系・韓国系との区分無く、一同生活を送っています。

多くの朝鮮族が小学時から中国語と韓国語を学習し、
中学時からは外国語として、漢字語が多く韓国語と文法が似ている
日本語を選び学んでいるので三ヶ国語を使えます。

東アジア3カ国(中・日・韓)が注目を浴びている今日、
グローバル社会の中で多言語を操れる優位性は計り知れません。

現在、中国に進出している多くの日系企業には、会社の中核ポジション(部長
クラス、課長クラス)に多くの朝鮮族が働いています。これは彼らが優秀であり、
貴重な人的資産になっている証でしょう。

日本も変な差別をせず、在日の方達にも日本国籍を是非持ってもらい、
日本人として一緒に頑張る道を模索したらどうでしょうか?

そうすれば外国人参政権の問題もなくなりますね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大相撲賭博事件

2010-06-24 13:38:18 | Weblog
昨日はまたもや風邪でダウンしつくづく自己管理の不備を反省しています。

さて、今問題になっている角界の暴力団がらみの賭博問題ですが、
発覚したのは最近のことですが、ずっと以前から暴力団との関係は深く
かれらとの付き合いは日常的で、相撲界では当たり前の常識なのだと思います。

それが大事になり、理事長はじめ親方、関取衆もあまりの反響に
びっくりしているのではないでしょうか。

社会の常識に触れる前に、金の卵として角界に入りそこの常識で純粋培養された彼らに
とって、我々のいる世間は異次元ほどの違いがあるのだと思います。

相撲界も日本人のなり手が少なく外国人に依存する現状の中、
今問われるのは彼らの自浄能力ではなく「大相撲を国技(?)として残すのか?」を
国、国民が決めることなのではないでしょうか。

名古屋場所をやってもやらなくても大差はありません、
それはただの感情論です。

情緒的な思考ではなく、論理的に判断をしましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間感覚

2010-06-22 16:20:39 | Weblog
ある人のお話で面白いものがありましたのでご紹介します。

動物は目の前に餌があれば、普通はその日のうちに全部食べてしまいます。
しかし、人間は猿から進化する過程で、この獲物は今全部食べるのではなくて
明日に残しておこう、また次の日のために新しく罠を仕掛けておこうと思い至り、

あるいは、春に種を植えて秋まで待てば、1個の稲からいくつものお米が
できると知恵を持ちました。これが『時間感覚』というもの。

私たちもこの『時間感覚』を意識して、
「未来から今を考える」というキーワードをもとに、今にあまり固執しないこと。
「今」は負けているように見えるかもしれないけど、将来を見据えて行動しよう。

今だけを考えてしまうと苦しいことかもしれないけど、
それが自分を強くしていると考えれば、絶対に頑張れる。

人生で、長い時間をかけてでも作っていかなければならないもの
を見つけることもとても重要だと。

そんな『時間感覚』を身につければ、
目の前のことに変に一喜一憂することも少なくなるとのことです。

もう50歳ですが、今からでも少し先を見て
自分の人生を見つめ直してみたいと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自社のブランド化

2010-06-18 10:55:27 | Weblog
昨晩同友会の勉強会がありました。

『「中小企業が大手企業に負けない理由」ブランドを発見すると会社が変わる』
と題して、㈱ワイキューブ 取締副社長の中川智尚氏が報告をされました。

中小企業は外部に対して自社の強みを明確に打ち出していない。
ネット社会を利用して「顧客を引き付ける魅力(=ブランド)」を、
アピールし、儲かる仕組みを作ろう。

会社の商品・サービスは物ではなく、
顧客が困っているもの・ことの問題解決である。
それを分かり易く表現し、発信しよう!と話されました。

それを聞いてから、ずっとうちの強み、顧客に対して何の問題解決を
提供しているのかずっと考えていますが、なかなか見つかりません。

本来はワイキューブにお願いすると全部で100万円ほどかかるコンサルの一端を、
幸いにも中川さんは同友会のよしみで無料でしていただけるとのことなので、
早速お願いしようと思っています。

  感謝!  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

論語

2010-06-17 17:12:08 | Weblog
自分の未熟さを実感し、
昨日図書館で論語の本を借りてきました。

2500年ほど前の孔子の言葉が身に沁みます。
私を含めた現代人はこの間、どれほどの進化を遂げたのでしょうか?

今で尚、いきいきとそしてためになる言葉が溢れています。
私もその想いを少しでも共有し「論語読みの論語知らず」にならぬよう、
これからの人生に行動として役立てたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ30代?

2010-06-16 17:03:05 | Weblog
もうあと3ヶ月で51歳になるいい大人なのに、
不用意な言動で人に不愉快な思いをさせてしまうことが多々あります。

良く考える前に言葉が口をついて出てしまい、
落ち着いた行動が未だに出来ないようです。

とうに「不惑」を過ぎ、「知命」天命を知る歳になっているのに、
精神的には未だ30代といったところでしょうか?

肉体的に30代ならば良いことですが、
頭や心が未熟な中年では周りの人も扱いに困りますね。

思ったことは一度飲み込み、咀嚼して消化してから
言葉に出来るよう、精神修養を更にしていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝・岡田ジャパン勝利!

2010-06-15 16:49:18 | Weblog
昨日は風邪が良くならないため、
酒も飲まずに9時に就寝しました。

その甲斐あってか、
わが岡田ジャパンは、ワールドカップ緒戦のカメルーン戦で、
1対0の見事な勝利を飾りました。

サッカーに興味の無い私でも、
今回の戦いは3戦全敗無得点予想で、
非常に厳しい戦いなのかと思っていましたが、

岡ちゃんも信長張りの「うつけ」ぶりを発揮し、
相手も油断したのではないでしょうか。

私には勝ち負けを予想する能力が無いようです。

琴光喜さんはどう予想したのでしょうか?
ちょっと気になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加