静岡県立美術館30周年

2016年04月28日 | Weblog
さて、いよいよ日本はゴールデンウィークにはいります!
みなさま、休日のご予定は立てていますか?
一方で、熊本・大分のみなさまにとってはGWどころではないと
お察しいたします。こころからのお見舞いと、
一日も早い復興をお祈りいたしております。
日本全国がみなさまを応援していますし、
このGWにボランティア等で現地にゆくんだ、
というみなさまもいらっしゃると思います。
私もさまざまなかたちで、また現地応援も視野に、
微力ながらできる限りの応援をしてゆく所存です。

さて、そんななかではありますが、静岡県の話題をひとつ。
今年で、静岡県立美術館が開館して今年で30周年になります。
先日も盛大に記念式典が行われましたが、
今年は年間通して興味深い企画展が並んでいますので、
ぜひ、みなさまも足を運んでいただきたいと思っています。

現在(4月12日~6月19日)は、
「開館30周年記念展」と銘打って
「東西の絶景~モネ、ゴーギャン、若沖も大観も~」という、
静岡県立美術館の誇る収蔵物を一挙に展示しているという豪華版です。
(一部個人蔵のものもあります。107展示中3点のみ)
私も記念式典の折に鑑賞いたしましたが、
”素晴らしい!”のひとことに尽きます。

個人的には、富士山を描いた日本人画家の展示が多い
『第2章 日本人の油彩画 西欧への挑戦』の
コーナーに好みの絵が多く感銘を受けました。
五姓田義松の「富士」、川村清雄の「巨岩海浜図」
和田栄作の「日本平望嶽台」などは本当にすばらしい。
また、世に数枚しか残されていない、かの徳川慶喜公の油彩画
「風景」も展示されており、静岡県にもゆかりの深いコーナーです。

また『第1章 日本画 豊饒なる山水・風景』では、
狩野派や原在中による富士山と三保の松原を描いた、
複数の日本画をみることができ、”富士山と三保の松原は一体である”
という、世界遺産の解釈の正しさを、あらためて感じることもできます。

もちろん、モネや横山大観、伊藤若冲、東山魁夷などの
見事なコレクションも展覧することができる素晴らしい企画展になっています。

みなさま、このゴールデンウィーク、
平和であることの幸せを再確認しただきながら、
たまには美術館散策をお楽しみいただくというのはいかがでしょうか?
きっと豊かな気持ちになれる休日がすごせると思います!
・・・で、できればその豊かになったお気持ちを、
どんなかたちでもけっこうですので、
熊本支援に注いでいただけるとうれしいです!

では、よいゴールデンウィークをおすごしください!

この記事をはてなブックマークに追加

浜松の街はいま

2016年04月24日 | Weblog
この土日は本当に忙しくて、時間的に綱渡りの日程も多く、
しかも浜松市内にあちこち行かなくてはいけない移動も多い週末でした。
最後の夜の日程が終わって帰宅、ようやく一息ついたところです。

さて、あちこち行きかった旧浜松市街地ですが、
GWのはままつ祭りを控えて、なにか”騒然とした”雰囲気があります。
・・・んー、表現がどうかなあ。”浮ついた”かなあ、それとも”華やいだ”かな。
とにかく、それらの要素が全部混ざった雰囲気の”浜松のまち”があります。

会所開きなのか、糸目付けなのか、
あちこちで法被姿のかたがたを見かけたり、
”激練ラッパ”の音が聞こえてきたり・・・。
・・・これが浜松なんですねえ。
誰しも、お祭り前はウキウキした気持ちになるものですが、
浜松まつりは、正月が終わるととたんに
御殿屋台新造や改築の新聞記事を見かけるようになり、
3月ともなれば、あちこちで初凧の制作のニュースが飛び交い、
4月は会所開き(会所とは各町内のお祭りのための本拠地デス)が相次ぎ、
会所ではラッパの練習やお祭りの打ち合わせなど連夜賑わいを見せます。
そして5月の本番へ。と、なりますので、ちょうど今頃はこういう雰囲気です。

私の浜北区は参加する町内はないので、別の雰囲気ですが(笑)
なんにしても、今年もよい浜松まつりになるといいですネ。



この記事をはてなブックマークに追加

防災士ってご存知ですか?

2016年04月22日 | Weblog
熊本での地震はいまだ続いていて心配です。
被災されたみなさまには、心よりお見舞いを申し上げます。

全国で”熊本・大分に支援を”という声があがり、
中学校などでも生徒たちの自主的な支援の動きなどがあって
本当に心強い限りですが、その”気持ち”と、
現地の受け入れの体制とのズレがどうしても生じてしまっています。

静岡県は「防災先進県」として危機管理部を全国に先駆けて設置し
日頃から専門的なシュミレーションや準備を繰り返してきましたが、
今回も熊本県との防災協定に基づき、
最初の前震が発生したのは14日ですが、翌15日には現地に
速攻で先遣隊を送り、ある程度独自で情報収集を行い、
必要な支援方法や必要な物資の調達について
熊本県とも連携をして今日まで活動を続けてきています。
また、県警や消防、医療関係者などもかなり早期に現地に入り
行方不明者の発見や救出等に多大なご尽力をいただきましたことは
すでに各種報道でもご存知頂いている通りです。
(警察の広域緊急救援隊はすでに任務解除されました)
また、19日付で静岡県は熊本市、益城町に隣接する嘉島町の
支援の担当となり(これは、被災地での支援体制のばらつきが
ないよう担当箇所が全国知事会で割り振られることによって決まります。
東日本大震災時も同様でした)嘉島町に県職員10名が支援のため
派遣されています。
静岡県としては今後の支援は、
この嘉島町を中心としたものになると思います。

さて、こうした対応が進んでいますが、
みなさまにぜひ知っておいていただきたいのが「防災士」の存在です。
「防災士」とは、平成15年の起きた阪神・淡路大震災の教訓として、
”大災害時は行政や公共機関だけの救援体制だけではとても手が回らない”
という痛い教訓を忘れないために、民間主導で立ち上げられたもので、
防災、減災、救援などの基礎知識を備えた人災を養成しようと
制度化・資格化されたものですが、基本は”公助”の前に
”自助””共助””協働”という災害時の対応を平素から
より多くの地域や人たちに伝えてゆくことが大きな存在意義です。
現在、全国で109093人(平成28年3月現在)うち静岡県には3133人
(全国11位)の防災士のかたがいらっしゃいますが、
その存在や活動はまだまだ知られていないのが現状です。

本当は、12月の地域防災訓練などでは
自治会町内会任せの防災訓練ではなく、地域の人材としての
防災士のみなさんを大いに活用していただいて
より実践的な訓練と、地域の危険度の認識をしていただくと
いいのですが、なかなかまだまだ理解不足で
浸透しているとは言えない現状です。
これ『宝の持ち腐れ』状態でもあるので、ぜひこの機会に
地域の防災士のみなさまにさまざまな形でご協力を仰いで、
ひとりでも多くのみなさまに防災知識を
身に着けていただければと思います。

・・・そんなことを平素から言い続けている私ですが、
忙しさにかまけ、恥ずかしながら自分自身は防災士資格を
取っていません・・・。
それを見かねたのか、いいえ彼女自身の意思と資質だと思いますが
ウチの事務所のスタッフさんが自主的にこの「防災士」資格を
なんと習得していただいたのです!
普段から私が政治活動を存分にできるのも実は彼女のおかげですが、
さらに、昨年はこうして防災士資格まで習得していただけるなんて、
ほんとうにこころからの敬意と感謝を申し上げたいと思います。
しかも、この4月からは浜北区初の女性消防団員を拝命!!
もはや、”尊敬”以外のなにものでもありません。

・・・というわけで、
うちの事務所には専門家がいますので、
ぜひ遠慮なく今後の防災対策等、ご相談いただければ幸いです!
私もほんとに身近にいてくださる防災士の教えに従って、
できるだけ正確な情報発信に努めて参ります。


この記事をはてなブックマークに追加

藤の花

2016年04月20日 | Weblog
早朝、犬の散歩中に
自生する山藤の花が咲き始めていることに気が付きました。

朝日の中、藤の花の紫が新緑にはえて美しい。
桜はすっかり散ってしまいましたが、こうして花々が咲き誇る
一年で一番素晴らしい季節がやってくることを実感します。

こうした日本の季節の素晴らしさを感じながらも、
熊本・大分の被災地で今も避難所で過ごされているみなさま、
ご苦労をされているみなさまのご心痛、苦難を思うと、
自然の美しさにも手放しで喜ぶこともできません。

が、しかし藤の花の輝きも、花々、新緑の輝きも命の輝きです。
せめて、あらためて命あることのありがたさをもう一度考え、
ではこの命をいかに生きるべきか、愛でるべきか、と自問し、
また行動をしてゆかねばならない、と考える朝にもなりました。

震災でお亡くなりになられましたかたがたのご冥福をあらためてお祈りするとともに、
いまだ続く地震の一日も早い終息を願ってやみません。


この記事をはてなブックマークに追加

思い知る、地震の恐ろしさ。

2016年04月16日 | Weblog
熊本で、大きな余震どころか
『14日21時の震度7が前震で、16日未明の大地震が本震だ』
という報道があるように、熊本県を中心に大きな地震が続いています。
本当に心配ですし、被害が大きく拡大しています。
お亡くなりになったかたも増えてしまい心からお悔やみを申し上げたいと思います。
また、被害地域のみなさまにはこころからお見舞いを申し上げます。

14日から今日未明にかけて続く大地震の連続発生は
”地震の怖さ”を、日本国中改めて震撼していると思います。
しかも、現在も続く余震では震源が徐々に東に移動しています。
これは東日本大震災で断層が北から列島に沿って南に
順番に割れていったことと同じかもしれません。

東南海・東海大地震につながる予兆になるかもしれません。
みなさま、ぜひとも”明日は我が身”という意識を強くもっていただいて
地震に備えていただきたいと思います。
また、「日本という国は地震と同居しているんだ」ということも
あらためて認識していただいて、国づくりを考えてゆくことが
とても大切だということを、私たち政治家はもちろん
国民全体が理解しておくべきだと、改めて強く感じました。


この記事をはてなブックマークに追加

熊本地震

2016年04月15日 | Weblog
熊本県で震度7の大地震が発生しました。
震度7といえば、阪神淡路、東日本大震災と同じクラスの大地震です。
被害が心配ですが、こころからのお見舞いと熊本県のみなさまの
ご無事をお祈りしたいと思います。

静岡県としたら、まったくもって他人事ではなく
まちがいなく”明日は我が身”です。
高い関心と意識をもって熊本のみなさまの苦難を共有せねばなりません。
静岡県としたら、まずは熊本県とは防災相互協力協定を結んでいますので、
さまざまな形での救援作業、援助などを今後展開することとなると
思います。私も微力ですが、できること、必要とされることには
精一杯取り組みたいと思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

阿部卓也の新年度はじまる

2016年04月13日 | Weblog
世間は4月1日をもって新年度がスタートしていますが、
静岡県議会は正式には5月臨時会(5月18日予定)
をもってスタートという、ややズレた感じですが、
それに先立ってこの時期、
各会派の役員人事や所属委員会などが決められてゆきます。
本日私たちの会派「ふじのくに県民クラブ」でも
総会においてそれぞれが決定ないし内定を致しました。

【平成28年度ふじのくに県民クラブ(20名)役員】
会長   中沢通訓 (清水区選出 7期)
副会長  高田泰久 (長泉町選出 4期)
幹事長  櫻町宏毅 (富士市選出 3期)
総務会長 阿部卓也 (浜北区選出 3期)
政調会長 遠藤行洋 (三島市選出 2期)

以上の役員が本日の総会で選出されました。   
正式には5月1日からの任期となります。

私は一昨年に続いて再度総務会長を務めさせて
いただくこととなりました。
今回の総務会長としての“特任”ともいえるものは、
来年7月に予定される知事選挙、
そして連動して3年後の統一地方選挙の準備を
候補者選定を含めて早めに着手するということが
大きな仕事であろうと思っています。
またしても大変な職責を背負うこととなりましたが、
誠心誠意、一歩一歩着実に精一杯務めてまいる所存です。

また、私の平成28年度の所属常任委員会は
「企画・くらし環境委員会」に内定をいたしました。
所管するのは県の目玉施策やITや広報、
地域外交などを担当する「政策企画部」と、
県営住宅や浜北森林公園、移住定住施策、
各種環境関係施策、男女共同参画など、
生活と環境部門を担当する「くらし環境部」となります。

県議にしていただいて10年目となりますが、
この「くらし環境部」を所管する常任委員会に配属された
ことで7つの常任委員会を一巡したこととなります。

また、浜北森林公園については、
先ごろイノシシが来園者を次々に襲ってしまう
という事件がありました。
お怪我をされたかたがたには
心からのお見舞いを申し上げるとともに
一日も早いご回復をお祈りいたしております。

こうした獣害に対する対策や、
新東名の西への延伸により増加する来園者のための
公園整備や道路整備も進めてゆかねばならないと
思っていましたので、タイムリーな仕事ができますし、
ほかにも、県営住宅の建て替えや管理方針の改善や
女性の活躍の場を増やすことなど、個人的に
着手していた仕事が多い部なので願ったりかなったりです。
また今年は、議員連盟幹事長を務めるモンゴルだけでなく
さらにイタリア、中国、台湾、アメリカなどに
関与せねばならない知事直轄の地域外交局も所管しますので、
やりがいのある委員会となりそうで、本当に楽しみです。

個人的に毎年恒例ですが、
こうして所属委員会が内定すると
本格論議が始まる6月議会までにしっかりと所管業務を予習し、
現地調査もし、委員会に臨むのが私の議員としてのスタンスです。
また、勉強の日々がはじまります!
これが、私の“新年度はじまる”ということを
実感する今日となりました。

兎にも角にも、今年もがんばってまいりますので
みなさま、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

この記事をはてなブックマークに追加

外暮らしのリーフ

2016年04月10日 | Weblog
我が家の犬(♂ 8か月レトリバー&柴犬ハーフ)リーフ君も、
世の新年度にあわせて”外暮らし”スタートです!
まあ、まだ幼く冬の間は寒かろうということで
我が家の通り土間のケージで暮らしていましたが、
春めいたころから、犬小屋を新調し暖かい昼間は
すでに外暮らしをしてきたので、
正確には”終日外暮らし”のスタートです。

それに備えて、昨日は身体を洗い、予防注射にもいって準備は万端です。
(彼にとっては受難の日だったかもしれませんが)

少しは”夜泣き?”をするのかなあ、と思っていたのですが
まったくへっちゃらで爆睡して、なんなく初日スタートできました。

ただ、最近は明るくなると”散歩に連れてけ”と吠えるので
今朝も5時前には起こしてくれましたが・・・苦笑
 

この記事をはてなブックマークに追加

投手デビュー

2016年04月09日 | Weblog
現在中学で野球をやっている長男ですが、
8年目の野球人生ではじめて投手を命じられ、本日初マウンド!
観に行っていた妻は、心配でほとんど観てなかったようですが(苦笑)
1回を投げて、1被安打、1四球、1奪三振、2邪飛で無難なデビューだったようで
親としては、ほっと胸をなでおろしたところです。

帰宅後、壁投げをしていた長男を捕まえてキャチボールをしましたが
以前より格段に球も早く、コントロールもよくなっていて
何球かは取り損ねました。(私の実力かもしれませんが・・・)
ただ、聴けば今日は初登板ということもあり、
ストレートのみで、しかもおとなしいフォームで投げたとのこと。
彼の持ち味は、ややトルネード気味のフォームから投げ込む
威力のあるストレートと、松坂大輔同様後ろに90°折れ曲がる
指の柔らかさを活かした変化球(しかもナックル系・・)なので、
次はそんな持ち味も試してくれたらいいなあ、と思っています。

本人もうれしかったようで、すこし自信がついたようにも見えました。
こうして結果はどうあれいろいろな可能性に挑戦してもらいたいな、
と親としては思っていますし、監督や仲間に対しても、こういう
チャンスをいただいたことに感謝もしてほしいなとも思っています。
『マウンドで、みんなが声をかけてくれた』といってましたので。

子どもたちは、こうしてだんだん大きくなってゆくのでしょうね。

私も草野球では投手をやらせてもらったことがありますが
マウンドは独特の雰囲気の場所で、
長男にも野球をやる以上一度はマウンドに立たせてもらえたらいいなあ、
と思っていただけに感無量です。
彼に次の登板のチャンスがあるなら、
自信をもって本来のフォームで変化球も投げ込んで欲しいと思うのが、
親バカなんでしょうね(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

PTA会長

2016年04月07日 | Weblog
今年は中学校のPTA会長という大役を頂戴しました。
PTA会長は幼稚園以来なので、
ある意味こどもたちの教育現場にある程度深く関与できるのは
ありがたいことだと思っています。

中学校の場合、そんなにPTAに係る負担はないようなのですが
”いくつか改善すべき点もあるよ”と各方面からの声もいただいていますので
ほどよい関与をして、よりよい中学校づくりに微力ながら
役員のみなさまと一緒に尽くしてゆきたいと思っています。
ひとりではなにもできませんので、役員のみなさまとは
しっかりコミュニケーションをとらせていただいて
頑張りたいです。なにとぞみなさまよろしくお願いいたします!

さて、今日はそのPTA会長としての初仕事、入学式でした。
あいにくの雨空となってしまいましたが、”水は命の源”です。
その水に包まれて新しいスタートを切るというのも
”大きなエネルギーを自然からいただいている”と考えていただいて、
新入生のみなさんには、無限の可能性に挑戦をし続けてほしいなあ、
と思っています。ガンバレ!新入生!!

この記事をはてなブックマークに追加