3期目スタート

2015年04月30日 | Weblog
県議会議員としての3期目が今日をもってスタートしました。
3期目最初の公務は、「終戦70周年戦没戦災死者追悼式」でした。

世界各地で紛争が勃発し、東アジアでも中国の台頭と独裁国家北朝鮮の暴発の危機をはらむ
今日の国際情勢の中で、否応なく日本もその渦に巻き込まれつつあるという危険性を感じています。
”二度と戦争は繰り返さない”という不戦の誓いも風前のともしびです。

せめて、国家指導者はきちんと国民に日本国がおかれた状況と進むべき道の選択肢に関する
説明責任は果たすべきと考えますし、日本の危機い対して正々堂々と信を問うべきと
痛感した、今日の終戦70周年式典でした。

そんななかで、静岡県の未来をどうするべきか、なにをすべきか、
それを決めてゆくのが我々静岡県議会議員としての責務です。
しっかりと今季もその任を果たし、時には国にモノ申してゆきたいと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

人事の季節

2015年04月23日 | Weblog
統一地方選後半戦がはじまっています。
各地の市町議会選挙の応援等にも出かけており、あいかわらず忙しい日々が続いています。

一方で、新年度の会派人事、常任委員会の所属決めなどの作業も山場です。
個人的には、このところ毎年重い役職を担わせていただいてきましたので
新年度は、できるだけ地元の後援会再整備に努めたいと思っています。
・・・とはいえ、中心になって切り盛りをしてゆくべき同期生を3人も失っているだけに
そんな甘えたことも言っていられないかもしれませんが。
まあ、とにかく個人的には常任委員長ポストも後輩に譲り、委員会希望も譲り、
皆が気持ちよく仕事ができる体制づくりに微力を尽くしたいと思っています。

ただ、議員それぞれの希望もあり、みんなの満足度が高い最大公約数の解を導かなければ
なりませんので、やはり人事の調整は大変です。
今月中にはすっきりさせたいですね。

この記事をはてなブックマークに追加

是々非々とは。

2015年04月16日 | Weblog
統一地方選挙前半戦の終了を受けて、
”勝利者”たちからは、『是々非々』という言葉が聞こえてきます。

『是々非々』とは、
「一定の立場にとらわれず、良いことはよい、悪いことは悪い、とすること」である。

さて。

このことばの意味どおりだと良いですが、
時に「一定の立場にとらわれて」判断をされる向きもいらっしゃることもあるので、
ぜひ我々政治家が選挙によるご負託をいただいているのは、
あくまで県議であれば”静岡県のため”、浜松市議であれば”浜松市のため”ですから、
その政治家としての本分を忘れず、公正な判断に努めなければならないと思っています。
間違っても我田引水であったり、○○党のためなどであってはいけないと痛切に感じています。

地方議員が本当に意味で「是々非々」でいるためには、
地方議員に「中央政府の政党の論理」はいらないのではとも痛切に感じています。
また、議員が個々の良識をもって判断をしてゆくためには、
もっともっと開かれ、かつ水準の高い建設的な論戦が必要だとも感じています。
あの「白熱教室」のようにね。

そんなことを期待しつつ、新任期に凛として臨みたいと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

ミッドウェーのごとく・・・

2015年04月14日 | Weblog
県議会選挙では、わたしたち「ふじのくに県議団」は
新人候補・元職候補の当選ゼロ。と、なんの戦果もあげられず、
それ以上に大きな損害を被りました。
今季当選を果たしておれば、
名実ともに「ふじのくに県議団」を牽引したであろう3人のエース格の現職議員を失い、
かつて13名の1期生議員団として県議会最大勢力を誇った民主系の平成19年度当選組が、
これで生き残っているのは私と桜町宏毅議員のわずか2人となりました。
今回敗れた3人は皆が認めるとくに優秀な議員たちで、
川勝知事擁立劇の中心的役割を果たし、修羅場をかいくぐり、
仕事もでき政治的センスも優れ、まさにこれから静岡県を、またその出身地を
大いに飛躍させることができるみなさんだっただけに、ショックのあまり言葉がありません。

たとえれば、旧帝国海軍の勝利の源泉であった機動部隊。
その主力空母4隻を失い、太平洋での主導権を失い、
敗戦への坂道を転がりはじめたミッドウェー海戦の悪夢の歴史を彷彿とさせます。

・・・どのように立て直すか。
途方にくれますが、現実を受け入れ、切り替えてやるしかありません。
重い課題が残された我々に課されました・・・。

”それでもなお。”

我々は立ち上がらなければなりません!

この記事をはてなブックマークに追加

当選御礼

2015年04月13日 | Weblog
浜松市浜北区市議会議員選挙。
本日投開票の結果、応援してきた2人の候補が無事当選をさせていただきました!
こころからの御礼を申し上げます。

新人の北野谷ふくこ候補が3位、ベテランの湖東秀隆候補が4位、
前述のように厳しい地盤で少ない基礎票しか持たないふたりが
そろって当選できたことは大きな喜びです。
課題の多い浜北区北部地域のためにぜひがんばっていただきたいと思っています。
一方で、やはり大票田の北浜地区、浜名地区の候補は強く、
1位は9000票、2位は7000票に届く勢いでの悠々の当選です。

なんにしろ、5人の市議会議員のみなさまとは、
しっかり連携して、よりよい浜北区をつくるために働いてゆきたいと思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

選挙戦終了

2015年04月11日 | Weblog
本日20時をもって、統一地方選挙前半戦の選挙運動期間が終了いたしました。

私は(個人的には誠に残念ながら・・・)
4月3日をもって無投票当選させていただいておりましたので、
(なんか、ものすごい違和感で申し訳ない感いっぱいですが)
4月4日以降は、県内の同僚県議、浜北区の市議会議員候補の応援に飛び回っておりました。
いずれも激戦区でしたので渾身の応援をしてきましたが、みなさんの当選を祈るばかりです!

浜北区市議会議員は、現職の湖東秀隆候補、新人の北野谷ふくこ候補の応援をしてきましたが
浜北区特有の選挙事情により、合併前の旧5ケ町村の縛りに囚われるきらいがあり、
いつもながら地盤の小さい両氏(地盤が同じ私もですが)は苦戦を強いられています。
私たちの地区の4倍強の地盤を持つかたがたには、おわかりいただけない苦しさなのです。
また、浜北区の場合、逆に北部地域に課題が多く、政治家の必要度が高いだけに理不尽さを感じます。
浜北区における「一票の格差問題」ですね。
が、この逆境を跳ね返してこそ本物ですし、
地元だけでは票が足りない私たちは、外からいただく票の重みをよーく知っています。
だからこそ必死に仕事をします。その真剣度をみていただきたいと思っています。
そんな苦しい戦いを戦い抜いてきた、両候補は本当に良い政治をしてくれると確信しています!

さあ、明日は泣いても笑っても運命の投票日。
良い議員が数多く選ばれることをこころから祈っています!

また、あらためて私も気を引き締めて明日、そして新任期に臨ませていただきたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

・・・無投票当選。

2015年04月03日 | Weblog
本日、統一地方選挙の届け出日でした。
気合をいれて「いざ出陣!」
降りしきる雨の中、20か所ほどの街頭演説を17時までにこなしたところ、
「無投票当選」の一報が・・・。

・・・今まで、いつも地元が小さな地盤からの挑戦だけに、
いつも「落選の恐怖」と隣り合わせの厳しい選挙戦しか戦ったことしかなかっただけに、
「無投票」というのはいささか拍子抜けで、違和感バリバリですが
とにもかくにも、3期目の県議会議員選挙に当選させていただきました。
ご支援をいただいたみなさまに、こころからの感謝と御礼を申し上げたいと思います。
ほんとうにありがとうございました!

また、気合をいれて、確たるミッションを持って3期目に臨みたいと思っています。

ただ、私の選挙が終わってしまいましたが、
県内各地の同志が厳しい選挙に突入しています。
また、地元の市議会議員選挙は熾烈です。
仲間がみな当選できてこそ勝利の実感が湧いてくるのだと思いますので、
この選挙戦、応援団としてしっかり取り組んでゆきたいと思っています。

みなさま、選挙にさまざまなカタチでご参加いただき、
投票には必ずいってくださいね!
あらためて、「投票参加」をお願いして、
御礼のご報告とさせていただきます。

この記事をはてなブックマークに追加

桜満開

2015年04月01日 | Weblog
我が家の桜も満開を迎えています。
自分で言うのもおこがましいですが、見事な一本桜です。

毎朝、手の届くほどの距離で窓から満開の桜を望めるのは幸せです。
20羽以上の鳥たちが、朝食なのか桜の木を飛び回り、
満開の桜花を散らしながら枝をしならせる光景も
春の躍動感を感じさせます。

さて。
あさってからいよいよ県議会議員選挙がはじまります。
我々現職議員にとっては、「4年間しっかり仕事をしたか否か」の
「業績評価」をいただく選挙だと思います。
8年間の実績をつまびらかにしつつ、この先4年間の未来図を提示して
選挙戦を戦いたいと思っています。
”サクラサク”となりますよう、がんばりたいと思います!

この記事をはてなブックマークに追加