静岡県教育長人事案提出

2015年02月26日 | Weblog
4月から国策で体制が変わる教育委員会体制。
そのトップとなる「教育長」は首長が選任して、議会の承認を求めます。

その静岡県の「教育長」人事案が本日、議会に提出されました。

高木桂藏(たかぎけいぞう)氏。昭和16年生まれ73歳。
早稲田大学政治経済学部卒。
元東京プレスセンター編集長。
元静岡県立大学国際関係学部教授。同名誉教授。
国際ことば学院外国語専門学校校長。

私は直接は存じ上げませんが、
県立大学教授在任中に、ボーイスカウトの指導者をされたり、
さまざまな社会貢献活動をされていたかただ。
・・・というような印象があります。
どちらにしろ、机上の学問を究めてきただけではなく、
現場での実学を積み上げられた方、という印象が強いかたでもあるので
基本的には了としたいと感じています。

議会承認には、
①本会議での質疑
②委員会での質疑と審査・承認
そして最後に
③本会議での承認
という手順で続きます。

本日は、3会派による本会議質疑がなされ、それぞれ納得できる
答弁が知事からはでていたと感じています。

来週から委員会審議となりますが、所管は総務委員会。
私も総務委員です。

国の「新教育長選任の手引書」には、
『本人を招致しての質疑等のうえで選任することが望ましい』との趣旨がありましたので、
わが会派と公明党からは招致を委員長に打診したものの、
なぜか招致はしないとのこと。
残念でなりませんが、私が委員長ではないだけに、いたしかたありません・・・。

本人不在での質疑には物足りなさは感じますが、しっかりと質疑をして
責任ある選択をしたいと思います。
4月以降の静岡県教育界のトップとなられるかたを選ぶのですから責任重大です。
同意すれば、それは議会の責任でもあるのですからね。

この記事をはてなブックマークに追加

富士山の日

2015年02月23日 | Weblog
今日2月23日は「富士山の日」。
また、皇太子殿下のお誕生日でもあらせられます。

今年は、日本平にて式典が催されましたが、
ほんとうに春のようなうららかな暖かい日で良い式典でした。
天竜川の赤石でつくった石碑が静岡商工会議所から寄贈されましたが、
石碑越しに望めるはずの肝心の富士山は、残念ながらこの陽気で春霞のなか・・・。

第二部は、川勝知事と県立美術館の芳賀徹館長、大原美術館の高階秀爾館長による
『霊峰・富士に立脚した富士の国づくり』と題した鼎談でした。
富士山というより、徳川家康のパックス・トクガワーナの史実をベースにした
平和国家づくりや世界からみた当時の日本観、そしてそれに富士山の存在感(?)
を絡ませながらの鼎談で、なかなか楽しい内容でした。

で、終了後会場を出ると、そこには富士山が雲の上から冠雪部分だけが浮かび上がり、
幻想的な富士山を拝むことができました!

終わりよければすべてよし。
良い富士山の日となりました。

この記事をはてなブックマークに追加

戦争の足音

2015年02月22日 | Weblog
なんとなく静かに、しかし確実に戦争の足音が近づいています。

国会は、年末の総選挙の自民党大勝を受けて、
完全に安倍総理の思うがままのペースで
”悠然と”でもいいましょうか・・・
さまざまなコトが進んでいます。

昨日でてきたのは、「防衛省設置法」の改正案。
この内容はごく簡単にいうと、
「シビリアンコントロールをやめて自衛官主導に切り替えるよ」ということ。

ついに来ましたね。
戦争の足音が。

確かに、現在の世界情勢をみると、まだるっこしい現制度では
スピード感がなくて、これで国を守れるのか?
という疑問は私も持ってはいます。
でも、あまりに強引な・・・。
数の力とは恐ろしいものです。
政治家をやらせていただいていうと、これはイヤというほど味わいます。
が、ときにその数の力の横暴がまちがった方向に国の行く末をむけてしまうときがあります。
ときどき、”今がそうではないのか!?”という不安に駆られるのは私だけではないはずです。

しかしながら、国民の選択がそうさせるものであるのならば仕方がないのも、これまた事実。

私は、政治家として使命感をもって冷静に分析と説明責任を果たしつつ、
警鐘をならずべきは鳴らし、賛同すべきはする。
今後も、そんなスタンスでありたいと思っています。

みなさまにお願いしたいのは、不安定な世界情勢のなかで、
これからの時代は「どんな政治家を選ぶか」がより大切になってくると思います。
くれぐれも「政党」だけで判断するような安易さは危険です。
ぜひとも、政治家個人をみて、その主張をしっかり聞いて、その仕事ぶりをしっかり確認して
ご判断をお願いしたいと思っています。




この記事をはてなブックマークに追加

2月議会質問に立ちます!

2015年02月19日 | Weblog
4年間の任期締めくくりとなる2月議会が開会しており
寸暇を惜しんで業務に励んでおります。

あす、20日は私が本会議で一般質問に立ちます。
私としては、今回は4年間の締めくくりにふさわしく
内容的にとくに充実感が高いものに仕上がったと思っておりますが、
ご評価はみなさまにいただくものですので、議会傍聴やインターネット視聴で
ご評価をしていただるとうれしいです!

質問項目は以下の通りです。
1.お茶、和食、日本庭園を活かしたふじのくにPRについて
2.県立森林公園の整備について
3.改正公共工事品質確保の促進に関する法律への対応いついて
4.今後の公共建築物のありかたについて
5.産業戦略推進センターの役割について
6.部活動への外部指導者の活用について
7.教育委員会改革について
 ①4月からの新教育委員会制度について
 ②高等学校教育のありかたについて

質問終了後、質疑の内容についても
随時ご報告はいたしたいと思っていますので、お楽しみに!

この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインディ

2015年02月14日 | Weblog
今日はバレンタインディでした。
娘からの、おいしいおいしい手づくりチョコが届き、大満足です!
「親バカ」丸出しですねえ(苦笑)

さて、静岡県は「花の都」構想を展開中ですが
その一環として「フラワーバレンタイン」を展開中です。
その名のとおり、”バレンタインディに花を贈ろう”キャンペーンです。

静岡県、とくに浜松、浜名湖周辺は全国的な花卉の産地です!
いろんな種類の花が栽培されていますので、よりどりみどり、
きっとみなさまのお好みの静岡県産の花をみつけていただけると思いますよ!

浜松駅には数十種類のガーベラを展示中です。
『え、これ全部ガーベラ!?』と、きっとびっくりされると思いますが
まちがいなく全部ガーベラです!
ぜひ、足を止めていただいていちどご覧になってくださいね!

・・・そうそう。
バレンタインディにまにあわなかった方は
来月には「ホワイトディ」がありますので、
ぜひリクエストしていただいて「フラワーホワイトディ」にしてくださいね!
・・ただし、『静岡県産のお花でね♡』というリクエストもお忘れなく(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

厳冬

2015年02月10日 | Weblog
日本各地が”一番寒い季節”を迎えています。
ホントに寒いですね!
新幹線も連日雪の影響で遅れがでています。
豪雪地帯では、吹雪で道路上に取り残されたり、
身動きがとれない、雪下ろしがおいつかないなどのニュースがながれています。
このように全国が雪でも、雪が降らない静岡県ですので、
恵まれた立場に感謝をしなければなりません。
温暖で知られる静岡県ですから、多少風が冷たくてもここはガマンです!

この厳冬の季節を乗り越えると、春がやってきます。
インフルエンザの流行も下火になってきたようですが、
みなさん健康に留意してこの寒さをのりこえてゆきましょう!

この記事をはてなブックマークに追加

新年会打ち止め

2015年02月07日 | Weblog
例年、雄踏町で行われている某社の新年会に出席させていただきました。
西区のみなさまと中心としたこの会に出席させていただけることは
天竜区境の浜北区北部で育ってきた「山の民」(?)の私にとっては本当にうれしいことで、
「海の民」のみなさまのお話をいろいろとおうかがいできるこの機会は本当に貴重であり、
また新鮮な発見や驚きをいくつもいただいています。
ほんとうにありがとうございました。

さて、これで年始から続いてきた「新年会」「新年行事」もほぼ打ち止めです。
2015年という年が本格的に定着し、一年間の恒例行事や季節行事が動いてゆきます。
私にとっては、来週からいよいよ年度最後の2月議会がはじまるとともに、
選挙の足音が着実に近づいてきています。

気合をいれてこの2月に臨んでゆきたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

選挙準備臨戦

2015年02月06日 | Weblog
統一地方選挙まで、2か月をきってきました。
来週から2月議会も始まりますが、選挙の準備も同時並行で急ピッチです。

私の選挙区である浜北区は”無投票では?”などという憶測が流れていますが
無投票は告示日の17時にはじめてわかるものであり、
当初より「当然選挙!」と思って用意をしてきましたし、
今後も臨戦態勢を強めてゆきます。
現職にとっては、「4年間の業績評価」としての選挙です。
どれだけの方に、ご評価をいただけるのか”まな板の上のコイ”の心境ですが、
最後の最後まで、県議会議員としていただいたご負託を果たすために仕事はしっかりやり、
また、しっかり準備して”まな板”にのせていただこうと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

官民協力型防犯カメラ設置モデル成就!

2015年02月05日 | Weblog
本日、大平(おいだいら)地区に防犯カメラが設置されました。

大平地区は、昨年放火による火災が相次ぎ、住民のみなさまの不安がつのっていました。
そこで、防犯カメラの設置を警察と検討したのですが、都市部への防犯カメラ設置要望も多く、
また予算にも限りがあるため、苦慮しておりましたところ、
ダイドードリンコ株式会社の「自販機設置を設置するかわりに防犯カメラを寄付する」という
社会貢献活動としてのご協力を得ることができ、防犯カメラの設置に光明が差しました。

しかしながら、「自販機の売り上げ本数」はやはり一定以上必要で、
郡部での設置ではとうてい望めない数字だったので、知恵をしぼり一計を講じて、
「自販機は地域企業さんのご協力をお願いして企業内に設置し、カメラは別のところに設置する」
という応用型でのご協力をお願いしたところ、ダイドーさんのご快諾がいただけました。

そこで、市内企業さんに何社かご相談したところ、サクラ工業株式会社さんがいち早く
ご協力をご了解いただき、工場内に自販機を設置させていただき、
そして今日の防犯カメラの設置に至ったわけであります。

サクラ工業さん、ダイドードリンコさんには心からの御礼を申し上げます。
また、この事業にかかわってくださったみなさまに重ねて心から御礼申し上げます。

最近は、郡部狙った空き巣や賽銭泥棒、不審者の出没が多くなってきていますので、
都市部だけでなく、郡部の安心安全づくりのために、地域企業が地域貢献としての
防犯対策に一役買っていただけるのは、本当にありがたいことで、
今後この方式が「浜北方式」として、防犯カメラだけでなく、地域の安全安心づくりのために
官民が一体となったモデルとして、広がってくれることを願ってやみません。

みんながうれしい、みんながよろこぶこと。
そんな地域づくり、そんな政治をこれからもひとつでも多くつくってゆけるよう
今後ともがんばってゆきたいと思います!



この記事をはてなブックマークに追加

憲法9条について

2015年02月04日 | Weblog
まずは、あらためてイスラム国により残虐非道な殺害をされた後藤さん、湯川さんのご冥福を
こころよりお祈り申し上げるとともに、イスラム国に対して強い非難と憤りを表したいと思います。

そのうえで、冷静にこの「憲法9条の改正」について考えたいと思います。
昨日の衆議院予算委員会で、安倍総理は重ねて憲法9条の改正に意欲を示しましたが、
今回のイスラム国による邦人拉致殺害事件に直結させることは安易すぎないか疑問を覚えます。

たしかに、今回も邦人救出に際して日本は現地に実行部隊を送り込めなかったのは事実です。
たしかになにもできなかった。
でも、9条さえ改正すれば、邦人救出が即できるようになるというのもまちがいです。

また、私は『なにがなんでも憲法は変えるべきではない』というような護憲論者ではありません。
でも、今の国会の議論をみていると、日本の将来のためにとても大切なことなのに
近現代での事象をひきあいにして、少し強引な論理構成をしているように感じているのは、
きっと私だけではないはずです。

この議論は、かなりち密な議論を積み重ねてゆくべきことなので、
国民は無関心でいてはいけないし、政治に関わる者はより強い関心を持つべきです。
本当の意味での「論憲」をしてゆかねばなりませんし、ち密に設計されたうえであれば
憲法改正も当然ありうべきことではあります。
ただし、それには国民のみなさまも大いに巻き込んだ十分な議論が必要なことを重ねて申し上げます。

今後国会の議論をよーく注視してゆかないといけませんね。


この記事をはてなブックマークに追加