千葉ロッテ2014ドラフト

2014年10月23日 | Weblog
プロ野球2014ドラフト会議が終わりました。

贔屓の千葉ロッテは、興味深いドラフトを展開しましたね!
以下個人的感想を書かせていただきます。

1位はたぶんおおかたの予想を裏切る、早稲田大学の中村内野手の単独指名!
えっ!っと思いましたよ。
若手内野陣は高濱、大嶺など育ってきているところなので、意外です。
でも、大学生の大型内野手は伊東監督のコメントどおりに
『これで10年は安泰』という事例も確かに多いだけに、最近”審美眼が鋭い”と
評価の高いロッテのスカウト陣を信じようと思います。

2位は京都大学の田中投手!
獲ってほしいなあ、と思っていただけにうれしい限りです!
「京都大学」という話題性だけでなく、のびしろを大いに感じるだけに楽しみです!

3位以下も、ロッテにしては高校生を3人も獲るという久しぶりのドラフトでした。
星稜高校の岩下投手、大阪桐蔭の香月内野手、高崎健康大学付属の脇本外野手と
甲子園を沸かせた輝く原石の交渉権を得てワクワクしてしまいますねー
欲を言えば、横浜高校の高濱弟をとれれば、大嶺兄弟に続く二組目の兄弟選手誕生で
個人的には大満足だったのですが、ロッテの直前指名順の日本ハムにもってかれましたね。
もし高濱残ってれば、8位までいったかも、と思うとちょっと残念です。

4位と6位の創価大の寺嶋捕手と広島国際学院大の宮崎投手については、
ロッテのスカウト力が問われる人選ですね。特に宮崎投手は171㎝で左。
かつての河本投手を彷彿とさせる人選です。なんか、一年目から活躍しような気がします。
そして、4位の寺嶋捕手は、浜松の興誠高校(現浜松学院高校)出身です!
若手の正捕手争いに割ってはいってくれるとおもしろいですねー。こちらも楽しみです。

といった具合の、さまざまな観点がある”興味深いドラフト”でした。
みんな無事入団していただいて、ロッテの熱い応援に感動してもらって、
2015年のゴールデンイヤーの原動力になってもらいたいと思っています!

この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとお休みをください。

2014年10月15日 | Weblog
このところブログを更新したくてもできない日々が続いています。
今後猛烈な出張ラッシュで、その後は即決算委員会と、
ノートパソコンがダウンしてから新しくする暇もなく、
PC環境にもいられない日々が続きますので、しばらく更新が滞ること確実。

更新がしばらくお休みになりそうなこと、さきにお詫びしておきます。
すみません!
ほんとうにほんとうに、時間がほしい!
今日この頃です。足早に走りすぎてゆく秋の日々です。

この記事をはてなブックマークに追加

本会議開会せず

2014年10月07日 | Weblog
昨日は台風のため、本来予定されていた本会議が延会となり、
予備日であった本日、本会議が開会されました。
なんと、これは県政史上初だそうで、
開会時間が遅くなったことはあったにせよ延期は初とのこと。
確かに、昨日は私などは天浜線は止まっていたので、
登庁不可能に近く、東海道本線の東からのアクセスもできなかったので
やむ得ない処置だったと思います。
貴重な、”振替本会議”しっかりと取り組ませていただきました!
本会議質問は最終日でしたが、各質問者とも内容的にも充実した
”史上初”にふさわしい良い議論であったと思います。

ただし、昨日の本会議延会決定までの経緯は、決してほめられたものでなく
一度は14時開会が通達されたものの、私のような遠方の議員は2時間以上前に出なければいけないのですが、
当時はまだ電車各線は不通で、新東名高速道路も通行止め。
「どうやって県庁にいけというのか」という状態の中で、
決定が13時すぎだったので、多くの議員があちこちで引き返したり、
私のような遠距離の議員はどちらにせよ開会されていたら遅刻は確実だったという状況でしたので、
決定までの不手際はお粗末であったと断罪せざるえません。
やはり、一番遠い議員や登庁時間のかかる議員を基準に考えないとダメですし、
迅速かつ弱者目線での判断が必要だったと感じます。

まさに、政治や行政の姿勢とはそうあるべきだと思うので、
いつも県庁の中で判断することに慣れているかたがたには、
今回の判断の遅れや迷走ぶりをよい反省材料にしていただければ
台風の教訓のひとつにはなるのではと願っています。

という、台風の残したもうひとつの教訓でした。

この記事をはてなブックマークに追加

台風18号襲来

2014年10月06日 | Weblog
台風18号が浜松上陸、またしても直撃です。

今回の台風は、風はさほどではなかったのですが、前日から降り続いた雨も含めての
「雨台風」であり、ゆえに降水量は膨大で、静岡県内では床上、床下浸水も含めて多くの冠水被害、
そして東海道本線の線路脇山腹崩壊はじめ各地で山崩れ被害が相次いでいます。

私の地元である、浜松市浜北区も数か所の山崩れと、
各級河川付近では冠水が相次ぎ、床下浸水や工場冠水などの被害が続出しました。
これだけの浸水、冠水があったのはあの「七夕豪雨」以来だという声を多く聞きました。
私も、まだ風雨が強いなかで防災服をびしょびしょにしながら各地を見て回りましたが
県管理河川の本線でも、あと50センチでオーバーフローというような場所も多く、
肝を冷やしました。

このところの異常気象で、想定降水量や河川の想定流量を軽く超える数値が続出しており、
”うーん・・・”と唸ってしまうばかりですが、
とにかくできることはやろう!と思ってます。
ただ、一方では、「自然の力」はやはり人智の及ぶところではないのも事実であり、
ここはとにかく自然の力を直視し、それぞれが自分自身の身は自分自身で守るんだ、
という心構えも必要だと、つくづく感じています。

来週には、次の台風19号が同じようなコースでまた日本へやってきそうな気配です。
「備えあれば憂いなし」という言葉どおり、18号の教訓を今後に活かせるよう
皆で意識を高めてゆきましょう!

この記事をはてなブックマークに追加

リニア中央新幹線について

2014年10月02日 | Weblog
JR東海は、リニア中央新幹線の工事で、
難工事が予想される静岡県部分を先行して着手してゆきたい
との報道がなされています。

今日も、それについて本会議代表質問で質疑がされました。
川勝知事の答弁は以下の通り。
『工事は、国交大臣の認可を受けてスタートとなるので、
また地質調査やその他問題点の多い静岡県部分は
JR東海が考えてほど簡単には開始できないと思っている。
ただ国としては、2020年のオリンピックには間に合わせて
世界に日本のリニア技術をアピールしたいのが本音であろうから、
そうであれば、地質構造がわかっている東京~甲府間の工事を先行すべきである。
まずは、当初の2027年一括完成を見直す必要があると思う。
静岡県内工事個所については問題が山積している。
作業用道路の問題や発生土置き場の問題などなど。
地元の意向もしっかり反映すべきだ。
各方面に悪影響があるようならば、体を張ってでも抗議する』

リニアについては、私もいくつもの疑問をもっています。
特に県内の通過するところは、南アルプス直下であり、
地上は、まさに本州最後の秘境たる南アルプス南部です。
アクセスがしにくいことが幸いして、最高の自然が残るすばらしいところです。
そこが建設残土で加工されてしまったり、建設工事による自然破壊に
つながってしまっては最悪です。

よーく注視してゆきたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

千葉ロッテ2014終戦

2014年10月01日 | Weblog
千葉ロッテマリーンズの2014年の戦いが終わりました。
本日が今シーズン最終戦。
西武ライオンズとの最終戦は、7-0で石川投手が新人王をぐっと手繰り寄せる完封勝ち。
清田とデスパイネにホームランが飛び出し、
今シーズン後半ようやく一軍定着をしつつあり個人的に贔屓にしている高濱卓也も
ダメ押しの犠牲フライを放つなど、ロッテファンにとっては満足感たっぷりの
最終戦となりました。まあ、「終わりよければすべてよし」としなければなりませんね。

今シーズンは優勝候補とされながらも、開幕5連敗と、スタートダッシュに失敗したのが尾を引き
成瀬、唐川、涌井の3本柱も機能せず、”キューバの至宝”デスパイネがくるまで外国人も
ぱっとせず、若手も伸び悩み、ケガ人もでて・・・と、最後まで、低迷したままのシーズンでした。

でも、来年は千葉ロッテにとっては「5年に一度の日本一」の廻りの「ゴールデンイヤー」です。
来年こそは、日本一を争うシーズンになることを夢みながら、長~いオフシーズンにはいります。
来年は、今年引退した里崎に続いて、福浦、井口、サブローというベテランに引退の文字が
ちらつきます。最高の一年にしてもらって、華々しく最後の一花を咲かせて、
世代交代も同時に進むというような、”ああ、2015年から黄金時代が始まったよなー”
とロッテファンが将来回顧できるような、本当の意味での「ゴールデンイヤー」に、
ぜひしてもらいたいものです。

あとは、ドラフトがどうなるか。
このところ「ドラフト上手」と評価の高いロッテのドラフトですので楽しみにしておきますが、
とりあえず、ひとまず「千葉ロッテマリーンズ2014」は終戦としておきます。

ありがとうございました!


この記事をはてなブックマークに追加