全国学力テスト結果をうけて

2014年08月26日 | Weblog
全国学力テストの結果が公表されました。
静岡県は、小学校6年生も中学校3年生ともに全教科で成績が大幅に上昇しました。
順位だけでいうと、総合では小学校6年生が15位、中学3年生は5位と大躍進です。
教科ごとでも、昨年最下位となってしまった小学校6年の国語Aも
全国平均をわずかに下回ったものの順位も27位と上昇がしました。

しかしながら、この学力テストをめぐって
教育のありかたについてさまざまなかたちで大論争になったことは、
みなさまも記憶に新しいところだと思います。
今年の結果は、一年間の関係者各位の努力の賜物であることはまちがいありません。
こころからの敬意を表したいと思います。
改善傾向が如実にあらわれたことで、表向きの順位的なことはひと段落なのかもしれません。
でも、ここからが問題です。

「教育」はテストの点数だけではありません。
教育現場の現実や家庭環境、社会環境についても直視しなければなりません。

また「学力」もただ単にテストの点数だけではありません。
学力の本質についてをよく考えなければなりません。
「学力」の現場は、複雑です。
教育現場には、問題がある教師の存在があるのも残念ながら事実でしょうし、
こどものことを学校に丸投げするような保護者の側にも大いに問題があります。
また、深い考察もなく単なる点数評価をしがちなマスコミの姿勢にも疑問を覚えます。

まず、学校の先生についてもっと現状を知る必要はまちがいなくあります。
”世界一多忙”と言われる原因はどこにあるのか。
教師の育成体制や、あるべき教師の姿についての尺度は正しいか、
学校の管理体制、運営体制は現場本位なのか。
採用について、よりよい採用がなされているか。
・・・などなど、検証すべきことが山積しています。

また、まちがいなく難しくなっている教科書の内容についてはどうなのか。
またその内容は本当に社会にでて役立つものなのか。
”世界標準”という視点でみると、はたして日本の教育内容でいいのか。

そして、”学校だけでは学力をつけきれていない現実”という大きな問題もあります。
いまや「塾」がないと、学力がつかないと公言してしまう教育関係者も多く、
学校現場でも『部活と両立するためには、塾に行け』とこどもたちに言う教師すらいるという事実。
”うーん”と、考え込んでしまいます。

これらは、教育環境を取り巻く問題の一部分でしかありません。
そのほかさまざまな問題について、
教育界、保護者、地域社会、そして国を始めとする政治、さらにはマスコミなどが、
それぞれが自己主張をするだけではなく、それぞれの現状と主張を直視して、
きちんと多角的に議論をしてゆかねばなりません。

そんな議論をスタートするきっかけとしなければならないのが、
今回の学力テスト論議だと思っています。
静岡県においては、ここからの議論の深化をしてゆこうと思っていますので
ぜひ注目していただきたいとともに、いっしょに議論に参加いただくことを
お願いしてやみません!




この記事をはてなブックマークに追加

サミット誘致

2014年08月22日 | Weblog
2016年主要国首脳会議(サミット)の誘致に
静岡県、浜松市、静岡市が共同して乗り出すことが決まりました。
今年の新年の対談で田辺静岡市長が発案し、知事と鈴木康友浜松市長が同調したものの
一度は「断念」を外務省に伝えていたものの、川勝知事の強力な巻き返しで
再度誘致に名乗りをあげることになりました。

世界遺産富士山を抱える静岡県は、サミットを行うのにふさわしい場所でもありますし
なによりも首脳会議に必要な会議場、宿泊施設のキャパシティも十分です。
また、首脳会議会場とする浜名湖は、静岡県には富士山だけではないということを
世界に知ってもらう大きなチャンスです!
知事の価値基準が、あいかわらず地球スケールでものを考える感覚であることを
県民の一員としても、誇りを感じますね。
もちろん県議会議員としては、大いなるやりがいも感じます!

ただ、誘致活動をするにあたっては「ストーリー」が必要だと思っています。
”なぜ浜名湖なのか””浜名湖がサミットにどんなメッセージをだせるのか”
というような「ストーリー」です。
たとえば、浜名湖は汽水湖ですので、多くの魚介類の生命のゆりかごになっています。
浜名湖には、浅瀬が多くあり、そこには藻場があります。
藻場にはさまざまな卵が産みつけられ、さまざまな種類のちいさな魚介類が育っています。
「世界の未来を考える」ことがサミットの目的でもありますので、
「環境」や「命をテーマにした情操教育」などの「ストーリー」は
すぐ描けますし、場合によっては各国首脳に藻場に船から降り立ってもらって
偉大なる自然の姿、尊い生命の姿、などを感じていただくのも一興かと思います。

浜名湖観光協会の稲葉副会長がイメージする
藻場に立って”浜名湖の真ん中から愛をさけぶ”ことが、
世界を救うために、発信できるかもしれないですね!
そう考えると、夢の膨らむサミット誘致です。

浜名湖と浜松にとっては大きなチャンスをつかめるかもしれない
この機会を存分に活かすべく、地元出身県議としては全力で誘致活動に
力をいれてゆきたいと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

甲子園のドラマは続く。

2014年08月19日 | Weblog
この甲子園大会に過去最多の4校の系列校が出場していた東海大勢最後の砦
東海大四高が延長戦の末、敗退してしまいました。

エース西嶋君は、優勝候補を破った一回戦でみせたスローカーブが
賛否両論を巻き起こし話題になりました。
しかし、彼のあのスローカーブは簡単なボールではなく、
あの大きな放物線を描いたうえで、ストライクもとれるなんて、
あれ、スゴイ球なんです。
ただのスローボールではなく、カーブ回転をかけることによって
放物線を高く大きくして、より幻惑をし、打者のスピード感覚を狂わせます。
そして、ビシッと決まるベースの縁ぎりぎりのストレート。
切れのよい変化球。
これだけの投球をできるようになるまでの彼の努力は
きっと並大抵のものではなかったでしょう。
168㎝の小さな大投手、今大会屈指の好投手であったと思います。

もう少し、彼の投球を見たかった。
そして、「TOKAI」のストライプのユニフォームの躍動も。

この記事をはてなブックマークに追加

危険ドラッグ規制条例

2014年08月18日 | Weblog
本日議会会派総会にて、
「危険ドラッグ規制対策プロジェクトチーム」を設置することを決定しました。

このところ全国で相次ぐ危険ドラッグの乱用による事件・事故。
この乱用防止や規制に効果をあげているのが、
和歌山県が昨年4月に施行した「薬物濫用防止条例」です。
薬事法の指定薬物以外にも独自に成分を指定して規制できる
「知事指定薬物制度」を導入したほか、全国初となる「知事監視製品制度」を設け、
「お香」「ハーブ」「アロマ」などとして販売されている危険ドラッグに対して、
購入者に『吸引、摂取目的ではない』と誓約書を書かせるなどして監視を強め、
効果をあげています。
このおかげで、和歌山県に2店舗あった専門店は今年4月に撤退するなど
いまや全国注視の和歌山県になっています。

この和歌山県の条例の研究や、今までも会派としても
鈴木智議員を中心に議会でも精力的に取り組んできた
危険ドラック乱用防止対策のための議論を活かすために、
県としての条例化の検討などのためにスピード感をもって
取り組んでゆきたいと思っています。

乞うご期待です!

この記事をはてなブックマークに追加

急募!

2014年08月15日 | Weblog
8月21日と24日のツアーにまだ空きがあります!
モンゴルにいっていて呼び込み不足もあって、まだ空きがありました(汗)
『行きたいんだけど、この日はダメなので他の日程はないのか?』というお問い合わせは多いものの、
申し訳ありませんが、残念ながらこの日程のみです。
この日程で、ご都合のつくかたは、ぜひご参加のお申し込みをお待ちしております!


①8月21日(木)「富士総合火力演習見学ツアー」
  大人5500円 小中学生4500円 バス代、保険料、お弁当代含む
  朝6時頃、浜北各地出発。定員40名。 
 御殿場の東富士演習場で行われる、自衛隊の総合火力演習を見にゆくツアーです。
 「集団的自衛権問題」などで注目される自衛隊。
 その自衛隊が実弾を使ってする演習を年に一度この期間だけ実際見ることができます。
 近代兵器の威力や怖さを知り、戦争の恐ろしさを知るとともに、平和のための抑止力という観点からも考え、
 また、自衛隊の災害時の対応能力なども、実際みていただいて「自衛隊の存在意義」についても考える
 と、いうツアーです。
  帰りには、御殿場アウトレットにも立ち寄ります!
 大人だけのご参加も可能ですので、ぜひお早めにお申し込みを!
 お申し込みは、阿部卓也事務所まで。
  電話 053-582-1400
  メール abetaku@iris.ocn.ne.jp


 
②8月24日(日)「東京ドーム 巨人VS中日 観戦ツアー」
  大人・こどもとも13000円  バス代、保険料、観戦チケット(内野席)、食事券(1000円)付き
  朝7時頃 浜北各地出発。定員40名。
 本物のプロ野球を観てもらおうというツアーです。
 セ・リーグの首位を走る巨人と、輝くドラフト1位、地元の星鈴木翔太投手がいる中日の一戦です。
 こちらもお早目のお申し込みを!
 大人だけのご参加も可能ですよ。
お申し込みは、阿部卓也事務所まで。
  電話 053-582-1400
  メール abetaku@iris.ocn.ne.jp

この記事をはてなブックマークに追加

熱闘甲子園

2014年08月14日 | Weblog
甲子園大会が始まっています。
台風で1日順延しての大会の開幕でしたが、
連日好ゲームが続いていますねー
今年は、テレビドラマ『ルーズヴェルトゲーム』の影響ではないでしょうが(笑)
各地の地方大会から”逆転に次ぐ逆転”のゲームが多く、
見応え、もちろん闘い甲斐のある試合が多くて、
仕事そっちのけで”これ観ていたいなあ”という欲望に駆られますね(笑)
毎夜のテレビ番組『熱闘甲子園』が楽しみです!
また、”甲子園ならではのドラマ”も多く、球児の涙やどこまみれの汗に
感動をもらい、涙腺を刺激されてしまいます。

やはり”これぞ夏の甲子園”ですね!

この記事をはてなブックマークに追加

夏休み

2014年08月13日 | Weblog
今夏は昨日今日の2日間だけ夏休みをいただきました。
長男の部活の関係でこの2日間しか家族での休みがとれず、
今年は”世間並みに(笑)”お盆の真っ最中の夏休みです。

子どもたちの所望で、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)にゆくことと、
”大阪デビュー”ということで、「道頓堀」と「通天閣」散策です。
「あべのハルカス」ではなく「通天閣」!というのがやはり大阪ですよ(笑)

USJでは、話題の「ハリーポッター」ゾーンは激混みであったもののちゃんと見れましたし
混んでいるいるなかでも、子どもたちは楽しかったようなのでなによりでした。
「道頓堀」「通天閣」でも、大阪名物「串カツ」や「粉もん」にも舌鼓を打って
満足の家族旅行になったようでなによりでした!

ただ、覚悟はしていたもののやはり「渋滞」と「お盆価格」には参りしたね(苦笑)

さて、これで夏休みは終わりです!
長男はまた厳しい部活が始まり、私は日常業務に復帰です!
モンゴルで留守にした分も仕事は山積していますので、気合をいれて頑張ります。

この記事をはてなブックマークに追加

モンゴル帰国報告

2014年08月11日 | Weblog
モンゴルより帰国いたしました。

今回は天候に恵まれず、
モンゴル特有の”抜けるような真っ青な空にどこまでも続く大草原”の風景に会えたのは、
日程最終盤だけでしたが、内容的には充実したものとなったと思います。

今回の訪問の目玉は、
工業・農牧畜省と静岡県が結んだ覚書によるビジネス交流会でした。
これは大盛況で、モンゴルテレビ局が大挙して押しかけ注目度の高さが如実にわかりました。
肝心の成果ですが、各社ともそれぞれの感覚でビジネスのヒントや手ごたえを
つかんでおられたようですので、ひとまずほっとしました。

私も、今回は県議会日本・モンゴル友好促進議員連盟を代表するかたちので訪問で、
公式表敬や公式会談が目白押しであったうえに、
なおかつ6回目のモンゴル訪問ということで、イレギュラーな面談申し込みや取材も多く
帰国前日は友好提携を結んでいるドルノゴビ県の県議会議長との公務会食会のあとも、
3件の面談をこなし、終了時間は24時を過ぎるという濃密なモンゴルとなりました。

帰国日は、日本の台風11号の影響で飛行機が7時間遅れるというトラブルがありましたが
こればかりは天候相手ですからいたしかたないとしなければなりませんね。
帰国したその足で伺うことにしていた日本での日程2件はキャンセルせざるをえませんでしたが
とりあえずは、無事帰国できてよかったとします!

ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!
大切なのは、ここからのそれぞれの案件を煮詰めてゆくことです。
私もいくつもの課題と夢を持って帰りましたので、これから関係各方面と
しっかり相談してさらに実りあるモンゴルとの関係強化に努めてゆきたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

今日からモンゴルへ

2014年08月06日 | Weblog
今日から10日まで、モンゴルに行ってきます。
高副知事を団長とした交流団に、日本・モンゴル友好促進議員連盟の代表として
副団長格での訪問となります。
今夏は、5月にモンゴル国工業・農牧畜産業省と静岡県が結んだ覚書にもとづき、
県内若手経営者のみなさまとの訪問となりますが、
今回は政府保証のもとでの初めてのビジネス商談会となるはずですので、
いままでとどう違うのか楽しみです。

私自身は6回目のモンゴル訪問となります。
今回はドルノゴビ県への訪問はありませんが、
首都ウランバートルの郊外にでればみられる大草原と満天の星空に
また遭えるのは楽しみです。
少なくとも1分にひとつは流れる流れ星に、
”日本の理想郷ふじのくに”づくりが成就するように
お願いしてきますね!

では、さらなる静岡県とモンゴル国の交流の進展のためにいってきます!

この記事をはてなブックマークに追加

ただ今募集中!ただし早い者勝ちデス。

2014年08月04日 | Weblog
ただいま、「夏休み親子企画」として3つのツアーの参加募集をしています。
興味のあるかたはぜひお早めにお申し込みください!


①8月19日(火)、8月20日(水) 「夏休み親子県庁見学ツアー」
  ※ 県広報課主催。
  参加費 無料。 小学4年生以上のこどもと保護者でのご参加をお願いします。
  現地(県庁)集合です。一部車種を除き無料駐車場あり。定員は各回60名。
 石造りの重厚な県庁本館や、富士山を展望できる県庁東館、危機管理センターなどの見学を通して
 ”日本の理想郷・ふじのくに”づくりをめざしている静岡県の今を知っていただきたいツアーです。
 お申し込みは、県広報課054-221-2244 ないしは阿部卓也事務所053-582-1400まで。
 

 
②8月21日(木)「富士総合火力演習見学ツアー」
  大人5500円 小中学生4500円 バス代、保険料、お弁当代含む
  朝6時頃、浜北各地出発。定員40名。 
 御殿場の東富士演習場で行われる、自衛隊の総合火力演習を見にゆくツアーです。
 「集団的自衛権問題」などで注目される自衛隊。
 その自衛隊が実弾を使ってする演習を年に一度この期間だけ実際見ることができます。
 近代兵器の威力や怖さを知り、戦争の恐ろしさを知るとともに、平和のための抑止力という観点からも考え、
 また、自衛隊の災害時の対応能力なども、実際みていただいて「自衛隊の存在意義」についても考える
 と、いうツアーです。
  帰りには、御殿場アウトレットにも立ち寄ります!
 大人だけのご参加も可能ですので、ぜひお早めにお申し込みを!
 お申し込みは、阿部卓也事務所まで。
  電話 053-582-1400
  メール abetaku@iris.ocn.ne.jp


 
③8月24日(日)「東京ドーム 巨人VS中日 観戦ツアー」
  大人・こどもとも13000円  バス代、保険料、観戦チケット(内野席)、食事券(1000円)付き
  朝7時頃 浜北各地出発。定員40名。
 本物のプロ野球を観てもらおうというツアーです。
 セ・リーグの首位を走る巨人と、輝くドラフト1位、地元の星鈴木翔太投手がいる中日の一戦です。
 こちらもお早目のお申し込みを!
 大人だけのご参加も可能ですよ。
お申し込みは、阿部卓也事務所まで。
  電話 053-582-1400
  メール abetaku@iris.ocn.ne.jp

この記事をはてなブックマークに追加