集団的自衛権世論調査

2014年06月23日 | Weblog
集団的自衛権に関する各社の世論調査の結果が公表が相次いでいますが、
基本的には集団的自衛権の行使については「反対過半数」。
憲法解釈変更による行使容認についても「反対過半数」。

なるほどね。
これで、自公政権が急旋回して今国会での採決を取りやめた
説得力のあるわけがわかりました。
各種の世論調査には、公表する前の粗い数字の段階のとりまとめがありますが
これと同様の世論調査を政権与党として内々にやったんでしょうね。
そして驚愕した。
”これは強行採決や、数の力にものをいわせては危険だゾ”と。

そんなウラ事情はさておき、
この集団的自衛権問題は、これで終わりにしてはいけません。
安倍政権が指摘しているように、確かに国家存亡にかかわる大問題であることには
間違いはありませんし、国際社会の一員としての日本国として避けて通れる問題でもありません。
近い将来、何らかの結論は必要です。

今、国会に求めたいことは、
この議論をキチンと国民的大議論にしていただきたい。
短絡的に「政権与党だから」とか「選挙で決着をつけよう」ではなく、
与野党の垣根を越えた、真摯な議論と、マスコミにも協力をしていただいて
わかりやすい国民への解説と、議論への参加を呼び掛けることが必要です。

与野党ともに、くれぐれも”政局の具”にすべき問題ではないということ、
力で押し切るような問題でもないこと、を理解していただきたいと思います。
ほんとうに、日本国の未来のかかったとても大切なことなので。

それを強く訴えたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

梅雨本番へ

2014年06月17日 | Weblog
このところ梅雨入り宣言が早かったのではないか?
と、思うくらいのきれいな青空の気持ちの良い日々が続きました。
この季節の晴の日は本当に気持ちがいいですね。

でも、あすの予報は雨。
その後も曇りや雨の日々が続きそうですので、
いよいよ梅雨本番となりそうですね。
個人的には、青空とお別れするのは残念ですが、雨も必要ですからね。
昨日、天浜線の車窓から、
カラカラの畑で農作物の状態を確認しながら空を見上げていた
農家のかたの姿が目に焼き付いています。
”四季の国日本”にとって必要な梅雨の季節です。

明日からの雨も気持ちよく受け入れていきたいと思っています!

この記事をはてなブックマークに追加

浜名湖花博2014閉幕

2014年06月15日 | Weblog
87日間に及んだ浜名湖花博2014が本日をもって閉幕しました。
当初の予想50万人を上方修正して80万人の人出の予想がされていましたが、
その上方修正をさらに大きく上回る、130万人のみなさまに
おいでいただいての堂々の閉幕です。

今回は、浜名湖ガーデンパークだけでなく浜松フラワーパークとの
2会場での開催となりましたが、それぞれに特性を発揮し、
フラワーパークで60万人、ガーデンパークで70万人とのこと。

ほんとうに”花の都・ふじのくに”の面目躍如でしたね。
これを契機に、今後も”花の都・ふじのくに””花の都・浜松”を
どんどん売り出してゆきたいと思っています。

最後になりましたが、この浜名湖花博2014をお支えいただいた
スタッフやボランティアのみなさまに、こころからの御礼と感謝を申し上げ
県議会議員のひとりとして、閉幕にあたっての御礼とさせていただきたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

武襯衣(むしゃ)

2014年06月14日 | Weblog
「武襯衣(むしゃ)」
これなんだかわかります?
静岡県が遠州織物産業界(県西部の織物産業)と共同で3年前に開発し、
毎年夏の地産地消のクールビズとして売り出し中のシャツです。
名前の由来は、「武士のはだぎの衣」という意の漢字が並ぶとおり。

モノは確かにとても良いものです!
着心地が良く、涼しいのですが、玉に瑕なのは”高い!”ということです・・・。
今年も、県議会議員や県職員には新作ご購入キャンペーンが張られて
県庁での展示即売会があり、私も2枚購入させていただきました。
・・・2枚で2万円・・・(汗)
うーん・・・。
普段1980円のワイシャツの私からしたら目の玉の飛び出るような価格です。
一般向けに普及させるには、もっと安くならないかなあと、こころから思うのですが。
私も責任感で泣く泣く購入です。大切に着たいと思っています。

でも、モノは本当に良いです!
ぜひおサイフに余裕のあるかたはご購入しただきますよう、お願い申し上げます。
県内百貨店で販売中です!


この記事をはてなブックマークに追加

市町への権限移譲調査

2014年06月13日 | Weblog
ふじのくに県議団(県議会第2会派20名。民主党系)今年度第4回総会。
ここで、「市町への権限移譲調査」を実施することを決定しました。

市町への権限移譲については、静岡県は昨年まで「9年連続日本一の権限移譲」を
実施してきているものの、市町からは”権限移譲に伴う財源移譲がない”とか、
”権限移譲により、逆に負担が増えている”といった不満も聞こえてきます。
そこで、実態調査を政策集団としてのふじのくに県議団として実施しようということで、
外部機関にも調査分析委託もお願いしながら、市町への具体的なヒアリングを行い、
市町ごとに違いが浮き彫りになるであろう移譲された権限の取扱いの実態調査や、
根本的に国の権限移譲がなければ、地域主権が実現できないという現状を
ハッキリと示していこうという取り組みです。

「地域主権」と口にすることは簡単ですが、
その実態はなかなか簡単ではなく、「この国のかたち」を考えてゆくうえで、
地方のリーダーたる都道府県が、現場の実情をしっかり把握し
市町と共働して、実現にむけて動かないとダメだということを示すモデルとする大切な取り組みです。
市町サイドにもここをしっかりと説明して、”地方が国と戦う”というムーブメントを
つくってゆきたいとに思っています。

ぜひ、ご期待ください!

この記事をはてなブックマークに追加

ザリガニ釣り

2014年06月09日 | Weblog
今日は、だいぶ留守にしたあとの最初の月曜日ということもあり、
一日中駆け回っていたかんじの日程でした。
普段から事務所は、スタッフに”まかせっきり”というような状態ですが
おかげさまですばらしいスタッフさんなので、後援会の役員のみなさまにも
”お前はいなくてもいい”と(苦笑)、言われるくらいなのでありがたい限りです。

ということで、事務所には打ち合わせや来客対応くらいしか戻れないことが多いのですが
さずがに今日は、留守中のさまざまな案件もありなんとか打ち合わせに戻んなきゃ、
と夕方事務所にいくと、学校帰りの子どもたちが事務所の裏にガヤガヤと・・・。

いつも下校時に『あべたくいるー?』と声かけていってくれるそうですが、
”今日はなんだろ?”と覗き込むと・・・”ザリガニ獲り”でした!
事務所の裏のドブにザリガニがいて、それをみんなで獲ってました。

わが故郷は自然に囲まれた田園地帯ですので、
周囲にはまだまだ田んぼも多く残っていて、その田んぼにつながる水路も多く、
ザリガニやメダカ、亀、あめんぼ、などなどの姿を見かけます。
私もこどものころ、さきいかをエサにして、ザリガニ釣りやったなあ、
と思い出しつつ、子どのたちの嬉々とした笑顔に、
こちらまでうれしくなった”日本の田舎の原風景”でした。

守りたいですね。
自然も田んぼも森も川も。
そして、こどもたちの笑顔も。

この記事をはてなブックマークに追加

ルーズヴェルト・ゲーム

2014年06月08日 | Weblog
「ルーズヴェルト・ゲーム」をご存知ですか?
かつて野球好きで知られたアメリカ大統領セオドア・ルーズヴェルトが
『野球でいちばんおもしろいのは8-7のスコアのゲームだ。
逆転につぐ逆転のスリリングなゲーム展開が楽しめる』と言ったのが始まりで、
野球で一番おもしろいのは8-7だ、というのが定説となっています。

その「ルーズヴェルト・ゲーム」を題名にしたドラマが日曜日に放送されています。
中堅のエレクトロニクスメーカーが、大手のライバル企業にさまざまな手で攻勢をかけられ
リストラや合併話をめぐる軋轢や株主からの圧力、社内役員間の人間模様などを織り交ぜ、
そこに社会人野球チームの存亡をかけた闘いをからめて、手に汗握る非常に面白いドラマです。

大ヒットした「半沢直樹」の作者池井戸潤氏の原作でキャストもはまり役が多く、
今月はクライマックスにかかるところですので、一度ご覧になられることをおすすめします!
わたしは日曜夜は会合も多いので、ビデオに撮って夜中に見てますが(笑)

半沢直樹の『倍返しだ!』のフレーズが、
ルーズヴェルト・ゲームでは『逆転だ!』というフレーズであることが、
私は特にお気に入りですし、”あきらめないこと””発想の転換””会社愛””心”が
この物語の根底には流れていてとても好感がもてます。
舞台が”たたき上げの創業者が一代で築いてきたものづくりの中堅企業”というのも
大好きですし、食堂のおばちゃんや古びた廊下など人間臭のするこの会社の姿は
浜松の企業群を彷彿とさせてくれ、親近感をもってドラマを見せていただいています。

実は、アメリカ出張の飛行機で原作の単行本も一気に読破してしまいましたが、
仕事関係の書類や書籍を読みあさっていた機内でも、爽快な気持ちにさせてくれる一冊でした。

人生行き詰まりを感じることも、多くの障害が次々に現れることもあります。
でも、”逆転を信じて最後まであきらめない”そんな人生をすごしたらきっと、
最後には「ああ、楽しくも痛快な人生だったなあ」とにっこり笑えるのではないでしょうか。
一度きりの人生、「ルーズヴェルトゲーム」にしたいですね!

”逆転だ!”ですよ!(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

業務満載御礼

2014年06月07日 | Weblog
昨夜遅く帰宅した状況ですが、本日は8時スタートで夕方までみっちり仕事させていただきました。
夜は幸いにして予定がはいってなかったので、ようやく荷解きです。

私は、俗に言う”時差ボケ”にはならないタイプで、寝られる時間ができれば寝られるし、
さらには食べ物も現地のものを進んで食べるし、おなかもこわさないタイプで、
今回でいうと2400メートルの高地であるメキシコの空気の薄い環境にも
比較的スムースに慣れた”現地順応型”ですので、
よく言えば”強靭な肉体と精神の持ち主”です(笑)!
まあ、”ずぶとい雑種犬みたいなヤツ”とも言われますが(苦笑)・・・。
とにかく、おかげさまで今日も朝から元気いっぱいで活動できました。
・・・みなさん大丈夫かなあ。

あすは、比較的外部日程は緩いのですが、
留守中に事務所に山積みの書類の整理や、メールのチェックや日程調整、
そして今回の視察報告書の作成などなどはやりきれないくらいですので
またしても忙しい一日になりそうです。

効率よく気合入れて頑張ります!



この記事をはてなブックマークに追加

帰国しました

2014年06月06日 | Weblog
アメリカ・メキシコ出張から本日無事帰国しました。

さまざまなことを考えさせられる視察となりましたが、
行程がいっぱいいっぱいで、私はまだしも、年長の先輩議員のみなさまはことごとく
疲弊してしまうようななかで、みなそろって帰国できたのはなによりでした。
とにかく、移動が多かったのと、アメリカの空港のセキュリティの厳しさは想像以上であり
そこで膨大な時間をとられてしまうのが、せっかくの視察行程なのかでは惜しい時間でした。
実際、セキュリティチェックが厳しくて乗継便飛行機乗り遅れましたから(苦笑)
ヒューストンからニューオリンズという、繁茂に便があるところでしたので、
添乗員さんの活躍で即次の便への差し替えができたので事なきを得ましたが、
そのほかにも荷物が他国へいってしまったり、
(これも添乗員さんの対応がよく、奇跡的に一日で戻ってきましたが)
移動のバスが軽微な交通事故にあったり(サイドミラーをもぎとられただけです。過失は相手方にあり。)
視察先の責任者が私用で急遽いなかったり(日本では考えられない!)などなど、
トラブル満載の(苦笑)視察行程となりました。
そんな状況でも、きちんと濃密な視察を行うことができたのは、
事務局と添乗員さんの徹夜もいとわぬ献身的なご尽力のおかげでありまして、
まずはこころからの御礼を申し上げたいと思います。

それぞれの視察内容については
学びが多かっただけに、おって個々にご報告させていただきたいと思いますが、
まずは帰国報告まで。

この記事をはてなブックマークに追加