千葉ロッテ。リスタート!

2014年04月29日 | Weblog
開幕6連敗でスタートした千葉ロッテマリーンズ。
4月も最終盤になってようやく借金返済し勝率5割に戻し、本日あらためて”開幕ゲーム”。

苦手仙台球場での楽天戦なれど、無事3-0の完封勝ちでリスタート。
貯金を1としました。

今季はソフトバンクとともに前評判が高かったものの開幕ダッシュに失敗し、
1か月かけて戦力の試行錯誤をしながら、ようやく評判通りの戦いができるところまで
戻って来れたというわけです。
どのチームでもいえることですが、それぞれにプラスもマイナスも「誤算」があるもので
ロッテはここまで主力選手の故障や不調などのマイナスの誤算が多かったものの
大きく崩れずに踏みとどまって、ここまで戻したことを褒めておかねばと思っています。

今日涌井で勝ったので、これで投手陣は中継ぎ抑えが充実しているだけに
あとは唐川が調子を取り戻し、藤岡も自信をもって投げることができれば、先発も盤石の6枚がそろいます。
野手陣も、今年は層が厚くなっただけに良い意味での競争が激しい状況が続けば期待できますので、
ここで開幕から好調を維持しているオリックスとソフトバンクに食らいついてゆかねばなりません。

このGWを勝ちつづけ、文字通り”逆襲の黄金週間”にしてほしいものです!
期待しています!

・・・欲を言えば、2軍の野手陣も競争が激化しています。
調子のいい状態の時に、伸び盛りの高濱や大嶺翔、青松を1軍に抜擢してチャレンジをさせてやってほしい!
と思うのは決して私だけではないでしょう。
外野手は加藤、清田、萩野などを1軍で結果でなければ2軍と入れ替えているので、
内野手も細谷結果でてませんし、場合によっては鈴木、根元も調子がでなければ2軍行きを命じてもいいはずです。
そんなチーム内競争による全体の底上げをはかりつつ優勝を目指してほしいと思っています。

がんばれ千葉ロッテマリーンズ!

この記事をはてなブックマークに追加

GWスタート前日

2014年04月25日 | Weblog
あすから世間は「ゴールデンウィーク」ですね。
もしかしたら長いかたはなんと16連休!!
このあたりの大手メーカー基準でゆくと10~11連休とか!
嗚呼、お休みを持て余してみたい・・・(笑)

さて、ということで今日は大忙しでした。
今日を逃すと5月第2週までお会いできない企業・労組関係者のみなさまに
さまざまな案件について駆け足で訪問面談を繰り返し、
夜は会合とお通夜とフル回転。
また、一方ではスタッフさんに5月の連休空けのアポイントメントをとっていただいたり
連休中の会合のセッティングをしていただきながら駆け抜けた一日でした。

いずれも”今日を逃してはいけない”大切なことばかりでしたので
22時過ぎにようやく帰宅してほっと一息です。
・・・んー、でもまだやりきれなかったことはあって、
どう算段するかを思案中のGW前夜となりました。

みなさまは、どうか良いゴールデンウィークを!

・・・私はというと、山積みの書類だけはなんとかかたずけたいと思っています(苦笑)
あと、首のコリと肩こりが激しいので、なんとか少しは休暇とリラックスをして
健康管理だけはしておきたいと、計画は欲張っておきたいとは思いますが、さてどうなることやら・・・

よいゴールデンウィークにしたいですよねえ(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

日米首脳会談

2014年04月24日 | Weblog
注目の日米首脳会談。
共同声明はTPP交渉のこともあり見送られていますが
基本的には予想の範囲内での会談内容ですね。・・・表向きには。
まあ、水面下でもっと踏み込んだやり取りがされていてしかるべきとは思いますが。

尖閣での有事発生の際の日米安保対象の適用対象を明言させたことは、
一部の好戦主義者を勢いづけるようなことにならないよう細心の注意が必要ですが、
アメリカとしては、やはりアジアの安全保障を考えるうえで日米同盟が基軸であることを
あらためて強調したかったことは明白であり、またウクライナ問題についても
日本に対ロシア戦線へ一歩踏み込ませることも強調しています。
一方で「TPPは別物」という印象で、やはりアメリカという国はよく外交がわかっている、
と今日の報道のかぎりでは感じます。

さて、今後水面下でどのようなことが話されたのか、
さまざまな角度から情報収集してゆきたいと思っていますが、
ここからの日本の近未来図を予測するには大切な首脳会談ですので
アンテナを高くしていこうと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

浜名湖花博2014出だし好調!

2014年04月23日 | Weblog
浜名湖花博2014が開幕してまもなく1か月。
出だしは好調の様子でほっとしています。

季節も花々が咲き誇る一番いい季節に入りつつあり
今回は「ガーデンパーク」「フラワーパーク」の2会場での開催ですので楽しみは倍増です。
ぜひみなさまおいでをお待ちしております!

ただひとつ心配なのは、駐車場です。
前回は大駐車場が少し離れたところに設置されバスでのピストン輸送をしていたので
渋滞はなかったのですが、今回は会場周辺駐車場だけですので開幕前から危惧していました。
もちろん対策は用意しているのですが、ゴールデンウィークに入るので、
もういちど関係者とは対策の確認をしておきたいと思います。

ゴールデンウィークは、イベントも盛り沢山の浜名湖花博2014にぜひおいでください!

この記事をはてなブックマークに追加

穀雨

2014年04月20日 | Weblog
今日は二十四節気のひとつ「穀雨」です。
その名の通り、穀物をうるおす雨がたくさん降るころという意ですが、
そのとおり今日は雨模様の一日となりました。
ただし、かなり冷たい雨でしたが。

今週は、前半暖かい日が続き、県内ではもう田植えをしているところもあったくらいでした。
一転して週末は寒さが戻ってきて、昨日今日と寒い日が続いています。
この時期の雨は「菜種梅雨」といわれるように、実は長雨が続いたりします。
6月の梅雨についで降水量があるようで、最高の季節の始まりとなるゴールデンウィーク前の
最後の胸突き八丁といったところでしょうか。
ただ、今年は特に寒暖の差が激しいようで・・・
みなさま、体調の管理には気を付けてくださいね。


この記事をはてなブックマークに追加

教育談議

2014年04月19日 | Weblog
教育委員会制度改革のための法案が国会で審議中です。
また、その法案成立を見越して、新聞やテレビでは教育談議がかしましい限り。

静岡県は、国に先んじて教育委員会制度改革に着手したかっこうになっているので
全国の注目度も高く、地元紙をはじめ新聞各紙、ローカルテレビ各局などがそれぞれに
取材を進め、さまざまな切り口での報道がされています。

ただ注意しなければならないのは、
”誰かが悪い”というような、スケープゴードをつくるやりかたはいただけません。
これはどんな事象においても同じではありますが、特に教育問題については
誰しもなんらかの教育を受けたことがあり、そのときの経験則が自分のなかにあり、
それをもとに皆が”自分の正論”を持っています。
ゆえに、報道で一面だけ切り取って、善者と悪者に分けてしまうことは
必ずしも正しいとは言えないと思います。

また、「教育は一律」というわけにもいきません。
個人の個性や環境でも大きく変わりますし、先生や学校の体質によっても左右されます。

それらをよーく考えながら、自分の考えはあっても他人の考えも聞きながら
多角的に考えなければならないのが「教育問題」なのだと思います。

今後もそれをしっかりと肝において、教育問題に取り組んでゆきたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

湖西市女児死亡事故時効について

2014年04月18日 | Weblog
2005年に湖西市で起きた、ブラジル人女性運転による交通事故で
当時2歳の山岡理子ちゃんが亡くなり、犯人が事故直後ブラジルに帰国逃亡した事件。

2年前にブラジルでおこなわれた裁判で有罪判決が下されていたにもかかわらず、
サンパウロ州高裁の控訴審で時効判決がだされたことには大きな衝撃を受けました。
”ブラジルの法によるものだから致し方ない”というのは簡単なことかもしれませんが、
それでは、今日までのとりくみが、どれだけ重い人間の尊厳がかかったものかということが
理解されないままで終わってしまいます。

ブラジルでの裁判がおこなわれるまでの道のりは本当に大変なものであり、
被害者のご両親の本当に粘り強いご努力があり、最終的に日本政府が動いてブラジル政府に働きかけ、
ようやく裁判にもちこんだという経緯があっただけに、ご両親のショックはいかばかりかと感じています。
また、ご両親のショックというだけではなく、これは日本国政府としても大きな衝撃と
とらえなければなりませんし、日本のブラジル人コミュニティに与える影響も小さくはありません。

わたしたちは、この問題を「すでに過去のこと」「他国での裁判」などとして看過してはなりません。
「国家間の法の違い」という大きな障壁が存在するのは事実ですが、
それにひるむことなく、今後もこの事件を風化させることなく、
この問題には立ち向かってゆかねばなりません。

静岡県は特にブラジル人コミュニティが大きいところでありますし、この事件があった当事者県でもあります。
衝撃を受けて棒立ちになったまま、忘却のかなたに忘れ去ってしまうのではなくて、ここからが大切です。
しっかりとなにをすべきか、どんなことをすべきか、を考えて動いてゆかなければならないと思います。
うすっぺらな”多文化共生”にしないためにも、いまこそ困難に立ち向かわねばなりません。

あらためて山岡理子ちゃんのご冥福を心からお祈りするとともに、
この問題を忘れることなく、しっかりと取り組んでゆこうと考えています。

この記事をはてなブックマークに追加

おまえ太ったゾ

2014年04月17日 | Weblog
『おまえ太ったゾ』

30年ぶりに遭遇した高校の同級生の言葉。
『うん。そのとおり。やはりそう思うかー。やばいな』
と答える私。

うーん。
高校時代は180㎝63キロという細すぎだったこともあるので、
彼からすれば衝撃的だったと思うが、たしかに現在は当時より20キロ近い増量!
大学の体育会時代の鍛えて出来上ったカラダのころと比べたら10キロ近い増量。
昨秋の健康診断で、
『このところ、飲食の量が減っているにもかかわらず太るのはなぜでしょう?病気ですかねー?』
と、医師問診の際に能天気に聞いたところ、一喝!
『・・・あなたねえ。いつまでも若いと思っているでしょう!自分の年齢を理解しなさい。
当然ながら、新陳代謝が落ちているんですから、体重は自然に増えます。
運動を計画的にするとか、カロリー計算するとか、ダイエットを考えるとか、
努力をしないとダメにきまっているでしょ!』
・・・と、お叱りをいただきました。

以来、気にはなっていたのですが
忙しさにかまけ、特に計画的な運動をしていなかったのですが、
この同級生のひとことで決意。

まずは、このところやめてしまっていた早朝ウォーキングは復活させ、
鈴木康友浜松市長おススメのメモリーダイエット法や、大学時代の腹筋腕立てメニューなども
思い出しながら、もういちどカラダを鍛えながら痩せようと思います。

ちょうど秋には高校の同窓会があるので、
彼が良い証人になってくれるでしょうから(笑)

気合が入りました。

この記事をはてなブックマークに追加

追い詰められた民主主義。~プーチンの恐るべき真意~

2014年04月09日 | Weblog
米国ジョージタウン大学のリーダーシッププログラムのフォローアップ講座が東京でありました。
ジョージタウン大学から教授陣が来日してのプログラムですが、今回も非常に勉強になりました。
ジュージタウンで過ごした濃密な知性の戦いの時間が戻ってきたようで至福の時をすごせました。
私はGULP4というチームでの留学組ですが、当時のメンバーがほとんど顔をそろえての
同窓会も兼ねた楽しい講義となりました。

さて、その講義をすべて紹介すると膨大なブログになってしまうので、
サム・ポトリッキオ教授の講義から少し紹介します。
彼は、ジョージタウンの講義で人気NO1を獲得したこともある新進気鋭の学者ですが
ロシア情勢も専門のひとつとされており、ロシアプレデンシャルアカデミーにも在籍されています。

以下、彼の講義のごく一部を紹介します。
『プーチンは今、非常に高度なチェスのゲームに取り組んでいる。
ロシアではプーチンの支持率は下落傾向にあり、経済も数年後には不況がくることが予測される。
また多民族国家である国内情勢も安泰ではなく危険なテロ脅かされている。
そのなかで、彼が選択した駒がクリミアだ。
ジオポリテックスから言えばクリミアのロシア編入は決して得策ではない。
しかしあえてクリミアを選択したのは、それがプーチンの権力保持のためにはとても良い一手だからだ。
この一手の持つ意味は、
①クリミアの併合により国内に力を誇示し、ロシアへの愛国心と忠誠心を高める
②クリミア併合に反対して欧米諸国がロシアに経済制裁を加えることを予測。
これは、さらなる愛国心を高めることと、ロシアに不可避である不況がおとずれても
”欧米による経済制裁のせいだ”と声高に叫ぶことができる、という恐るべき連立方程式ができる。
③そして、USSRかつてのソビエト連邦の再建をし、独裁色を強めてゆける。
プーチンの考えていることは、欧米諸国にクリミア併合に対する強硬な制裁を下す判断を鈍らせ、
自由主義国家群に軋みを与えている。そして今、彼のロシアでの支持率はうなぎのぼりだ。
そしてもうひとつ注視すべきことがある。
それはロシア同様の国内問題を抱える中国が、今このチェス一手の成り行きをとても興味深くみている。』

・・・ざっとこんな内容でありましたが、
個人的見解としてこのところこのブログでも述べてきたように
昨今の世界情勢や、日本政治のムードで左右される危険性について不安感を募らせ、
冷戦の終結で、民主主義が勝利し「エンドオブヒストリー」と言われた民主主義の時代が
軋んできているとかんじていたところだっただけに、
この講義はその不安を的中させるような、いやそれ以上に衝撃的でありました。

うーん。

民主主義は面倒な制度であることは間違いありません。
しかし、このままでは独裁者につけこまれるスキがだいぶ露呈しているという事実も間違いありません。
さて、どうやってこの局面を打開してゆくのか。

まもなく、オバマ大統領が来日します。
そこでどんな話し合いがおこなわれ、安倍総理がどんな決断を下してゆくのか。
これは、とても大切な局面となります。

ますます、国際情勢から目が離せない今日この頃になっているということですね。
私たちは、大変な時代に生きているということをあらためて実感しなければなりません。


この記事をはてなブックマークに追加

野球シーズンもスタート

2014年04月06日 | Weblog
プロ野球シーズンも開幕しています。
我が千葉ロッテマリーンズは、開幕5連敗後に3連勝。
ようやく調子がでてきました。
今シーズンは、選手層が厚くなり評論家の順位予想では軒並み上位、
優勝候補にもあげられる充実ぶりです。

今年のロッテのスタートをみていると、
ホントに、何事もちょっとしたきっかけで歯車がうまくかみ合うか否かなんだなあ、
と感じています。
ロッテの場合は、先発陣および投手陣が充実してきていることが十分にわかりますが、
打線のつながりがいまいちで、打てない人がいつまでも打てないということで
打線に穴ができてしまっていることが負け続けた原因でしたね。
3連勝をみていると、打線の穴が埋まってきて歯車がかみ合ってきたことがわかります。
選手も、スタートの今チャンスをつかめるか否かで、この一年が大きくかわるのでは
と感じますので、がむしゃらに頑張ってもらいたいものです。
外野も内野もまだ不動のレギュラーの固定がされていないポジションがあります。
この競争を勝ち抜くのがだれなのか、楽しみなところですし、
ハイレベルの競争の激化は、チーム力の向上につながりますので、
ぜひそんな姿をみせてくれる序盤戦を期待したいと思います。

明日からは、6連勝中のオリックス戦です。
こちらは、下馬評では下位に低迷することが予想されていたチームですが、
開幕から歯車がきっちりかみ合っていますね。
この勢いが本物かどうか、これを止められるか否か・・・
こういうふうに、野球好きにとってはいろいろな楽しみが尽きない野球シーズンが今年も始まりました!

・・・しかし、「歯車がかみ合う」ことの重要さあらためてかんじますね。

この記事をはてなブックマークに追加