民主党のケンカ下手と国会の大局観の欠落

2012年06月26日 | Weblog
消費税増税関連法案の採決で予想通り”造反”が発生。
対する自民党、公明党は取りこぼしなし。

自民党からは
『こちらに頼んでおいて、身内をまとめられないとは心外だ。謝れ』
と、”いいがかり”に近いコメントをぶつけられ、
(消費税増税は自民党の公約なので、それを実行したまでのことなので、
”いいがかり”に近いという表現をします)
公明党からは、”政権担当能力に疑問”とつきつけられ、
ボコボコ状態の野田民主党政権です。

私の個人的感想は、「ケンカ下手だなあ・・・」と感じてます。
国家の大事業を「ケンカ」になぞらえることは不適切かもしれませんが
魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈する永田町では、
ケンカの仕方の上手下手が、そのまま日本の命運を左右しかねません。
16年間政治の中枢で学ばせていただいた熊谷弘先生の秘書時代に
それを肌で感じてきただけに、
今回も民主党の”ケンカ下手”を痛感せざるを得ません。
「根回し」とか「裏工作」とかを積み上げてゆく旧来の自民党型の政治が
いまだ生きている以上、けっして良いことばかりではありませんが、
それに対応せねばならないのも政権党に求められる能力です。
そういう「見えないところで汗をかくこと」や「縁の下の力持ち」を
できる政治家が圧倒的に不足してるのも民主党の弱みでしょう。

日本の政治は試練が続きます。
しかし、世界は冷ややかに日本をみていることはまぎれもない事実です。
いまは、”挙国一致して国難に対処すべき時”だということを
返す返すも申し上げておきたいと思います。

なぜ、国会議員もマスコミもこれをわからないのか。
不可思議千万。
亡国の道をたどっているように感じるのは私だけではないはずです。

また、霞が関のトップエリートのみなさまも
「政権は使い捨て」して、とにかく自分たちの省益を優先してゆくこと
でよかった時代も終わっていることをご自覚いただきたいと思います。
世界の中で日本が生きて行ける道を挙国一致して探らねばならない
”追い込まれた時代”なのです。

なんにしろ、
私が信じる「地方からしか日本は変えられない」という信念が
ますます正しい、という思いを深める今日の国会でした。

この記事をはてなブックマークに追加

遠州織物クールビズデビュー

2012年06月22日 | Weblog
川勝知事の肝いりで、『静岡県版かりゆし』をめざして
静岡県の誇る「遠州織物」でつくられた「遠州織物クールビズ」が
6月議会の開会日である本日デビュー!

本会議場での着用も認めることとなって、
今日の本会議場は、約半分の議員と知事以下全員の幹部職員が着用。
”涼しい”本会議となりました。
デザインが8種類くらいあるので、ばらばら感があって
たぶん全体像はイマイチなのかもしれませんが(苦笑)
まあ、これからだんだん洗練されてゆくことと思います。
自分自身も、それぞれのシャツをみながら
「うーん、アッチのほうがよかったなあ」とか思ってましたので、
これからはデザインと使い心地で、徐々にしぼられてゆくのでは、
と思っています。

たださすがに今日は、
神聖かつ厳粛な本会議場という固定観念があるだけに、
ちょっと違和感を覚えるところはありましたが、
地元産品のシャツで県政を議論するのは悪いことではありません。
来週から本格化する議会でも着用をしてゆこうと思っています。

ぜひご注目くださいませ!
・・・もちろん論戦にご注目いただいたうえで!ですが(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

台風4号

2012年06月20日 | Weblog
台風4号が静岡県直撃。
暴風雨の夜でした。特に風がひどく、東風から南風に変わり、
その後”風が回っている”状態だったのでかなり心配な状態でした。

一夜明けて、被害を確認。
庭木に甚大な被害が・・・
藤の木と紅葉が折れてしまっていました。
2本とも老木ですが、大切にしていただけに残念至極。
植木屋さんに診てもらえば、枯れ死はまぬがれるかなあとは思いますが。
農機具小屋や車庫もものすごい散らかりようで、頭を抱えてしまいます・・・

今年は班長なので、朝のウォーキングついでに班内を見て回りましたが
家屋の被害はなさそうですが、畑がひどい状況です。
とうもろこしやえんどう豆など背の高い作物は全壊。
その他の作物の状況もたぶん芳しくありません。
田植え直後の田んぼも心配ですし、果樹などの被害も含めて、
この時期の台風は痛いですね。

今日は、各地の被害確認となりそうですが
梅雨時で地盤が緩んでいる時期なので土砂崩れも心配です。

とにかく、各地の被害が最小限であることを祈っています。
みなさまのお宅や地域はだいじょうぶでしたでしょうか?


追伸
9時30分現在。
選挙区を駆け足で2時間ひとまわりしてきました。
予想以上にひどいです。
昨秋の台風15号よりはマシですが、各所で停電があり信号も機能してません。
警察官のみなさんが交通整理していただいてます。
倒木が各所でありますし、水没した車庫や畑もあります。
天浜線は止まってます。
新東名も浜松サービスエリアの一般道側の法面が崩れ、側道が通行止めです。
県立森林公園もひどく、倒木や土砂崩れ等での通行止め、
森林公園森の家も暴風雨による雨漏りで宿泊棟の被害甚大な様子。

今後も被害状況の把握に努め、一刻も早い復旧に奔走します。

この記事をはてなブックマークに追加

警察署協議会

2012年06月18日 | Weblog
菊川警察署の警察署協議会を視察させていただきました。

警察署協議会は平成11年ころ警察不祥事が続いたことをうけて
全国の警察改革の目玉として導入された制度です。
各警察署長の諮問で警察署管内の各層のかたがたのご意見を拝聴して
警察活動に反映してゆくという制度です。

私は、県議をやらせていただいてからの5年間、
毎年委員会の配属が決まると、委員会審議の予習のために
毎年5月6月は徹底的に勉強をさせていただいてます。
当然所管する施設の現地視察もさせていただいてますが、
今年は初めての文教警察委員会なので、勉強することだらけです。
なので、警察署協議会も初めてみせていただきました。

今日の菊川署の協議会では、委員のみなさんから
津波対策や外国人労働者の避難の問題(菊川市は外国人労働者が多いのです)
など御前崎市、菊川市の特性が色濃くでてくる意見が相次ぎ
制度として評価できるものだと再認識いたしました。

協議会の最後に意見書をまとめて
当該警察署に提出をすることになっているのですが、
これについては苦言をひとこと。

事前にたたき台をつくってあるのは可としても、
議論した内容を委員のみなさんで再度協議したうえで盛り込んで、
後日提出するというカタチがベストだと思います。
今日はすんなりそのまま提出してしまっていたので、
良心的に解釈すれば、署長以下幹部署員がすべて出席していたので
委員のみなさまの当日でた意見や要望は”織り込んだよ”
という認識もできますが、これ組織や制度の常でありますが
良い制度や組織であっても長年続くと馴れ合いが生じてしまう、
というコトがあったりします。
せっかくの良い制度ですから、そのあたりは矜持を正して
キチッとしていただけるともっとよいと感じました。

でも、今日の視察の総括としては
『警察が市民目線で考え、行動しようとしている』
という感覚がしっかりと伝わってきて、
好印象を受けた警察協議会でした。

各警察署のホームページで協議会の議事録等が開示されています。
ぜひみなさまも、ご近所の警察署のホームページを
一度ご覧になってみてくださいね!

この記事をはてなブックマークに追加

胸突き八丁

2012年06月17日 | Weblog
このところありがたいことに、とにかく忙しいです。
忙しいコトが大好きな私としては大歓迎なのですが、
さすがに身体が昔みたいにムリがきかなくなっていることも
実感しています・・・。

先週は、地元、静岡、東京と飛び回る1週間でしたが
木曜日くらいから風邪気味だったのですが、
金曜日の強行日程での東京出張がたたり、
今日は体調最悪です。でもがんばらねば・・・

さて、われらが千葉ロッテマリーンズも、
パ・リーグ首位は変わらないものの、
交流戦の優勝をあと一歩のところで逃しましたが、
これは快進撃を支えてきた投手陣が疲労蓄積のためか
このところ故障や不調が続き、特に「勝利の方程式」といわれる
リリーフ投手陣が打ち込まれていることがブレーキの原因です。
今日も、エース成瀬で4-1でリードしながら、リリーフ陣が打たれて
終わってみればやっと同点に追いついての引き分け。
負けなかったことを良しとしなければなりませんが、
少し休むべきは休んでリフレッシュしないと、です。
監督、コーチにはぜひ英断をしてゆかねばならない時期です。
2軍にいるフレッシュな選手にもチャンスを与え、この機に育てる。
そんな挑戦と調整もしてゆかないと長丁場は持ちません。

私も同様、
きちっと身体のケアをしながらの体調管理をちゃんとして、
これから6月議会も始まりますので、
この胸突き八丁を乗り越えてゆきたいと思います。

みなさまも梅雨時は体調を崩しやすい時期ですので、
なにとぞご自愛くださいませ。

この記事をはてなブックマークに追加

教育行政のありかた検討会

2012年06月16日 | Weblog
川勝知事の肝いりによる
『教育行政のありかた検討会』の第1回会合が
ネット中継も含むフルオープン形式で行われました。
私もフルに傍聴してきました。

他県で教育改革の第一線にいらっしゃるかたがたと
県内の大学教育関係、PTA関係者、教員経験者など多彩な委員構成で、
教育委員および教育委員会事務局と対峙する格好での第1回会合です。

まとまりがまったくないほど多くの意見がだされましたが、
聞いていて”そのとおり!”と声を挙げたくなるご意見が相次ぎ、
”そうそう!それをこの5年間議会でも言ってきたんです!!”
とホントにスカッとする感覚にとらわれることも多い、
教育界を取り巻く課題が噴出したカタチの会議となりました。

やはり、教育者でもある川勝知事の狙いは正しい、と言えるでしょう。

ひとつひとつの内容にはいちいちふれることはやめますが、
コレ実りあるものになりそうです。
長年の馴れ合い、わかっているのにアンタッチャブルになっていた世界に
一気に切り込む検討会になることは確実です。
もちろん、議論のなかでもでていましたが、
議会のチェック機能としての責任も重くなるでしょう。

でもそれも望むところですし、
それを見越して今年は文教警察委員会に配属していただいてます。
この検討会と連動してしっかりした教育改革を一気に進められるよう
しっかり取り組んでゆきたいと思います。

なお、この『教育行政のありかた検討会』は前述のとおり、
一般傍聴、ネット生中継はもちろん、議事録も完全公開されます。
議事録は、文字おこしに少々時間はかかりますので、
すこしタイムラグはでますがぜひご一読くださいませ。
なかなか本質部分を突いていて切先は鋭いですよ。

不祥事が相次ぐ教育界ですが、
病巣に直接メスをいれてゆくことが大切です。
ご期待ください。大切な一年になりますので。

この記事をはてなブックマークに追加

三党合意

2012年06月15日 | Weblog
民主・自民・公明三党が社会保障・税の一体改革関連法案の修正協議で合意。

大いに評価をしたいと思います。

「結局は政局のことしか考えてない」と、先日国会を酷評したばかりですが、
”国民と日本の未来ために”という気持ちが残っていたかも、という意味で評価です。
ただ、内容については先送りや継続して検討という部分もあり、
ベストとは言えませんが、とにかく三党が合意に至ったことが大きなことです。

この際、徹底的に「日本の基礎部分」である「通貨金融政策」「防衛政策」
「沖縄」「尖閣」「教育」「農林水産業」「少子化対策」などなどについて
協議をしていただき三党合意をしまくってもらいたいものです。
なんなら私が常々言っているように、挙国一致内閣をつくってくれればよい。

で、基礎部分の合意をみたら、今後どこの政党が政権についても
その基礎部分だけは継続的に遂行してゆくというルール決めをしないと、
政権交代しても、またしてもまるで”ちゃぶ台をひっくり返すように”
全否定から入り、継続性や計画性、財源の裏打ちなどがない不整合な政策が繰り返され、
日本の”失われた○年”の年月をいたずらに積み上げるだけになります。

基礎部分、土台さえしっかり決まれば、
あとは各党の特性をだして選挙戦で訴えればよい。
国民のみなさんもきっとそのほうが安心感のうえで、しっかりとした選択ができるはずです。

国難に立ち向かえる日本にしたい、なりたいと痛切に思う
希望の見えた今日の三党合意でした。


この記事をはてなブックマークに追加

サンダーバードコーポレーション

2012年06月14日 | Weblog
「サンダーバード」知ってますか?
私が子どものころ大ブレークした、イギリスの人形劇テレビドラマです。
サンダーバード♪っていうテーマソングがえらくかっこよかったし、
ロケットやサンダーバード基地のつくりも精巧、
登場人物も魅力的でテレビ画面にクギヅケになったものです。
・・・そうそう思い出しました。
そのころ飼っていた犬が子犬を生んだとき、
主人公のトレーシー兄弟の名前
「スコット」「バージル」「アラン」「ゴードン」
と子犬に名前をつけたほどです(笑)
「ペネロープ」もいたかな?

このたび、そのサンダーバードが新たな任務を帯びて会社を設立!
その名も「サンダーバードコーポレーション」!!
さっそく入社しました(笑)
入社試験の結果「秘書室」に配属され、即「主任」になってしまいましたー(笑)

念のため、・・・コレ、ネット上の架空会社のお話ですので。
某社がサンダーバードを完全に貸切り(という表現が正しいと思いますよー)
ネット上で宣伝を兼ねてのバーチャル会社を展開してます。
私はたまたま見つけたのですが、今月設立されたばかりですので、
興味があるかたはぜひ検索してみてください!
サンダーバード世代にはたまらないですよー

サンダーバード♪

この記事をはてなブックマークに追加

国会動向

2012年06月13日 | Weblog
「社会保障と税の一体改革関連法案」の民主・自民・公明の修正協議も大詰め。
15日までの合意をめざしていますが、自民・公明は合意に至らない場合は
協議を打ち切るとのこと。
各党の思惑が見え隠れしますねえ・・・

国民からしたら、今後の社会保障制度がどうなるのかは本当に重大事であり、
それに伴う財源確保の一環としての消費税増税が有りうべきか否か、
それを判断する材料としてこの協議を見守っているひとたちが多いはずです。

しかしながら、このままではまたしても行きつく先は「政局」です。

これで選挙に至っても、なにを判断せよというのでしょうか。

目新しい大阪維新の会などが躍進したり、
消去法のなかで自民党が亡霊のように伸長する、
というような結果が予測されますが、
それでは結局はなにも変わらない、と悲痛な思いに囚われます。

何度も言うように日本は追い込まれているんです。
挙国一致して、国の在り方、未来像だけはキチンと決めて
どの政党が政権を担うことになっても、国の基礎部分だけは着々と遂行してゆく。
そんなカタチができて初めて、日本の方向性をどうしてゆくかの提案をし、
議論を戦わせて、国民のみなさまに選挙をしていただく。
それが日本が生き残るための道です。

・・・わからない政治家が多すぎます。


この記事をはてなブックマークに追加

このところ

2012年06月12日 | Weblog
ブログの更新が滞ってすみません。
書きたいことはいっぱいあるのですが・・
朝から追いまくられ、深夜の帰宅が続き
PCもゆっくり見られず、4日ぶりにメールを開いたら480件余!
とんでもない状態になってました!
いけませんねえ・・

5月からの新年度は、
昨年度の政調会長時代の県庁カンズメとは違う
「地元の仕事をじっくり」をやろうと思っていますが、
去年のツケ(苦笑)も含めて、仕事が殺到してまして
もう少しやりくり工夫しないとデス。

でも、なんにしろ仕事をさせていただけるということは
本当にありがたいことです!
感謝です。


この記事をはてなブックマークに追加