静岡県議会 日本・モンゴル友好促進議員連盟設立

2011年06月30日 | Weblog
静岡県議会日本・モンゴル友好促進議員連盟が
議会議員69名全員加盟で発足いたしました。

昨年夏の知事訪問の際して、
私の旧知のモンゴル国の若手経済人がパイプ役となってくれて
大統領顧問や、建設・運輸・都市計画大臣、
資源開発庁長官、教育副大臣、
そして今モンゴルで”一番熱い”国家プロジェクトが進行中の
大資源産地であり、モンゴルの大動脈となる鉄道建設および
大工業団地建設が進行中のドルノゴビ県知事などと会談、
トントン拍子に各方面での協議が進み
昨年秋には東京赤坂迎賓館にて、モンゴル大統領立会いのもと
ドルノゴビ県と静岡県との友好提携が締結されました。

そして、7月27日~8月1日には、
MIATモンゴル航空のチャーター便が静岡空港に就航し、
公式訪問団がモンゴルに参ります。
それに備えて、満を持して議員連盟が設立されました。

実はモンゴル国とは、オイスカの活動を通じて
自民党県議団も植林に昨年5月に訪問されていたこともあり、
超党派で一気にモンゴルとの関係を深めてゆくための議員連盟の設立です。

会長に自民党の小楠県議、副会長には県議会各会派の代表が就任し、
私は幹事長の要職を担うこととなりました。
当面は、まず7月訪問団の成功をさせることですが、
はじめてのことゆえ、またかなりスピーディな展開でここまできているので、
不安要素ももちろんありますが、まあ新規開拓とはこういうものです。
大胆にかつ緻密に、しっかりと務めてゆく所存です。

このモンゴル訪問団、一般参加も募集中です。
観光コースは約20万円。
セミナーや政府要人、モンゴル経済人などとの懇談もついた
ビジネスコースが約25万円です。
詳しくはお問いあわせいただければ幸いです。
県庁地域外交課054-221-2967
ないしは阿部卓也事務所053-582-1400まで。
お気軽にどうぞ!

この記事をはてなブックマークに追加

静岡県議会クールビズ論争

2011年06月29日 | Weblog
6月議会開会後、本会議場内でのいわゆる”ドレスコード”について
知事まではいって”あーでもない、こーでもない”の論争が続いた毎日です。
ようやく、「上着着用をしなくても良いし、ネクタイもしなくても良い、
もちろん上着ネクタイ着用も可」というところに落ち着いたのですが、
被災地のかたがたや野外で仕事をされているかたがたから見たら
”いいかげんにしろ!”と一喝されそうで、申し訳なく思っています。
実際、多くのかたがたから「なにやってんだ!」とクレームもいただき
本当に申し訳ない限りです。

私は個人的に夏は大得意ですので、議場であまり暑さを感じませんが
議会には幅広い年齢層のかたがたもいらっしゃって個人差もありますので・・・。

とりあえず、これでこのクールビズ論争にも決着がつくと思いますので
なにとぞお許しをいただきたいと思います。

そのぶん議会挙げてしっかりと仕事してお返ししたいと思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

6月議会

2011年06月28日 | Weblog
今議会は、
「地震・津波対策」
「浜岡原子力発電所関連」
「節電・新エネルギー関連」
「お茶の放射能濃度問題、風評被害問題」
などが本会議で取り上げられる質問・提案の中心になっています。

時節柄当然といえば当然ですが、
これらも大切。また、日常生活のなかにあるさまざまな諸問題も大切。
そんな意識でいると、膨大な問題課題に押しつぶされそうになりますが
とにかく、それを徹底的に議論し、よりよい方向性を導き、
政策実現をしてゆくのが我々の職務です。

静岡県議会のメンバーが4月の選挙で新メンバーとなっての
はじめての議会ですが、こうした「課題山積」でスタートすることは
よりハイレベルな議論や知識、広範な見地からの見識が求められることでもあるので、
逆説的にとてもよいことなのだと思っています。

しっかりと務めてまいりますので、
ぜひ県庁に議会傍聴にもおいでくださいね!
どなたでもごらんになることができますので。
お待ち申し上げています!!

この記事をはてなブックマークに追加

少年野球

2011年06月26日 | Weblog
この土日久しぶりに(・・ん、もしかしたら初めてかな?)
小学校4年になった長男の少年野球の父兄としてお手伝いに
参加することができました。(
お手伝いとは試合の審判とかグランド整備とかデス)
といっても半日ずつですが・・・(スミマセン)。

6月は、比較的土日の行事が減ってくるので
なんとか時間を作り出してたまには父親しないと
”こどもたちの成長はあっという間だぞ”
といろんなかたからお叱りをいただいてるのと、
”自分の子の父親も満足にできないで、なにが教育論だ!”
と、妻に強烈な説得力をもって説教されている日々ですので、
なんとかしないと、なのです(苦笑)
もちろん、こどもたちのことを見ていたいし感じていたいことは
痛烈に感じていますし。「渇望」というくらい。

さて、その長男ですが
4年生になると対外試合が始まっていて、
妻や父兄仲間、コーチから聞いていただけの長男のプレーを
初めて見ました。
「それなりに野球やれてんじゃん」
というかんじです(笑)
元気に体躯を鍛え、チームワークの大切さを学び、
勝負の厳しさ、いろんな意味でのつらさ、
努力の尊さ、そして純粋な喜び。
そんなことを野球を通して、感じて、学んでくれればいいなあ、
と思っているのですが、おかげさまで周囲のみなさまのご協力もあって、
順調にきてくれているようです。
感謝感謝を感じながらのこの2日間でした。

みなさま、本当にありがとうございます。
あまり行けない父親ですが今後ともよろしくお願いします!
そしてガンバレさくらのすけ!


追伸
もちろん妻と、お兄ちゃんの犠牲になって
週末を炎天下ですごす幼稚園児の長女にも感謝とおわび・・・
長女の真っ黒な日焼けのワケがわかりました・・・ごめん。

この記事をはてなブックマークに追加

静岡茶問題

2011年06月23日 | Weblog
静岡茶のセシウムの基準値越えをめぐって、
毎日のように”混乱”が生じています。
”混乱”と書いたのは、今まで経験がないことでもあるせいで、
はたして国の基準値である500というのが適正な基準であるのか、
EUの基準である1000が適正であるのか、厳密には誰もわからないのでは・・・

今日は6月議会開会日でしたが、本会議終了後川勝知事は即上京、
厚生大臣、農水大臣にあいついで面会し、お茶の基準値問題、
安全問題、情報の正確性の再構築などについて申し入れました。
両大臣からは”それなりに”安全宣言や謝罪、努力する姿勢を
示されたようですが、どちらにしろ説得力ある基準値の設定と
毅然とした態度での安全を確定していってもらわねば、
ふりまわされ、混乱させられ、最後にいつもしわ寄せを食うのは
生産者であり消費者です。

川勝知事の”神速”の面談が、どれだけ両大臣に響いたでしょうか。
大臣が強い意志を示すことが今後の混乱が続くか否かにかかると思います。
それだけトップの決断や意志、行動は重いということです。

あまり悠長に待ってはいられませんが、
国の動きを注視したいと思います。
・・・で、結局動きが鈍ければ、(でないことを祈りますが)
やはり「国にはもう期待できない」ということを、
またしてもさらに積み重ねるだけのことです。


この記事をはてなブックマークに追加

議会開会前夜

2011年06月22日 | Weblog
明日から6月議会が始まります。
今議会は、統一地方選を受けて初めての定例会であり、
(5月議会は臨時会)新体制となった各会派の所信を示す
代表質問からスタートします。

過半数を持つに至った自民党改革会議の県政にかけるスタンス、
第2会派に甘んじた民主党・ふじのくに県議団が比較少数与党として
どうやって議会にはいってゆくか。
県政通のみなさまからは、そんな声が聞こえてきます。
俗に「政争」「駆け引き」などなどといわれるものですが、
少なくとも国政の二の舞になることだけはゴメンです。
これは、県民のみなさまにも我々地方議員にも少なからずある
「意志」だと私は思っています。

今年の議会は、本当の意味での「地方の時代」を手繰り寄せることが
できるかできないかがかかる大切な1年になります。
今年は会派3役、政調会長の要職も頂戴しておりますので、
大局的な見地から議会に取り組んで行く所存です。
仕事は山積しています。
清新な想いをもって6月議会に臨みます!



この記事をはてなブックマークに追加

あべたく政治塾

2011年06月21日 | Weblog
あべたく政治塾第3期が本日より本格スタートです。
今年も20名のメンバー、年齢も職業も多彩なみなさまでスタートです。

初回の勉強会は、それぞれ一抹の不安のなかではいってゆくものだと
思いますが、今日も当然同じ。主宰者である私も同じです。
しかしながら、初回の講師をお引き受けいただいた
山崎泰啓浜松市副市長の講演内容が、多極的かつ濃密、
そして叡智に満ちた答弁をご展開いただいたおかげで、
大いに盛り上がり、大好評で初回を終えることができました。
山崎副市長にはこの場をお借りしてこころから感謝を申し上げます。

今年はスタートが選挙があった関係で遅くなりましたが、
きっと多くの学びができることになるでしょう。
私もみなさんといっしょに大いに学び、大いに語り、
大いに成長したいなあ、と思う今宵のひとときでした。

今年も多方面からのご参加をいただいてますが、
”まだ今からでも参加したい!”
と思われたかたはいちどご連絡くださいね。
若干名ならまだ可能かな、と思いますので。




この記事をはてなブックマークに追加

トンネルを抜けたー!・・・かな?

2011年06月11日 | Weblog
モンゴル行など忙しくしている間に、
プロ野球では交流戦が始まり、今やいよいよ最終盤戦。

・・・ところが、わが千葉ロッテときたら泥沼の交流戦最下位!
さらには、貯金もあってAクラスにいたパ・リーグでの順位も
いつのまにか最下位!!・・・なんてっこったい・・・
が、理由ははっきりしていて主力選手の故障続出が原因。
去年に続いて荻野がまず離脱、そしてサブロー、小野、清田、ペン、
マーフィー、細谷。4番のキムテギュンと大松も不調でボロボロ状態。

今日までいいところなく4連敗だったのですが、
今日の広島戦はいままでのうっぷんを一気に晴らしてくれるような
10-1の快勝でした。
なにより不調だった投手の渡辺俊介が1失点で完投したことと、
今季初めて4番に座った大松が2試合連続本塁打。しかも満塁本塁打!

フロントも外国人の大砲候補の緊急補強に動きはじめたようですし、
投手は良いので、あとはショートに高浜あたりが急成長して定着してくれると
後半戦の巻き返しが大いに期待できるのですが。
なんてったって、去年の日本一チームですから、
去年だって厳しいところから盛り返して下克上を成し遂げたのですから、
今年もがんばってもらいたいと思います。

マイナススパイラルにはまると、どうしてもカベあたったかんじで、
「もうダメだ」とあきらめの心境になるか、
「もうむちゃくちゃにぶつかってゆこう」などと、
捨て鉢な気持ちになりがちですが、
こういう”波”はどんなことにもあるものです。
カードゲームでもゴルフでも、
”ツキがきているとき”と”きていないとき”ってありますよね。
この”きていないとき”をしのぎきるコツは
とにかく”冷静に、被害を最小限にして耐える”しかないと
私は痛いほど失敗した経験上痛感しています。
野球も同じで、どんなにがんばっても結果がでないときや
逆に思わぬラッキーが続くときもあります。
ここも「冷静に気持ちを切らずにやる」ということが大事だと思います。

そういった意味でも、ロッテにとってはここまで耐えてきてようやく、
”アンラッキーのトンネルを抜けた”のかもしれません。
明日からもそう信じて、流れをつかんでがんばってもらいたいと思います。
今日は、ファンとしてもスカッとした一日でした!

政治も同じですね。
国会見てるとウンザリも続きますが、
きっと良くすることができると信じてがんばってゆこうと思います。



この記事をはてなブックマークに追加

濃密地元漬け

2011年06月10日 | Weblog
この3日間、久しぶりに地元に腰をすえて活動ができました。
経済、教育、農林産業、自治会町内会、消防関係者などなど
各分野のみなさまと意見交換ができたり要望をお聞きしたり、
要望対応に早速具体的な仕事にはいったりと、
充実した3日間となりました。
事務所にもほとんどいられず、スタッフさんとの打ち合わせも
不十分なところもあり週末に入るのも心残りですが、
この週末も目白押しの日程ですので、とにかく”走りながらこなす”です。
来週はまたしても火曜日から不在が続きますのでがんばらないと。

でも、地元はいいですねー
やはり生活感ぷんぷんすることばかりで、
県や国の大きなプロジェクトとはまたちがったやりがいを感じます。
そう考えると、双方やらせていただいている政治家は
そんなにたくさんいないはずですので、コレ幸せなことです。
長い間の下積み時代の苦難やそのときの人脈が
今や大きな財産であり誰にも負けない武器でもあります。
感謝をしつつ、また仕事がんばろう!と思っています。




この記事をはてなブックマークに追加

地方維新の胎動

2011年06月07日 | Weblog
今日は旧知の他県の若手県議が来静。
静岡県の危機管理と新エネルギー施策について勉強にこられました。
今日は政調会長業務に忙殺されていたので、彼のレクチャーの
セッティングと一部だけの同席になってしまって申し訳なかったのですが、
お昼を食べながら「日本と地方の未来をどうするか」という
熱い話はちゃんとしておきました。
今日はそのまま上京するようだったので、
『平成の竜馬になって、各地を熱くしてくれよ』
と頼んどきました(笑)

でも、これ冗談ではなく本気で各地で胎動が始まっているんですね。
私が考える以上に地方からの平成維新は早いかもしれませんね。
ヒマを見て世の情勢がどうなっているか各地を歩きたい衝動に駆られます(苦笑)
・・でも今年は、まずはしっかり地元と県の仕事こなしてゆこうと思ってます。

ただし抜かりなくアンテナをもう一度高くしておこう、
俊敏に考え判断できるよう、感覚を研ぎ澄ましておこうとは思っています。



この記事をはてなブックマークに追加