12月議会開会

2010年11月30日 | Weblog
12月議会が開会しました。
今年は総合計画の委員会ごとの集中審議もあるために
日程が目いっぱいで、ついに異例の11月中の開会になりました。
会期は11月30日~12月21日までの22日間。
平日はほぼ毎日議会のため静岡にカンズメです。
8日には私も本会議一般質問ですので現在質問作成作業の大詰めです。
現地視察も十分にし、にたうえでの内容の濃いものを展開できると
思いますのでご期待ください。
議会傍聴はどなたでもできますので、もし静岡においでの折はぜひ!

この記事をはてなブックマークに追加

沖縄県知事選挙

2010年11月28日 | Weblog
本日の沖縄県知事選挙にて仲井真知事が再選。

選挙結果がどうあれ、沖縄のみなさんは重い気持ちを
もったままではないでしょうか。
第2次世界大戦の戦中戦後、苦難の道を強いられてこられた沖縄。
ゆえに、県民のみなさんには政治的な関心は高く、
政治の果たすべき役割も大きいことはいうまでもありません。

しかしながら、期待した民主党政権は迷走し沖縄はまたしても袋小路に。
きっと非常に重い空気のなかでの選挙であったことは推察できます。

朝鮮半島の緊張が高まる今日現在、
沖縄がおかれた地政学的な状況は、米軍基地をすべて追い出すことなど
世界のパワーバランス上とうてい考えにくく、
県民のみなさまの求められる方向には絶望的な暗雲があります。
仲井真知事は会見で『沖縄の問題を国民の問題として考えてほしい』と、
述べられたとのことですが、まさにそのとおりです。

日本のおかれた地政学的、軍事的現状は、
日米同盟は根幹として不可欠でありましょうし、
その具体的な展開としての基地の存在も現実として否定できるものではありません。
さすれば、この基地問題を「沖縄に背負っていただいている」ということを
国民が等しく認識し、考え、議論する。
知事がおっしゃるようにそれが必要であることはまちがいありません。

菅政権におかれてましては、
ぜひ具体的な方策と議論をこの際提示して欲しいと痛感いたします。
たとえば、沖縄に基地負担を求める見返りとしての「沖縄税」を導入するとか、
とにかく国民全体が議論を共有できる具体的な政策提言や方策を
だせないものかと、知事の言葉を受けて痛感しています。


この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮の挑発

2010年11月24日 | Weblog
北朝鮮が韓国の延坪島(ヨンヒョンド)を突然砲撃。
民間人を含む死者がでる事件となりました。

”北朝鮮の挑発。”
北朝鮮は、現在の金正日総書記が国家権力の権限委譲を受けたときも
北朝鮮流に言うと「国家の威信を示すために」
(コレ、はなはだおかしい論理ですが)
「ラングーン事件」や「大韓航空機爆破事件」という卑劣な事件を
引き起こしています。
今回も金正恩氏への権力委譲期にあたり、この信じられない
”北朝鮮流論理”が展開されるのではと思っていたところにこの事件です。

この”北朝鮮の挑発。”は、まだまだ続くものと思われます。
標的はなにも韓国だけではないはずです。
どんなことだって起こりうると、日本も考えなければなりません。
それが「危機管理」です。
国会で問責決議だなんだとやってるヒマがあったら、
「挙国一致して危機管理体制を早急に点検整備せよ!」
と、声を大にして申し上げたい。
菅総理もしっかりとリーダーシップを発揮してほしい。
ギリギリと歯噛みしながらも、切望しておきます。

今回の有事に際しアメリカは即応して、
北朝鮮を厳しく非難し、包囲網を構築し始めました。
また、韓国との合同軍事演習も黄海で実施されます。
これらの要素からも「第2次攻撃は必ずある」と考えて、
準備をすることが当然のことと、私は考えています。

北朝鮮。
本当に怖い隣人です。

この記事をはてなブックマークに追加

心地よい響き

2010年11月20日 | Weblog
先月の浜北産業祭で、杉板のきれいなまな板を格安で購入しました。
杉目模様も美しく、小さな節も美的なポイントになり
(本当は節があるからまな板としては安いのですが)
大きさ、かたちともに私が理想とする板だったので、
とても気に入って購入したのです。

こう見えてけっこう料理が得意な(笑)私としては、
プラスチックのまな板などはどうもいただけません。
このまな板で料理を楽しむことを心待ちにしていました。
が、当然のごとく最近の過密日程からしてなかなか料理をする時間がなく
購入後も柿をむくときくらいしか使えないでいたのですが、
今日は前々からの妻のPTAの懇親会の予定ため
夜の日程を強制的に空けていたので、やっと本格的にこどもたちに
料理を振舞いました(笑)。
がしかし、料理の腕を振るうまでもなく
こどもたちのリクエストは、結局「スパゲティ」(苦笑)・・・
冷蔵庫の在庫をみて、まあ「きのこ入りサーモンクリーム」かな、と
当然デシャメルソーズからつくります。サーモンは「鮭フレーク」で代用です。
ひさしぶりだったので、”だいじょうぶかなあ”とちょっと心配だったのですが
できばえは上々、味もこどもたち大絶賛!
カレーに続き、また”ママよりパパにつくって欲しい料理”を
増やしてしまいました(笑)
ボーイスカウト仕込みの”レシピ適当”の料理もなかなかでしょ!

でもなによりも、たまねぎ、しいたけ、しょうが、にんにく・・・と、
素材を切り刻むときのトントンと杉板に響く心地よさ。
その響きにストレス解消を感じた、楽しい料理でした(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

モンゴル外交急速進展中

2010年11月19日 | Weblog
本日、迎賓館において静岡県とモンゴル・ドルノゴビ県の
友好提携・相互協力に関する覚書が締結されました。
また、午前中はモンゴル大統領夫人が函南にある「静岡がんセンター」を
国賓として公式訪問され、私も知事ともども一行のお迎えをし
視察に同行させていただきました。
8月の知事とのモンゴル訪問から、一気にここまで進展するスピード感ある
「川勝流地域外交」はいかがですか?
このモンゴル外交のいわば”タネをまいた”私も、
当然この間かかわってきていますが、外務省も舌を巻く手際のよさで
こうして地方政府同士の友好提携覚書締結に迎賓館まで使わせるということは
日本国のモンゴル外交の一翼を静岡県が完全に担ったという証明でもあります。
今後はモンゴルの厳冬があけるのを待って(冬はマイナス40度!だそうです)
静岡空港へのチャーター便の就航、ビジネス訪問団の相互交換など
交流が本格化してゆきます。
静岡県議会議会にも、日本・モンゴル友好議員連盟が発足予定です。
しっかりと実のある地域外交ができるよう準備をしてゆきたいと
思っています。どうぞご期待ください!

この記事をはてなブックマークに追加

JAL支援金問題

2010年11月17日 | Weblog
JALの福岡便に対する搭乗率保証支援金問題について、
JALの管財人が支払いを求めて静岡県を相手取って訴訟を起こしました。
これで、前石川知事県政時代に素因する静岡空港に関する諸問題が
またひとつ法廷闘争となります。
石川県政時代の静岡空港をめぐる施策には不明朗な要素も多かっただけに、
この際、法廷で現知事体制となってからの静岡県の主張を堂々として、
100%と勝利はありえないとしても、事実をひとつひとつ明らかにして
法の裁きのもとに決着をつけてもらうことは明確でよろしいと
私は思っています。
 昨年の「空港部廃止」を断行した際も、当然ながらハレーションはありましたが、
これ「信賞必罰の原則」そのもので、県民のみなさまには大いに支持をいただきました。この支援金問題も、法廷で事実が明らかにされることによって、
旧空港部の不明朗な体質を正す良い機会であり、県民のみなさまに対する
必要な情報開示ができると信じています。
もし、静岡県にとって痛みがともなうものになったとしても、
これは”日本の理想郷ふじのくに”をつくってゆくためには
必要なことであろうと私は考えています。

この記事をはてなブックマークに追加

浜北森林公園、ただ今、紅葉中。

2010年11月16日 | Weblog
先週の土曜日にこんなチラシがはいりました。

秋から冬へ
 浜北森林公園、ただ今、紅葉中。
広大な自然に恵まれた森林公園では、
まだまだ紅葉を楽しめます。
当店のお席からの眺めもおすすめです。

というチラシです。
ちなみに「甘酒無料券」もついてました。

浜北森林公園は県立公園です。
公園内の施設は指定管理制度により
入札により民間業者に委託管理していただいていますが、
もちろん営業努力の一環とはいえ、
きちんと森林公園の魅力もアピールしていただいて
これぞ指定管理制度の狙いである、民間活力、ノウハウの導入の見本!
「指定管理者かくあるべし」といったところでしょうか。
”これはどうしても見にいかなきゃ”と、
日曜日に森林公園にいってきましたが、予想以上に大賑わい。

「県や市の広報に案内をだしてますから」なんていうお役所的な宣伝に比べて
大いにチラシ効果が効いている実証実験をみてきたようなかんじでした。

指定管理制度は、三ケ日青年の家の事故で見直しがなされつつありますが、
こういう努力も見逃してはならないと感じた森林公園でした。

この際、私も宣伝しときますね(笑)。

浜北森林公園、ただ今ホントに紅葉中!(笑)
ドングリもまつぼっくりも待ってます。
ぜひ自然に抱かれてくださいね。
各種施設も充実しています。
各種自然体験メニュー、アスレチック、バーベキュー、
オリエンテーリングにウォーキング・・・などなど。
温泉もありますし、おいしい料理の食べられるレストランもあります。
宿泊だってできちゃいます。
広場も駐車場も無料かつ豊富ですので、ご家族でごゆっくりどうぞ!
お待ちしております!!

この記事をはてなブックマークに追加

地方議会議員年金制度について

2010年11月15日 | Weblog
去る8日に、全国青年都道府県議会議員の会有志一同で
「地方議会議員年金制度の廃止を求める意見書」を総務大臣に提出しました。

この「地方議会議員年金制度」は、
昭和36年に地方議員の老後保障を目的として導入された互助制度ですが、
平成の大合併により地方議員は激減し、市町村議会議員の年金財政は平成23年、
そして都道府県議会議員の年金財政は平成33年に枯渇する見込みです。

先日、宮崎で全国の若手議員で真剣に議論をした結果
以下の理由で廃止を求めることといたしましたので、
このブログでもご報告しておきます。

①年金財政の破綻は明らかであり、会員の自助努力では再生不能である。
②今後この制度を維持するためには税金投入を求めなければならない。
 これは耐え難いことであり、速やかに廃止すべきである。
③制度の目的は「議員の老後保障を互助制度でしてゆく」ということだったが
 半数の議員は受給資格を得ることができず引退する。一部の資格者だけに
 年金財源が集中する制度は、制度的にも正しいとはいえない。
④地方主権が進展するなかで、この制度は「画一的な地方議会運営」を
 前提としており、今後地方が自立してゆくなかでは、
 議会のありかたも独自性を持つべきであり、この「画一的」という
 前提条件は崩れることは必至である。
⑤この制度についても、この際国民的な議論があってしかるべき。
 議員のありかた、権限、地位、権利、そして一国民としての基本的な社会保障など
 議員制度について議論がなされる良い機会であると思う。

とにかく、「先送り」が得意な国であるので、
この際、ひとつひとつ議論の俎上にあげてゆくのが、
”長いものに巻かれない”我々若手議員の使命であると思いますので。

しっかし、本当に”机の下に隠されているもの”の多さといったら・・・
微力でも、ひとつひとつがんばってゆきます。


この記事をはてなブックマークに追加

有言実行にはときにはケガもついてくる(苦笑)

2010年11月14日 | Weblog
夕刻。
今日は夜の会合がなく、ひさしぶりにこどもたちの野球につきあう。
朝、少年野球大会で挨拶をさせていただいたことや
日本シリーズのことなど思い出しつつ、キャッチャーをしました。
捕れる球に飛びつかない長男に、
「ムリだと思う前に飛びつけ!可能性にかけろ!!」と罵倒。
で、思わずそのあとのキャッチャーフライに
”日本シリーズ第1戦の里崎のファインプレイをイメージして”
年甲斐もなく飛びついて、やっちゃいました。
顔と肩を強打。顔には思いっきり擦過傷。

痛いお手本になりました・・・(苦笑)
まあ、でも”飛びつくこと”を長男に身をもって教えた(苦笑)ことは
よかったのではないかと・・・
『なにごとも全力でやりすぎだ』と、妻からは非難を浴びましたが
『それくらいしか取り柄がないだろ・・・』と言い返し
自分としてはよしとします!

昨日、選挙用の写真撮影が終わっていてよかったなあ、
と思いつつ、怪我の消毒をしてます(笑)

・・・ということで、
ここしばらく見苦しい顔でみなさんにお目にかかることと
あいなりましたが何卒ご容赦のほどを・・・

「いつまでも若くない」と、またしても実感してしまいました(苦笑)
「何事も全力で」は失いたくないですが、
「年相応で」というのは心がけるようにします(苦笑)

この記事をはてなブックマークに追加

静岡県不正経理問題

2010年11月12日 | Weblog
11月5日に報告された
会計検査院の「平成21年度決算報告書」により
静岡県を含む全国の都道府県、市町村での国庫補助事業に係る
事務費等の不適正な経理が報告されました。
それを受けて、本県でも現在開会中の決算委員会で審議がなされています。
残念ながら私は今年は決算委員ではないので、審議には加われませんが
県の決算委員会は市町とちがい約一カ月かけてしっかりと決算委員会が
おこなわれます。
「決算をして語らしむべき」
と思っている私としてはこの決算委員会には大いに期待するところであり、
委員である同僚議員のみなさんには
しっかりと議会の本分のひとつである「チェック機能」を
果たしてくれることを期待しています。
連日大変ですが欠席しないでくださいね。委員のみなさん!

もちろん私個人としても、この不正経理問題、
そして全体の県決算についてもしっかりと取り組んでまいります。


この記事をはてなブックマークに追加