ドラフト

2010年10月28日 | Weblog
2010年度プロ野球ドラフト会議。
大学生投手に好素材が集中した今年のドラフト。
千葉ロッテマリーンズは、高校時代から追い続けてきていた
早稲田大学の斉藤祐樹投手を、4球団での競合の末のくじ引きをはずし、
野手では大学NO1と評される3拍子そろった東海大学の伊志嶺外野手を指名。
補強課題だった捕手は、狙っていた地元習志野高校の山下捕手をソフトバンクに
1位でもってかれてしまったものの、大学NO1捕手である東洋大学の小池捕手と
強肩と将来性をもって知られた大阪桐蔭の江村捕手の交渉権を獲得。
投手も大学生から立正大学の南、社会人からは七十七銀行の小林(島田市出身)
と、地味でも評価の高い実力派をひとりずつ指名。
さらには南カリフォルニア大学からの逆輸入投手藤谷も指名するという
”ギャンブル”もするなど、やや地味ながらも良いドラフトではなかったでしょうか。
欲を言えば、PLの吉川君(中日2位)など、将来性豊かな高校生内野手が
一枚欲しかったなー、とは感じますが・・・。

・・ロッテのドラフトの個人的論評はさておき、
斉藤君を追い続けていたロッテとヤクルトの担当スカウトの
心中いかばかりかと心配していまいます。
少なくともこの一年は、ともに来る日も来る日も斉藤君を追い続け
今日のドラフトで指名が確定することを夢見てきたことでしょう。
たぶん、”お互い負けたくない”と思いながらも、
ともに苦労をしているだけに”コイツに負けたらしかたがないか”という
苦楽をともにしたものでしかわからない一種の友情のようなものが
あったのではないでしょうか。
それを、当日(もしくは前日)他球団の動向をみて
「斉藤にしよう」と決めた日本ハムに持っていかれたのは
さぞ悔しかっただろうと感じています。
「世のなかはそんなものだ」という方もいらっしゃるでしょうし、
それがこのドラフト会議であり、もっと言えば
「自分で進路を決められない選手からしたらもっと過酷だ」と
いうことになるのでしょうが、あくまで「裏方」としてがんばってきた
両球団のスカウトの心中は思いやらずにはいられません。

今年も、このドラフトで希望のかなった選手、かなわなかった選手。
そしてスカウトさんはじめ関係者のみなさまの下積みの苦労が
報われたかた、報われなかったかた。
みなさまに「ごくろうさまでした」と申し上げたいと思います。
そして現実をしっかりと受け入れて、
「前向きに道を切り拓いてゆきましょう!」
と申し上げたいと思っています。

起こった現実は、きっと何事にも「意味」があるはずですから。
未来は切り拓いてゆかねばならないものです。


この記事をはてなブックマークに追加

新幹線にて”場のチカラ”を知る

2010年10月27日 | Weblog
このところ、またしても時間に追われる日々が続きます。
今日も東京に急遽出張でした。
来年度の重点政策に関して政府サイドとの交渉事なので
重要度は高く大切な出張ですのでいたしかたなしですが。
積み上げをしてきて、そのなかでどうしても東京に説明にこいという要所でした。
でも、周到に積み上げたうえでの議論なので、おかげで内容の濃い議論ができました。
これはいわゆる今までの自民党政権下でのこの季節の風物詩であった
とにかく首長以下大行列でカタチどおりの陳情要望をしにゆくという、
予算のムダ使いの典型であった「霞ヶ関・永田町詣」とは違って、
効率的かつ実のある意義ある上京となりました。
まだ今後もいくつかの重要課題についての積み上げは続きますので
上京を余儀なくされることもあるでしょうが、しっかり務めてゆきたいと思います。

さて、その行き帰りの新幹線でのこと。
行きの新幹線では、杉並区の老婦人と隣り合わせになりました。
私が、おにぎりを食べているのをみて
『出張ですか?大変ねえ』と話しかけられ会話が始まりました。
高松のご実家の法事の帰り道とのことでしたが、
私が静岡から乗車したので、静岡県のことをいろいろお尋ねになられました。
お茶がお好きで、いろいろ各地のお茶を飲み比べた結果
いつもお茶はわざわざ川根茶をとりよせていただいてるとのこと。
静岡の人間として感激をし誇らしくも思うことができました。

また、帰りの新幹線では
疲れて眠っていたところ、前の席に座った初老の男性に
たたき起こされました(苦笑)
『富士山がきれいだから見なくてはもったいない!』と。
確かに、雲の上にぽっかりときれいな富士山が車窓から見えます。
『富士山が見られて本当によかった!幸せだ!』
と、何枚も写真を撮っておられ、
『おいしい酒が飲めるワイ』と、ビールを購入。
本当においしそうにビールを飲まれていました。
私が静岡で下車するときに
『きれいな富士山でよかったですね』と声をかけると、
『静岡のひとだったのか!うらやましい限りじゃ。
富士山を大切にしてくだされや』とごきげんな笑顔。
幸せを分けていただいた気分になりました。

あらためて、静岡県に住んでいることへの幸福感を感じさせていただけた
出張となりました。これが”場のチカラ”なのですね。
またしても静岡県の底力を実感することができました。


この記事をはてなブックマークに追加

宮崎県口蹄疫現場視察

2010年10月23日 | Weblog
宮崎県の口蹄疫被害の中心的な現場のひとつ、
西都市の育牛農家を訪問させていただきました。

広大な田園地帯の緑のなかにポツンポツンと畜産農家が点在。
そして、まだ消毒用の石灰にまみれたがらんどうの畜舎の数々。
・・・道すがらの車中からすでに口蹄疫被害のすさまじさを実感しました。

お話をお聞かせいただき、現場を見せてくださったのは
約250頭の育牛をされ、年間120頭ほどの出荷をされてこられた
西都市では個人経営では大規模な部類の農家でした。
何度もチャンピオン牛もだしてこられたようで、
今回の口蹄疫については細心の注意を払って
外部の人の出入りをなくし、家族も徹底的に注意し
牛舎の消毒等も毎日何回もおこない万全を期してこられただけに、
発症した牛がでたときは相当なショックであられたとのこと。
それでも、6月20日に発症し、翌日と翌々日の2日間で
周囲への感染の拡大を防ぐために250頭全頭殺処分を終えられたとのこと。
当時の絶望的な様子がほんとうに痛いほど伝わってきました。

現在は、まだ補償金もはいらないことや心身を整えるためにも
年内は牛をいれないとのこと。
もとの250頭での生産体制に戻るまでは最速でも3年はかかり、
『借金のことも考えるととてもそんなペースでは戻せまい』とおっしゃる言葉、
『牛をはじめてから25年。はじめて牛のいない正月になりますよ』
と笑われるお顔にも、悔しさと憔悴がにじみます。

また、肝心の感染ルートと防疫に関しては、
今、国も宮崎県も専門家の検証チームをつくって必死に感染ルートの特定や
防疫対策の調査研究をしているようですが、いまだ答えがでないとのこと。
感染ルートは諸説さまざまで、
「人間」「車」「小動物(これは鳥、ねずみ、はてはハエ説も。かなりやっかいです)」そして恐怖の「空気感染説」までいろいろだそうです。
しかし感染ルートが特定できない限り、有効な対策も取りようがありません。

それと、今回宮崎の口蹄疫がここまで拡大してしまったことについては、
『ブタに感染させてしまったことが致命傷だったと思う』とのこと。
ブタは口蹄疫には牛の1000倍のスピードで感染拡大するそうで(驚愕!)
今回の致命的な失敗対応として、
即刻殺処分して埋葬せねばならなかったにもかかわらず、
養豚農家は余剰土地を持たず、口蹄疫で病死したブタの死骸を放置したまま
埋葬場所探しに手間取り、結果被害を拡大させたとのこと。

他県は、この宮崎県の被害を知り、いつ起こるともしれない悪夢に対して
出来る限りの対策を講ずるべきだ、とあらためて痛感してきました。
でないと、被害にあわれた農家のみなさんや
殺処分された牛やブタも浮かばれません。
私も静岡県に帰って即刻”いまできること”に取り組む所存です。
感染ルートがわかっていなくてもできることはあります。
たとえば、殺処分した場合の埋葬場所の事前確保や
畜舎に小動物が入れないような緊急完全隔離手段の研究など、
現場の農家のみなさんとシュミレーションすればいくらでも
今のうちに備えることはあるはずです。

本当に心に重くしっかりと、”ズシン”とくる視察となりました。
この場を借りて、ご説明ご案内をいただいた農家のかた、関係者のみなさんに
こころからの感謝と御礼、そしてお見舞いを申し上げます。


以下は、牛たちの埋葬地にあった無機質な看板の文章です。

         「告」
   この場所は、口蹄疫にて殺処分された牛の合同埋設地です。
   法律により3年間の発掘を禁止いたします。

・・・
看板の隣には、
西都市や農家のみなさんがお立てになった墓標が立てられ、
小さな花畑がつくられ、風車がまわっていました。

救われた思いがしました。
現実の厳しさと、人の情の深さ。
私たちは、この人としての思いや情念を決して忘れてはなりません。
そして、犠牲を決して無にしてもなりません。

この記事をはてなブックマークに追加

問題は静岡空港のことだけじゃないですヨ

2010年10月20日 | Weblog
富士山静岡空港が開港して2年目となっています。
川勝知事や関係者のみなさん、そしてもちろん私自身も
この空港の利活用に全力で取り組んできています。
国内の他の同等の地方空港と比べると、遜色ないどころか
路線がまだまだ少ない中でも、国内線搭乗率10位、
国際線搭乗率1位など、私の予想以上に良い数字がでています。
(開港当初の需要予測は到底ムリな数字であり、この予測指導を
全国の空港にした国土交通省は、政権交代を機にめずらしく
完全に間違いを認め自己批判をしています。
これは2月の企画空港委員会で私も指摘し、
このブログでも解説をさせていただいたとおりです。
ゆえに、「私の開港当初の予想」としました。)

ただし、まだ赤字体質であることには変わりなく、
空港経営についてさらなる創意工夫、努力が必要です。
知事も「1期目4年は徹底的にテコいれする」
と言い切っているように、私個人としても、
この空港は静岡県の未来のために十分に活用できる
可能性は十分と考えていますので、今後も精力的に取り組みます。

また県民のみなさまの関心も高く、さまざまなご意見も
いただいていますので、引き続き議会としてのチェックと
経営を好転させるための研究を進め、説明責任も果たしてゆきます。
現在も関係者とさまざまな議論していますが、
議論が熟成してくれば12月議会質問もいたしたいと
思っておりますのでご期待ください。

ただ、ひとつおわかりいただきたいのは、
静岡空港だけ槍玉にあげるのは間違いです。

静岡空港の年間赤字が3億超ですが、じつは10億超レベルで
赤字を垂れ流している施設や施策は国にも県にも市町にも
たくさんあります。”目立たないからそちらは良い”というわけでは
ありませんので、それら隠されたものを”机のうえにだしてゆく”コト、
そして議論をしてゆくことに努めてゆきたいと思っています。
県議会議員としてワールドワイドにさまざまなことを考え、
県の将来を考えながら優先順位をつけて、
ひとつひとつ丁寧に取り組んでまいります。





この記事をはてなブックマークに追加

千葉ロッテCS制覇!

2010年10月19日 | Weblog
ロッテが笑い、ソフトバンクが泣く・・・

ロッテがクライマックスシリーズ最終戦を7-0で制して、
2010パ・リーグクライマックスシリーズ優勝!
日本シリーズへの出場権を得ました。
3位からの逆転、「下克上」ですから、
「なぜ?」という反発もあるでしょうが、
このようなルールであって、全8戦、対西武戦もソフトバンク戦も
どちらが勝ってもおかしくない濃密で互角な試合展開でした。
今年のパ・リーグは最後の最後まで僅少ゲーム差で5チームが
ひしめいた実力伯仲を実証した結果だと思います。
大リーグのプレーオフ同様、ルールにのっとった
いわば「ワイルドカード」からの進出ですから、
ロッテには堂々と日本シリーズを戦い、
パ・リーグの実力を発揮して日本一になって欲しいと思います。

とりあえず、本当にオメデトー!
ロッテナインの「あきらめない」精神力の勝利だと思います。
「粘り強くあきらめないこと。」しっかりと見習います!

今夜は、勝利に酔わせていただきたいと思います!


この記事をはてなブックマークに追加

泣いても笑っても

2010年10月19日 | Weblog
プロ野球パシフッックリーグクライマッyクスシリーズファイナル。
昨夜千葉ロッテが勝って、日本シリーズに逆王手!
今夜泣いても笑っても日本シリーズ出場チームが決まります。
ロッテファンの私としては、このクライマックスシリーズを
シーズン2位から、同じフソトバンク相手に激闘の末逆転勝ちして、
日本シリーズも阪神に怒涛の4連勝して日本一に輝いた
2005年の”勢い”が再現されているかんじです。

そうはいっても、ソフトバンクもカンタンには引き下がらないのは必定。
今夜は激闘になるでしょう。

プレイヤーからすると、今年のパ・リーグで
最後の最後まで試合をできるというのは至上の幸せでしょうし、
ファンとしても最後の最後まで夢をみせてくれるというのは
ファン冥利に尽きます。
パ・リーグファン、野球ファンとしても
最終戦までもつれる両チームの激闘の展開に感謝です。
本当に、泣いても笑っても”夢を見られる幸福感”に感謝したいと思います。

さて、私は今日から厚生委員会の県外視察です。
こちらも”現場を直接見られること”の幸福感を感じながら、
またこの視察を必ず静岡県の施策に活かすために勉強に行ってきます。
長崎県大村市にある、全国で3例しかない特別支援学校にある
学童保育(放課後児童クラブ)の視察。
そして、同じく大村市にある自衛隊のヘリの支援を受けて
救命救急センターを運営する長崎医療センター。
そして、宮崎県の口てい疫の被害現場。
農家のみなさんのお声を直接お聞きし、当時の宮崎県の対応の検証をし、
万が一静岡県で発生したときのためにもしっかりと活かせるように
学んできたいと思います。

それぞれ視察を「泣いても笑ってもこれで最初で最後のチャンス」
そんな真剣な刹那な思いで行かせていただきたいと思っています。



この記事をはてなブックマークに追加

志の政治

2010年10月18日 | Weblog
本日民主党の常任幹事会。
来春の統一地方選挙における県議、市議、市長の公認推薦要請が
ぞくぞくと申請されてきます。
わたしたちは一足先に公認をいただいて、
来春の統一地方選挙に向けての準備を着々とはじめていますが、
この時期初挑戦をされることを決めたかたがたの
ほとばしる英気には、私たちも志を同じくする者として
あらためて心がわきたち、使命感に燃えます。

また、その一方で、
尊い志をおもちでありながら、さまざまな理由で断念されたり、
挑戦できる環境が整わないかたもいらっしゃいます。
このかたたちの志を絶対無にしてはならない。
私はそう思っています。

私は、いまはみなさまから「静岡県をもっともっと良くせよ!」
というご負託をいただいて、県議会議員をやらせていただいていますが、
これは私の志や思いだけでやらせていただいているものではありません。
多くのみなさまのさまざまな思いを一票として託していただいたものです。
ただ、なかには私の活動にご不満のあるかたもいらっしゃると思います。
千差万別の思いやニーズに100%お応えはできないのも、これまた事実。
ゆえに「最大公約数の幸福」を導くための努力だけは
常に常にしてゆかねば、と思っています。

今日又、そんな”ゴールのない世界”に挑戦してゆかれるかたがたとお会いしました。
直接お伝えすることはできなかったのですが、
ぜひこんな決意と思い、そして挑戦させていただけることに感謝を忘れずに
がんばっていただきたいと思っています。

私も負けないようにさらにがんばろう!
と、決意を新たにした今日の常任幹事会でした。


この記事をはてなブックマークに追加

10月16日

2010年10月16日 | Weblog
今日は、私阿部卓也の44回目の誕生日です。

「誕生日のひとは、その日一日は王様(女王様)!」
と、私はいつも思っています。もちろん誰でも。
いつも、なるべく大切なひとたちの誕生日は忘れないようにしてますし、
当日突然「誕生日です」と言われても、全力でお祝いしてあげたい!
というのが私の思いです。
なので、今日は「私が王様」!
・・・・でいたかったのですが(笑)
現実はそうはいかず・・・。
今日はとくに重要な仕事案件が多い一日となりました。

現在23時10分。
今帰宅です(苦笑)。
ことし一年を象徴する始まりかもしれませんねー
がんばらなくては!

さて、とは言いつつも、
今日は何人ものかたたちから
「誕生日おめでとー」
と電話をいただいたり、メールをいただいたりしました。

これっ、すごくうれしいのです!!
ほんとにひとことだけのことだけれども、
心が伝わってきて、ほんとうにうれしい!
今日、”心”をくださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。
そのひとことで、元気も勇気もぬくもりも、
ものすごくたくさんいただきました!
これが、がんばれるチカラになります!!

机の上にも、こどもたちの手書きの絵が置いてありました。
こころ、伝わってきますね。
ここでも勇気と元気をもらいました!
ありがと。

みなさんも、まわりのひとたちの誕生日忘れないでくださいね。
たったひとことでいいから、こころをこめて「おめでと!」
と、伝えてあげてください。
きっと、思っている以上のぬくもりが伝わってゆくはずです。


追伸
・・・とくに大切なひとには忘れずに。しかもその日のうちに!
万が一忘れたり、”催促状”を受けたら、よーく謝って、
こころをこめて「おめでとう」と伝えなきゃだめですよ。
大切なひとに忘れられると、勇気も元気も半減どころか
なくなっちゃいますので、くれぐれも忘れちゃだめですよー(笑)
奥さま、旦那さま、お子さん、おとうさん、おかあさん、などなど、
この際ちゃんとお誕生日をチェックしておくことをオススメします(笑)

世界中で毎日が誰かの誕生日です。
”毎日がぬくもりにあふれますように。”





この記事をはてなブックマークに追加

新米

2010年10月14日 | Weblog
今日も県庁でバタバタと仕事に追われ、
お昼に食堂にゆく時間がなかったので売店でお弁当を購入。
(県庁の地下には天神屋さんのが食堂の外にお昼時だけ出店してくれるのです)

すると「新米」表示のお弁当を発見!
さっそく購入。今年のお米”初物”です。

もちもちしていておいしいお米でした!
産地までは表示してませんでしたが、きっと県内産にちがいない!

今年はいつまでも夏日が続き、今日も暑かったので
なかなか「秋」という気分になりきれませんが、
田んぼはすっかり黄金色です。
今年もこうしておいしいお米を食べられることに感謝です。

このお米をはじめとする、
日本一の農林水産物生産数を誇る静岡県の秋の実りを
みなさんもぜひご堪能くださいね!
静岡県の豊かさをあらためてご実感いただけるはずです。
こころから秋の実りに感謝です!

この記事をはてなブックマークに追加

12月質問準備開始

2010年10月13日 | Weblog
12月議会で本会議一般質問をすることが決まっています。
さっそく準備にかかっています。

まだ9月議会が閉じたところですが、10月後半から11月にかけては
秋の各種行事を多く、政務では、政府の5兆円超の補正予算と
平成23年度予算対応を政調副会長としてしっかり取り組まねばならず、
静岡・東京に何度もいかなければならないことが予測されます。
また、来年の選挙までの組み立ても考えると、この秋は大忙しです。

私の、一般質問のスタイルは、
前回の本会議質問後取り組んできた課題の発展タイプ、
また新たに発生した(というより発見した、ですね)
重要課題を蓄積してきているので、これを担当部局と議論したり
現地調査や、国内外の事例調査研究を重ねて、絞り込んでゆきます。
”熟成された”良い質問をするためには、当然必要な作業ですが、
これ時間と手間がかかります。
ゆえに、今から作業開始しないと間に合わないのです。

今回は現状で20程度の課題を持っていますが、
とりあえずその半数くらいについてのディスカッションと
調査研究、取捨選択にかかりました。
ちょっと羅列させていただきますので、
このブログをご覧いただいているみなさまで、
ご意見やアイディア、好事例をご存知のかたがいらっしゃいましたら
ぜひご一報ください。私自身も結構練り込んであるので
もしかしたら濃密で生産的な議論ができるかもしれませんねー
楽しみにしています!

・高齢者のデジタルデバイト(情報格差)問題
・遠州灘の護岸整備に鹿島(茨城県)方式の導入提案
・臨時職員および非正規職員の配置について
・文化芸術大学と県立高校の関係強化策
・ふじのくに「地域外交部」設置について
・天浜線の文化財指定実現に係る振興策
・「ニューヨークレストランウィークINふじのくに」提案
・県立各大学における難民学生の受け入れ制度について
・水ビジネスについて
・モンゴルとの関係強化
・森林公園内の周遊歩道の整備
・ふじのくに集成館事業の提案
・落葉果樹研究の浜松フルーツパークとの協働について
・都市計画法、農地法、農振法改正への地方からの提案
・年金制度および関連税制に対する地方からの提案

などなどです。
表題だけではわからないものが多いと思いますが、
折々解説してゆきたいと思っています。




  


この記事をはてなブックマークに追加