民主党代表選挙

2010年08月31日 | Weblog
今日、正式に小沢一郎前幹事長が出馬表明をして、
民主党の代表選挙が行われることが確定しました。

・・・・
本音は、「国難とも言えるこの時期に・・・」
というウンザリ感でいっぱいです。
これは、なにも私だけでなく多くの同僚地方議員、
そして国民の本音だと体感しています。

しかしながら代表選挙になってしまった以上、
現実は現実として受け入れ、民主党員である以上選択をせねばなりません。

奇しくも、本日サッカー日本代表監督に就任した
アルベルト・ザッケローニ監督が記者会見で、
『日本は対戦相手に適応して、カメレオンのようなチームにならなければならない』
と発言している報道を見かけました。
まさに、今、日本政治に問われていることはこれではないでしょうか。
政党の論理、永田町の論理に囚われているのではなく、
世界の中の日本をどのようにコーデネートするか、
疲弊した日本経済、地方の未来図をどのように描くか、
それらが理解でき、実践を出来ない限り、この動きの早い世界のなかで
日本が成長すること、生き残ることはできません。
「日本をどうするのか」それがなにより大切です。
今、それが日本のリーダーには求められていると痛感しています。

現在の国難に際しては、民主党も自民党の党利党略、政治家のプライド、
ひと握りの圧力団体や経済界なんてことは関係ありません。
”この国の将来をどうするか”。
その一点に尽きると私は考えています。
そのためには、出来うる限りの可能性に賭け、
出来うる限りの挑戦を自らが先頭に立って汗をかき、
叩きのめされても叩きのめされても、日本の将来のためには立ち上がり続ける。
そんな迫力ある政治こそ、今必要とされていると感じています。

まずは、ふたりがどんな言葉を発するか。
みなさん、ぜひそれを注視してください。
言葉には”言霊”がこもっていることと、こもっていないことがあります。
ぜひ、それを見極めていただきたいと思っています。

・・・あらかじめお断り申し上げておきますが、
二人ともダメということもありうると思っています。
これは冷静にそう思います。
そんなことがないことを切に祈りながら、明日以降の二人の発言を
聞いてゆきたいと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

夏がゆく

2010年08月30日 | Weblog
いよいよあと2日で8月も終わります。

なぜか、”夏がゆく”のはもの悲しいと感じるのは私だけでしょうか。

今年は、本当に暑い夏でした。
でも、コレ単なる異常気象でなく、地球が周期的にも人工的要因によっても
温暖化している証拠であって、今後100年今年が一番暑かった、
というわけではないと思っています。
そういった意味では、9月からは区分的に「秋」という常識も
考え直さなければならなくなるかもしれません。

でも、やはりこの”夏がゆく”という季節感は
日本人の情緒であり、日本という国の情感でもあると思いますので、
大切にしてゆきたいと、私は感じています。

みなさまも、どうか”ゆく夏”を惜しみつつ
日本らしさを感じてくださいね。

この記事をはてなブックマークに追加

曲がったキュウリとまっすぐのキュウリ

2010年08月24日 | Weblog
8月度あべたく政治塾開催。
今回は、浜松地域の経済状況ということで、
高校の先輩でもある銀行の支店長さんに講師をお願いしました。
(先輩、ありがとうございました!)

経済のことは、参加者全員が生活のなかで何らかのカタチで
接しているだけに、講演終了後の議論はさまざまに白熱し、
今回も面白い勉強会となりました。
議論の内容をひとつひとつ取り上げるとキリがないので、
ひとつだけご紹介しときます。

「曲がったキュウリが自然のままでおいしい」
という論に、専業農家のメンバーが反論。
「まっすぐなキュウリがおいしいんです!」と。

彼の農業論は、さすがに農業の生産現場に現役としているだけに
いつも非常に勉強になります。しかも、サラリーマン生活からの
転職(家業を継承)だけに、数値やマネジメントの切り口からの
農業の姿は斬新かつ、わかりやすいのです。

で、なぜ「まっすぐなキュウリがおいしい」のかですが、
曲がったキュウリの曲がった部分は、栄養の偏りがあり
カーブの内側はおいしくない。
ゆえに、栄養が偏りなくすべておいしく食べられるように
キュウリをまっすぐにするんだ、とのこと。
これは、見た目だけでなくキュウリを本当においしく食べてもらうための
技術の結晶なんだ、とのこと。

農業とは、実は”高度なものづくり”なのですね。

この記事をはてなブックマークに追加

和歌山視察報告

2010年08月20日 | Weblog
和歌山県の過疎対策施策の視察と和歌山電鉄視察のご報告です。

今年私は県議会の過疎対策特別委員会の委員ですが、
過疎というのは、時代の流れのなかで生じてきた現象でもあるので、
これに逆行するのはなかなか大変なことであることはご承知のとおりです。
でも、過疎地域に住んでいただいているということは
実は有形無形の功績がたくさんあるのです。
だからこそなんとかしなければならない。
ゆえに知恵を絞る、それが責務です。
そこで、特別委員会の視察とは別に
(特別委員会としては9月に鹿児島に行きます)
過疎施策先進県でもある和歌山県に和歌山電鉄の視察と兼ねて
勉強にいってきました。
・・個人的には、モンゴルが急遽入ったので
かなりキツイことになりましたが(苦笑)

さて本題です。
和歌山県の過疎施策は、以下の2本柱です。
①わかやま版過疎集落支援総合対策
②わかやま版田舎暮らし支援事業

①は、過疎集落のいくつかを束ねて、昭和の大合併前の集落や
旧中学校区ごとに「生活圏」として位置づけ、その「生活圏」ごとに
「寄合会」を設置し、生活者である居住者自身の代表に行政も入って
知恵を出し合い議論をする場を作ります。
これで、「行政まかせ」「カタチどおりの施策」からの脱却と
「生活者自身の自主性」を引き出すことが狙いです。
この8月からスタートしたばかりですが、結局”場の力”がなければ
過疎の問題というのは好転しないわけで、これは施策として
ひとつの答えだと、事前調査したときから思っていましたが
実際担当者と議論してみて、やはりそうだと私は感じています。
今後もウォッチを続けさせていただきたいと思っています。

②ですが、こちらも和歌山は先進県です。
平成18年からの5年間の実績で150世帯294人の移住を成立させている
施策を詳しく勉強してきました。
体験のための短期滞在施設が8市町で24世帯分も用意されており、
若い世帯が移住のために大きなハードルとなる仕事についても
研修制度や雇用促進施策なども工夫されており、とても参考になりました。

これらをもう少し研究して、静岡県型にできるよう特別委員会でも
濃密な議論をしてゆきたいと思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

帰静報告

2010年08月19日 | Weblog
モンゴル出張および、そのまま和歌山に飛んだ
天竜浜名湖鉄道利活用推進議連の和歌山鉄道視察から戻りました。

双方とも、内容の濃い出張になりました。
とくにモンゴルは、大統領顧問(大統領は持病の検査入院中)
道路・建設・運輸・都市計画大臣、開発発展庁長官、教育副大臣、
MIATモンゴル航空CEO、副社長、マーケティング担当部長、
ドルノゴビ県知事、政権与党民主党次期党首の呼び声が高い有力議員、
在モンゴル全権大使らとの会談、夕食会などなど濃密な日程となり、
しかも予想以上の成果があがった訪問となりました。
詳しい内容については、火曜日に知事の公式会見で発表されると
思いますが、現在事務方で内容詳細の詰めをおこなっています。
ぜひ楽しみにしていてください。




この記事をはてなブックマークに追加

モンゴル出張

2010年08月13日 | Weblog
8月14日~18日まで、川勝知事の随行でモンゴルを訪問してきます。
JCI(国際青年会議所)を通じて知り合ったモンゴルの若手経済人が
モンゴル政府の要職に就き、大統領府や大臣や各級要人との面談を
セッティングしてくれたこともあり、急遽私までモンゴルを訪問する
こととなりました。
 急なことで、地元日程の調整と仕事の調整で直前まで四苦八苦していますが、
知事の言う「世界のなかの静岡県」という視点での、”ふじのくに”の
未来を拓くお手伝いができるかもしれませんので、しっかり務めてきたいと
思っています。

また、帰国後ご報告したいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

妖怪いそがし

2010年08月10日 | Weblog
NHKの朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」が人気だそうで、
私もたまに遅がけの朝とか、昼の再放送とか見かけますが
今週は「妖怪いそがし」というタイトルだそうで、
娘に『パパも気をつけたほうがいいよー。背中にいるよー』と
言われてしまいました・・・苦笑。

このところ、急なモンゴル出張が決まったり、
仕事が増える一方で、うまくいかないこともあったり、
気にしなきゃいけないことばかりで、”追われている”日々でした。
要するに”楽しめていない”かんじです。

政治の仕事は大好きなのですが、
立ち止まって自分を見つめる時間もないと、
この”追われてる感”になってしまうのでしょうね。
自分らしさが失われていたりすることは良くないことで、
ミスがでやすかったり、「良い仕事」ができなかったり、
一番大切な「人間らしさ」や「生活感」、そして「心」が
失われてしまうようでは最悪です。

ちょうど出張もはいりますので、ちょっとバランスを取り戻して
「妖怪いそがし」にとりつかれないようにしたいと思います(笑)

みなさんもどうぞ気をつけてくださいね!


この記事をはてなブックマークに追加

甲子園

2010年08月06日 | Weblog
はじまりましたねー 甲子園!

ゆっくり観戦したいですが、当然ながら夢のまた夢です。
でも、車での移動中にラジオを聴くだけでもワクワクします。

本当は、夜の「熱闘甲子園」は、せめてゆっくり観たいのですが
今年の夏はとてもそんなぜいたくもできそうにありません・・・

球児たちの健闘を祈ります!

この記事をはてなブックマークに追加

街頭演説

2010年08月03日 | Weblog
参議院選挙と7月議会も終わりましたので、
朝の街頭演説を復活させました。
そうはいっても、県庁に行く日や出張、朝からの行事などがあると
街頭演説もできませんので、結局は週に1、2回となってしまいます。

でも、やはりさまざまなご反応をいただけるのは
本当にありがたいことで、私はやはり政治の原点のひとつだと感じています。
『歩く、話す、あべたく』というのが、
私のキャッチフレーズのひとつでもありますが、
政治の基本は「自分の足で現場に行って、目で見て、耳で聞く」
ということの応用形でもあります。

”夏の街頭は暑くて大変だろう”
と、ねぎらいの言葉を頂戴することもありますが、
一日の始まりをふるさとの街角からスタートできるということは
ある意味私にとっては”政治家冥利に尽きる、至上の幸せ”でもあります。
汗をかくことは大好きですし(笑)、夏は”私の季節”とも思っていますので(笑)
これからも街頭には立ち続けると思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

ただし、熱中症には気をつけてまいりますので、
みなさまも熱中症には十分気をつけていただいて、
なにとぞご自愛をほどを。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月!

2010年08月01日 | Weblog
あっという間に8月です。
いろいろなことにてんてこ舞い、時には振り回され、
忙殺された、猛烈に忙しい7月だった気がします・・・

今朝は、「浜北ラジオ体操のつどい」で気持ちよくスタートでした。
夏は何度も申し上げるように大得意ですが、
”夏の朝の気持ちよさ”は格別ですね。
気持ちよく8月のスタートです!

この記事をはてなブックマークに追加