日本代表ごくろうさまでした

2010年06月30日 | Weblog
8強をかけた、サッカーワールドカップ決勝リーグ1回戦
日本はパラグアイと延長戦までもつれ0-0の末のPK戦で破れました。
しかし、すばらしい試合でした。
日本代表に、こころからの敬意を表して
お疲れさまでしたと申し上げたいと思います。

「チーム力」というものの大きさ、すばらしさを本当に感じた日本チームでした。
本当にごくろうさまでした。
そして、感動をありがとう!

この記事をはてなブックマークに追加

指定管理者制度検証チーム設置

2010年06月28日 | Weblog
三ケ日青年の家の事故を受けて、先日お知らせしたとおり
静岡県議会会派「平成21(民主党系会派22名。うち民主党18名)」に
「指定管理者制度検証チーム」が設置されました。
(野沢義雄座長。政調正副および副幹事長3名の合計8名の構成)
わたしも、政調副会長として、事務局長的なポジションでの参画です。
三ケ日青年の家の事故および指定管理体制についての検証も当然いたしますが、
その他の指定管理施設の現状およびありかたについての検証もいたします。

本日はその第一回の会議でしたが、会議に先駆けて
午前中行われた教育委員会の「事故調査委員会」も傍聴しました。
教育委員会とも連動して、全体状況を慎重かつ大局的に把握することに努め、
実のある議論と検証ができるよう務めてゆきたいと思います。

参議院選挙、6月議会と過密な日程をぬっての開催となりますが
精力的に取り組んでゆきたいと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

森林公園の可能性

2010年06月27日 | Weblog
この3年間、地元県立施設ということもあり
ライフワークのひとつでもある、県立森林公園の可能性を拓く
取り組みがはじまりました。

キーワードはあくまでも「自然」。
しかし、問題は別の角度にあります。
この「自然」の良さや醍醐味、奥深さを知る人たちには
もちろん今後も森林公園を楽しんでいただきたいのですが、
問題はここに来ないひとたち。
また「自然」のよさを知らないでいるひとたち。
そしてなによりも「自然」に触れ合う機会に
めぐり合えないでいるこどもたちに、
もっともっと森林公園に来てもらいたい、という取り組みです。

今までは、いわゆる「排他的」な部分があり
本来ならば、380万県民がさまざまな目的で
自然を満喫していただくべきなのに、
”自然が荒れるからできるだけこないで欲しい”
”公園内で走ると散策しているひとの迷惑”
などと、管理者の自己本位な思い込みがあったことは
誠に残念なことで、コレに対しては徹底的に正してゆくべく
毅然として取り組んできましたし、今後もこの信念を貫いてゆく所存です。

今日は、幼児から小学生低学年対象のネイチャーゲーム体験で
うちの子供たちも楽しんだ良い企画でありましたが、
こういう企画がもっと広く広報されないと、
森林公園の普遍性が高まらないと感じています。
少なくとももっとも森林公園に近い、地元の小学校や幼稚園では
広報がされておらず、あいかわらずの「自然に興味のある人だけ」
を対象にしているような排他性には疑問が残りますが、
公園利用についての意見聴取の第一弾をはじめるなど
新しい県の担当者のみなさんの柔軟かつ大局的な改善姿勢には
敬意と期待ともっています。

今後も自ら森林公園を感じながら、この取り組みを
続けてゆきたいと思っています。



この記事をはてなブックマークに追加

参議院選挙公示

2010年06月24日 | Weblog
さて参議院選挙が公示されました。

今回の選挙はひとことでいうと
「時計の針を戻すか否か」なのでしょうね。

民主党には、もたつき感やばたつきがあるのは事実ですが、
「日本の構造改革」を進めるためには、もうしばらく民主党政権を
信用していただくしかなく、ここで時計の針を戻したり
小政党の乱立で、これ以上の政治の混乱を招いてはいけないと
感じでいます。

民主党の私がいうのは、まことに手前味噌ですが
冷静に考えて、世界においてゆかれないためには
今の日本にはそうするしかないと感じています。
まずは、政治の安定を求めなければならないと痛感しています。

ただし、本来は「人物本位」で選んでいただくのが良いとは思っていますが。
国民はより賢くなった、と私は感じていますので、
私がこんなことをブログで書かなくてもすでに
”そんなこと、お見通しさ”と言われるかもしれません。

とにかく、この選挙戦、
よーく日本政治のありかた、および人物そのものを
しっかり吟味していただいて、選挙権をご行使いただきたいと思います。
投票日は7月11日です。

この記事をはてなブックマークに追加

県議会議員の本分

2010年06月23日 | Weblog
平成22年度最初の本格的な論戦となる
6月定例県議会が本日開会いたしました。
会期は7月27日までの35日間。
ただし、明日からは参議院選挙が入るために7月11日までは休会・・・
去年も知事選挙が入り同じ形で長期の休会がありましたが、
このカタチもなあ、慣例とはいえいかがなものか。
このあたりの議会改革をしたいですねえ。
そういえば、議会改革といえばもうひとつ。
静岡県議会では、年間の総質問時間が決まっていて、
それがまず各会派の各議会ごとの代表質問に割り振られ、
残った時間を最大会派から順にドント方式かな(?)
・・とにかく割り振りします。
すると、困ったことに74人の議員全員が1年に1度の質問機会が
ないのです!つまり質問の総時間が足りないのです。

今議会からまたひとつ4人の新会派ができて、
質問時間の配分がかわりました。
わが会派平成21は、年間で2人の質問機会が奪われました。
私は幸いにして質問機会を与えていただくことができましたが、
(でも3年連続の2月議会です。これも不条理ですよね・・・)
コレおかしいですよね。
しかも、4人の会派は、毎議会代表質問があり、質問機会が補償されます。
しかも質問時間は45分!一般質問は25分なので、不公平です。
小さい会派ほど質問機会が補償され、大会派ほど
議員の使命たる質問機会を奪われる。
これ絶対おかしい!

毎年何度も食って掛かっていますが、
今期(つまり来年までの4年間)は変更できないとのこと。
これ、絶対来年再選させていだだいて、この不条理を改正してやる!
と、あらためて気合がはいった今日の開会日でした。


まあ、現実は受け入れなくてはなりませんので、
この休会期間は、もちろん選挙のお手伝いもしますが、
時間を活かして、しっかりと今議会に提出されている議案調査、
そして主戦場である委員会での質問のブラッシングを
綿密にしておきたいと思います。
でないと、選んでいただいている静岡県民のみなさんに
申しわけないので。しっかり用意いたします!
それが、県議会議員の本分ですから。



この記事をはてなブックマークに追加

建設現場視察

2010年06月22日 | Weblog
本日、桜町県議とともに建設現場視察。
桜町議員の今年建設委員会副委員長。
なので、遠路ながら県西部地域の公共建設現場の現状の視察に
お誘いして、現場で仕事の内容や建設業界の現状についての
理解に努めました。

課題山積。議論百出。

このふたことに尽きる視察となりました。

この記事をはてなブックマークに追加

abetakuya.com ドメイン喪失のおわび

2010年06月20日 | Weblog
永らく、私のホームページアドレスとして使ってきました
「abetakuya.com」というドメインを、私の不注意で喪失してしまいました。
更新期限を失念し、他社にこのドメインを取得されてしまい、
現在は不動産情報等各種の情報掲示板になってしまっています。
多くのみなさまから「阿部卓也のホームページが開かない」と
ご指摘やお叱りをいただきましたこと、
この場をお借りいたしましてお詫び申し上げます。

今後は、http://www.abetakuya.jp が新しいドメインとして
6月27日より起動いたしますので、
なにとぞホームページアドレスの書き換えをお願い申し上げます。

今後もこのブログ「負袋録(ふたいろく)」を中心に情報発信を
続けてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。
また、今年度中にはツイッターの導入も検討しておりますので
そちらも導入の際はぜひご登録をお願い申し上げます。


この記事をはてなブックマークに追加

三ケ日青年の家の事故について

2010年06月19日 | Weblog
静岡県立三ケ日青年の家にて、海洋研修中の愛知県豊橋市の
章南中学校のみなさんが、荒天によるカッターボートの転覆事故に
あわれ、1名の女子中学生の尊い命が失われてしまいました。
こころよりご冥福をお祈りいたしたいと思います。
ご両親、ご親族のみなさまをはじめ関係されるみなさまの
ご心痛はいかばかりかと痛恨の思いでおります。
おなじ子を持つ親のひとりとしても、その悔しさ無念さに
本当に重い気持ちでこの事故を受け止めております。

三ケ日青年の家は「静岡県立」とあるとおり
静岡県教育委員会所管の施設でありますが、
実は昨年から指定管理者制度を導入し、
入札の結果東京の「小学館」が指定管理者となりました。
この件が議会に諮られたとき、
私は『浜名湖を知らない東京の業者で大丈夫か?』と疑問を呈しました。
そのときの答弁は『岡山県で同様の施設の指定管理の実績があり大丈夫』
との回答であり、その岡山県の資料を取り寄せるよう指示、確認し
とくに不備はなかったために、公正な入札結果にそれ以上異論を
はさむことはできず承認した経緯がありました。

この指定管理者制度ですが、静岡県をはじめ全国の市町村で
次々と導入されています。その業者選定の際には、
入札が行われることが多いと思いますが、
「とにかく安ければよい」という決め方に以前から疑問をもっていました。
大きな「行革」の流れのなかでまるで”錦の御旗”のように
何事も効率化、縮減ということが整然とおしすすめられることは、
営利ベースにのらないけれども必要なことだから税金を使って
サービスを提供するという「公共サービス」という観点からは
違和感を持っていました。
「安さ」を追求するあまり、安全性や信頼性、
そしてその施設のもつ使命、本分を果たすことが、
なおざりではなかったか。

今回の事故で失ってしまった尊い命に報いるためにも、
我々静岡県議会議員ができることは、三ケ日青年の家はもちろん、
県内の指定管理者のチェックと、制度そのもののありかたなどについて
もういちどキチンと精査してゆくことが急務と感じています。
先輩議員、同僚議員にも諮って早急な行動をおこさなければ
ならないと痛切に感じています。

あらためて、心からの哀悼の意を表し
ご冥福をお祈りいたしたいと思います。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

国会閉会

2010年06月16日 | Weblog
国会が閉会しました。
菅新総理は、かなり核心をついた所信表明と
その後の質疑がなされたり、提言があったと私は感じています。
なによりも「日本は追い込まれているんだ。国難に際しては
与野党問わず一致協力しよう」ということは真理だとおもうのですが、
野党やマスコミは、なにかと7月11日投票の参議院選挙対策だ、
とこじつけたがり、うんざりします。
何度も言いますが、政治は永田町だけではありません。
生活のなかにあります。
それをいいかげんにわかった欲しいと思うのは私だけではないはずです。

かといって、民主党の議員や今回の参議院の候補者だけが
それをよーく理解してるんだ、というわけではありません。
本当に信頼できる全国の仲間や先輩たちから聞こえてくるのは、
支持率の回復に安心感をもったり、選挙さえ勝てばいいなどという
甘い考えを捨てられない国会議員やスタッフがいるのは悲しい限り。
もっと真剣に政治に取り組んでくれよ、と思います。

ただ、国民は賢いので、そんなことにはだまされず、
きちんと人物本位で本物の政治家を選び抜いてくれる選挙に
今回の参議院選挙はなるんだと期待しています。

なお誤解のないように書いておきますが(笑)、
静岡県の藤本祐司参議院議員は、日本にとって本当に必要な政治家ですので
ご本人の人物をきちんと見極めたうえで私はしっかり応援してゆきますので、
何卒よろしくお願いいたします!
民主党だから、とかではなく「日本のために必要だから」です。
ここが大切だと思っています。
・・・本当は「民主党=すべて日本のために必要」
となることがベストですが(苦笑)


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

入梅

2010年06月14日 | Weblog
ついに梅雨入り。
個人的には一年で一番キライな季節です・・・

忙しい毎日ながらも、移動の天浜線の車窓などから
ほっと一息つきながら、好天のなか輝く緑の美しさや
解禁された鮎釣りの風景、田植えのための水を張った田面などを
楽しませてもらいましたが、しばらくは雨とのお付き合いです。

とはいっても、梅雨あってこその日本の季節感であり、
豊かな水に恵まれた国土をもたらしてくれるのも梅雨です。
農作物は梅雨がなければ枯れてしまいますし。
ありがたく入梅を受け入れなければなりませんね。
ただ、このところゲリラ豪雨など、集中的な雨の降り方を
したりしますので、その点は要注意です。
危険箇所のチェックは怠りなくしてゆきたいと思います。
また、みなさんも身近で危険を感じるところがあれば
ぜひ身近な役所や、もちろん私でも結構ですからご一報ください。
”防災はひとりひとりの心がけと行動から”ですので。

この記事をはてなブックマークに追加