ノルマ不達成のおわび。

2010年02月28日 | Weblog
申し訳ありません!
ブログ開設以来、ノルマとしていた
「2日に1回の更新、つまりひと月の半分はブログを更新する」
という(自分のなかでの)お約束を、久しぶりに破ってしまいました。

3月に本会議質問もあり、本当に追い込まれているとはいえ
お詫びします。3月以降は何とか時間と余裕をつくりたいと
思います。今日もほんとにお詫びだけですが・・・

この記事をはてなブックマークに追加

民主党静岡県連大会

2010年02月20日 | Weblog
民主党静岡県連大会が本日おこなわれました。
牧野聖修衆議院議員が県連会長に就任。
私は、政調副会長に新任。そして昨年からの青年局長再任、
あと、今年こそ本当に大仕事になる
地方自治体、地域、各種団体などの要望事項を一手に引き受ける
『地域主権タクスフォース』の西部ブロック長に再任されました。

民主党にとっては、今年は本当に大切な年です。
政権党としての運営や手腕の真価が問われますし、
新しい日本のカタチ、そして地方のカタチを
具体的に示しはじめなければなりません。

仕事がますます増えたかんじですが、
これもさまざまなみなさんのご推挙やお力があって
「やらせていただける」ことです。
精一杯、丁寧に、心を込めてしっかり務めてまいりたいと
思っておりますので、変わらぬご指導ご鞭撻を
お願い申し上げます。

この記事をはてなブックマークに追加

全国初!天浜線&肥薩おれんじ鉄道交流提携締結

2010年02月19日 | Weblog
昨日2月18日、天竜浜名湖鉄道と肥薩おれんじ鉄道で
(熊本県八代(やつしろ)~鹿児島県川内(せんだい))
全国初(おそらく)の友好交流提携が締結されました。
昨年設立した「静岡県議会天竜浜名湖鉄道利活用促進懇話会」
(会長 中谷多加二県議、事務局長 阿部卓也)も代表8名で
”立会人”として熊本、そして鹿児島へいってきました。

熊本県庁での締結式には、多くの報道陣がかけつけ
”全国初”の試みに興味津々。
その後の鹿児島県庁でも同様の扱い。
ニュースは全国へ発信され、少しは全国の第3セクター鉄道の
”元気の素”になれたのではと、うれしい限りでした。

その足で、肥薩おれんじ鉄道(116㌔)にも乗ってきましたが、
「九州ウエストコースト」と銘打つだけあって、
美しい九州西海岸を堪能できるポイントがいくつもあって、
感動しながらのってました。観光資源の豊富さ、沿線の温泉の多さ
などなど大変魅力がある鉄道です。
今後早急に相互の観光送客をもくろんでゆきますが、
いかにも楽しめそうなプランができあがりそうですので
乞うご期待!です。
もちろん、天浜線も負けてはいられません!
3月15日には、サポーターズクラブも設立されますし、
今後も会社・応援団一体になって盛り上げてゆきますので、
みなさま天浜線ぜひ乗ってみてくださいねー!

こうして地方同士がつながってゆく、
そんな時代がきています。
がんばってゆきたいと思います!

この記事をはてなブックマークに追加

ねごと

2010年02月16日 | Weblog
今週は家に帰れるのは今日だけです。
しかしながら、帰宅は19時半になってしまい、
またしてもこどもたちとの夕食の機会を逃しました・・・
次にこどもたちとの食事のチャンスがあるのは27日なのに・・・
でも、寝る前のこどもたちと少しだけ会話ができたのは束の間、
夕食は後回しでお世話になった先輩のお父様のお通夜へ。

・・・帰宅すると当然ながらふたりは夢の中。
「まあ、今日は久しぶりにしゃべれただけでも良しとしよう」
とひとりごちながら事務仕事をしていると、深夜
隣の部屋で寝ている4歳の娘から思わぬプレゼントが!
・・・『じゅげむじゅげむ、ごこうのすりきれ、
かいじゃりすいぎょのすいぎょうまちゅ、ふうらいまちゅ、
・・・うーん・・・ぽんぽこぴーのぽんぽこなーのちょうちゅけ!』
と、途中はごまかしたものの(笑)見事な(?)ねごと!
思わず、しばらくのあいだ真夜中にひとりで笑ってしまいました。

”こどものかわいい時は短い時間だから仕事ばかりしてないで大切にしなさい”
と、多くのかたがたにお叱りをいただきます。
うーんそのとおりだなあ、と実感しつつ
仕事に追われる毎日が続きます。
ホント、”父親時間”ももっとつくらないといけませんね。
でないと、「子育ては親あってこそ」なんてエラそうはいえませんねえ(苦笑)


この記事をはてなブックマークに追加

外国人参政権について

2010年02月13日 | Weblog
今国会で「永住外国人地方参政権付与」についての法案が
提出されていますので、すこし私見を述べておきます。

この法案は、概略を説明すると
「永住外国人」「特別永住外国人(在日韓国人、朝鮮人・台湾人)」に、
地方参政権を付与しようというものであります。
現在、世界で外国人に参政権を付与している国は多数派ではなく、
全体で参政権付与のレベルの差はありますが40カ国ほど。
多くはEU加盟国です。
EUが多いのは理由が明確であり「相互関係」があるから。

日本の「外国人参政権問題」は、朝鮮半島との関係の歴史に
つながることであることはまちがいなく、実は日本人にとっては、
ここはしっかり歴史を紐解いて学びなおす必要があるところなのです。

いまのマスコミの報道は、どうもこのあたりの大切なところの
説明とそれぞれの考えをしっかりできるだけの情報開示ができてない
ように感じます。
『民主党だから賛成だ』とか『民主党のくせに反対するな』とか、
『自民党だから反対だ』などというような短絡的な報道が多く、
「うーん」と考え込んでしまいます。
本当は、かなりの議論が国会でも地方でもあってしかるべき
問題なのです。これは。
賛成を唱える人たちの、成立後の国際関係のなかでの
「連立方程式」やその他の正当性を聞きたいし、
反対を唱える人たちの、理屈もわかるだけに、
(つまりはすでに地方参政権を在韓日本人永住者に与えている韓国で
対象となるのはせいぜい100人。対して日本の在日韓国人は数十万人。
これではおかしい。しかも2012年から在日韓国人には韓国の国政選挙権が
与えられることが決まっていて、国会は韓国、地方は日本というように
おかしなかたちになる。)
いまこそ”議論”が必要です。

自民党の政局利用の「地方から反対意見書をだせ」キャンペーンも
いかがなものかと思いますが、
さて、静岡県はどうかというと
かつて「賛成意見書」をだしたとかで、及び腰のご様子。
・・・・

何事も議論は大切です。
また、ここに歴史認識問題や国際情勢、日本の今後のスタンスなどを
加味させれば、これは日本の未来を切り拓く議論になるはずなので。
繰り返しますが、ただ単に「地方参政権」を付与するかどうか、ではなく
世界の中での日本、アジアのなかでの日本を考えるときであります。

この記事をはてなブックマークに追加

あべたく政治塾第2期スタート

2010年02月10日 | Weblog
「あべたく政治塾第2期」がスタートいたしました。
今年は20名の受講生でのスタートです。
ありがたいことに、第1期からの”居残り組(笑)”が半分。
新規組半分でのスタートとなりました。
今年の特徴は4名の女性の参加があり、
華やかなイメージもプラスされてのスタートとなりました。

第1回は、昨年の1期生が口をそろえて
『すごくインスパイアをいただいた』と大好評だった
㈱アルモニコス秋山雅弘社長に講師をお願いいたしました。
「基調講演」的に「次なる夢」をテーマにご講演をいただき、
その後質疑および自由討論。
ルーキーズからも積極的な発言があり、
昨年よりパワーアップしてる感じです。
楽しみな一年になりそうです。

この会は、「私、阿部卓也が教える」というおこがましいものではなく、
「私もともに勉強させてもらいながら、各方面からご参加いただいている
みなさんの視点や経験を踏まえた、お考えや意見をお聞きし、
議論をしてゆく、そうして一緒に成長してゆきたい」という勉強会です。
そういった意味でも、今年も28歳から84歳まで多士済々が、
繰り広げるであろう、2ヶ月に一度の創造的な時間を
楽しませていただきたいと思っています。
また、私自身としたら
「血の通った、生活感のある生きた政治」をしてゆくための、
大きな糧にさせていただこうと思っています。

最後になりましたが、
ご多忙の中、快くご講演をお引き受けいただきました
秋山社長にこの場をお借りして御礼を申し上げます。

この記事をはてなブックマークに追加

絆をさらに強く

2010年02月09日 | Weblog
本日、県議会会派『平成21』の同僚議員5名の
民主党入党が発表されました。
佐野愛子議員(藤枝市選出2期)
池谷晴一議員(御殿場市選出2期)
高田泰久議員(長泉町選出2期)
大塚善弘議員(焼津市選出1期)
戸塚久美子議員(掛川市選出1期)

いずれも人格能力ともにすばらしいみなさんで、
なんかいちいち面倒だった政党所属のカベがこれでなくなり、
より絆を深めて静岡県のために働いてゆけると感じています。

5人の新たな仲間とともに、”地域主権”の実現を
力強く、手繰り寄せていきます。 

この記事をはてなブックマークに追加

JALの提携再検討について思うこと

2010年02月07日 | Weblog
JALのトップに就任された稲盛氏が
「デルタとの提携白紙として再度さまざまな角度から検討をする」
と表明されたとの報道がありました。
この「提携」について、ひとつ、ずっとひっかかっていたことがあります。
「デルタ航空」と「アメリカン航空」
これ両方ともアメリカのキャリア(航空会社)です。
かなり疑心暗議なのかもしれませんが、
アメリカという国の経済への取り組みかた、考え方からすると、
「裏でハゲタカファンドなどが動いて、両社が繋がっていて
さまざまな揺さぶり、誘惑、トラップなどを織り交ぜながら、
どちらが(JAL)を取ってもアメリカの利益にする」
なんてことは十分にありうることだと、
”今までのアメリカ”からすると考えられなくもありません。
先日、知人とこの話題になり同じ事を考えていることがわかりました。
「アメリカはしたたかだ」
という認識を共有したところです。

JALに限らず、日本は、この先の国の切り盛りをしてゆく上で
本当に厳しい局面が続きます。
経済界と政官が一体となって、この局面を切り拓いてゆく
体制づくりが進むことを望んでいますし、取り組めることは
自分なりに取り組んでゆきたいと思います。

まずは、稲盛さんがどういう”検討”をなされるのか注目したいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

千葉ロッテマリーンズ2010

2010年02月06日 | Weblog
2月1日。プロ野球キャンプイン。
千葉ロッテマリーンズの2010年もスタートしています。

今年は西村新監督の下で、コーチ陣も生え抜きではなく、
ロッテOBでない一流コーチを迎え、
(西本聖投手コーチ、金森栄二打撃コーチなど)
新しい刺激と能力あふれる若手の底上げを引き出すべく
猛練習の日々が続いています。

いやー、楽しみです!
ものごころついて以来、ずーっとロッテファンであるだけに、
2005年の日本一はものすごい感動でしたが、
今年はその再現が十分に期待できる予感がします。
補強も、大リーグから復帰の薮田や阪神の今岡などのベテラン、
横浜からトレードでとった那須野、斉藤やソフトバンクの的場などなど
潜在能力が引き出されていない可能性あふれる中堅、
もともと原石がいっぱいだった若手投手陣にも先発ワクでのチャンスが
めぐってきていて、一昨年昨年のドラフト1位コンビ服部、木村などが
しのぎを削っています。
また、ルーキーも即戦力そろいで、ドラフト1位の荻野、4位の清田は
走攻守そろった外野手として超一級品と感じています。
荻野の足と小技、清田の打撃と”レーザービーム”楽しみです。
外国人も韓国代表の4番金が加入しましたが、ここまでの報道では
かなり期待できそうです。
やはり今年はいける!!

忙しい毎日ですが、
ロッテのニュースには心はずむひとときです(笑)
・・・仕事はしっかりやりますのでご心配なく。
わたしにとっては、千葉ロッテマリーンズは
強烈なストレス解消ですので(笑)

この記事をはてなブックマークに追加