夏がゆく

2009年08月31日 | Weblog
夏がゆく・・・

今年の夏は選挙、選挙、また選挙でした。
新知事を誕生させることができ、そして念願の政権交代を為すことが
できた喜びと、「こどもたちにすまないことをした・・」と
いう思いが交錯します。
でもこれは、いたしかたないことです。

つくれなかった夏休みのかわりにはならないとは思いますが、
これからはほんの少しの時間でもこどもたちを直視し、
いっしょにいる時間をつくりだすことに心がけようと思う夏の終わりです。
・・・9月も即議会がはじまります。やりたいことやらなきゃいけないこと
実はいっぱいあるのです。
が、でもまず父親であること、コレしっかりできないと
「教育を良くする!」なんて、エラそうなこと言えませんからね。

逡巡する夏の終わりでもあります・・・


この記事をはてなブックマークに追加

政権交代!

2009年08月30日 | Weblog
本日投開票の第45回衆議院議員選挙において
民主党が単独過半数を大きく上回り、さらに改選前の自民党議席をも
上回る300議席超の議席を得て、政権交代が実現する運びとなりました。
ご支持をいただいた国民のみなさまに、心よりの御礼を申し上げます。
また民主党の一員として、責任の重さをあらためて感じております。

しかしながら、すべてはここからがスタート。
川勝知事のように、しっかりとしかもスピーディに約束を果たしてゆく。
それが民主党に求められています。
地方の現場の実行力も問われます。
しっかりと責務をはたしてゆく所存でありますので、
今後ともご指導ご鞭撻をお願いします。

さて、静岡7区。
少々キツイ表現ですが、はっきり言って”惨敗”しました。
議席を比例復活で得ることはできたものの、
得票数は前回の私の票をわずか1000余上回っただけ。
今回投票率は上がり、総得票数は増えていますので、
純粋比較したら逆に減っているという驚愕の事態となってしまいました。
当然惜敗率もまさかの大幅ダウンです。
この順風下でのこの結果は、猛省すべきであり、
事務所、選対本部一同大変恐縮いたしております。
候補者・・・もとい。”新代議士”ともども
しっかりと原因究明をして、対応策を早急に処してゆく所存です。
あらためまして、ご支援ご鞭撻をいただいたみなさまに
御礼とお詫びを申し上げます。


この記事をはてなブックマークに追加

ひしひしと。

2009年08月28日 | Weblog
総選挙も最終盤。
応援の街宣車に乗ると沿道からすれ違う車から
”ひしひしと”感じるものがあります。
それは「期待」です。
「民主党よなんとかしてくれ」という悲鳴にも似た期待。
そして「とにかく一度政権交代を」という期待。
この「期待」には勝とうが負けようが、
しっかりとお応えしなければなりません。
これが有権者のみなさまのハッキリした「意志」なのですから。
私も民主党の一員として、静岡県連青年局長として責任の重さを
どっしりと感じる毎日です。

さて、それとは別の思いも実は感じています。

・・・なるほど。
4年前はこういうかんじだったのか、と。

4年前の衆議院選挙、私が候補者として訴えてきたことは
今回の重要な争点である「税金の使い道を正す」こと。
そして、「年金・医療・介護」の社会保障をしっかり構築し直すこと。
さらには、農地法、農振法、都市計画法などの権益争いで、
地権者や農業者の思いをまったく無視した「日本の土地政策の見直し」。
他にも「教育」「産業」などなど、今回の重要な争点は
今振り返るとほとんど訴えていたのです。
しかし、前回は「なぜ?」というくらい反応がなかった。
”目に見えない大きな流れ”があって、それにとにかく翻弄された、
そんな感じの前回の総選挙でした。

しかるに今回、「これはたまらないだろうな」とかんじています。
いくら正しいコトを訴えても、正義であっても、
通用しないこと、通用しない時って、あります。
その両方を今経験させていただいているように感じるこの選挙戦です。

大切なのは、どんな時でも、どんな立場であっても
しっかりと自分がすべきことをすること。
時に窮地に陥っても、時に上げ潮に乗ることができたとしても、
とにかくおちついて自分の使命を果たすこと。
まずは使命感と行動力と情熱と精神力。
それが政治家が政治家であるべき基本中の基本だと思っています。
また、その志は政治家としてバッチがあろうがなかろうが
実践できねばならないはずです。
有権者のみなさんは”その人間としての資質”も
しっかりと見極めようとされている。と、
それも”ひしひしと”感じています。

選挙の結果がどうあれ、すべきことをキチンとする。
それが、今回国民のみなさまに信を問うている候補者の役目だと。
結果はどうあれ、裏切らないで下さいね。
各候補者どの。

この記事をはてなブックマークに追加

新経済モデルを考えよう

2009年08月26日 | Weblog
選挙戦も終盤戦に入りました。
さて、そろそろ冷静に日本の国の行く末を決める
政策をキチンと見てゆかねばなりません。
私は民主党所属議員ではあるのですが、
ちょっと冷静に公平にゆきたいと思います。

さて、自民党は「成長戦略が大事」と言い、
民主党は「まずはムダの見直し」と言っています。
これ、双方正しいと私は思っています。
でも、これってそれぞれ並行して取り組んでゆかないと
日本再生はもはや間に合いません。

でも選挙ですから、”では、どちらが良いの?”という問いには、
やはり「業績評価」しかないのでしょうね。
この4年間がよかったなあ、と思う方は現政権を評価すれば良いし、
評価できない!というかたは、新しい選択肢を選ぶ。
これが健全な姿だと私は思います。

で、選挙のことはこのくらいにして、
今後の国づくりの柱は「内需拡大」「セイフティネットの構築」
だと私は思っています。

まず”経済をどうするか”ですが、
「輸出主導型の経済モデル」の見直しは急務です。
これは、グローバル化と言われ、世界全体が近くなり
製造業のひとつひとつの部品が世界で分業化され、
在庫管理が進み限りなく在庫ゼロになる経済モデルが
最上のカタチであったことへの歪が生じはじめたことで
世界の経済に急ブレーキがかかったことが今回の「世界同時不況」
の要因のひとつと私は思っています。
ここに至る原因はいくつもあるのでしょうが、
「原油高騰による輸送コストの増大」「労働コストの上昇」
「環境問題」「中国製品に見られるような製品の信用性の低下」
などにより、「世界の反対側との貿易」みたいな
遠距離流通に無理をきたしたことが、「輸出主導型経済成長モデル」の
成長が終わったことを表していると感じています。

で、クローズアップされているのが
「内需の拡大」です。
”遠くがダメなら近くで勝負。”
正しい素直な発想だと思います。
でも、大切なのはこの「新経済発展モデル」をどう組み立てるかです。

このときに同時並行して整備が必要なのが「セイフティネット」です。
最低限の社会保障や生活保障、子どもが学ぶ為の保証、
また、「お年寄りが安心して暮らせる」とよく言いますが、
私はあえて「安心してお年寄りになれる保障」としたいと思います。
セイフティネットがあってこそ、新しい経済をつくる挑戦ができる、
新しい投資ができる、技術開発ができる、という好循環がはじまると
私は考えています。

この2本柱をしっかり組み立ててこそ
「日本の再生」につながるのではないでしょうか。

さあ、この議論は大切です。
わたしもいろいろ考えていますし、さまざまなひとたちが
さまざまなレベルで考え議論を始めています。
みなさんもぜひこの議論にはいってください。
また、この日曜日の”選択”では、こういう議論がしっかりできる、
なおかつ生活の現場や弱者の苦しみを知る人間を、
議員に選ばなければなりませんね。
・・・やはり選挙に戻ってしまいました(苦笑)。

まずは、静岡県でできること。
それに取り組むのが私のしごとです。
「池に石を投げる」
今はそんなことが大切なときなのです。
恐れず行動あるのみです!
しっかり石を投げたいと思います。

当然”ひとつきりで終わらず、いくつも投げる”所存です(笑)


この記事をはてなブックマークに追加

熱闘甲子園 2009年夏。

2009年08月24日 | Weblog
本日、全国4041校の頂点を決める甲子園決勝。

「甲子園」
私にとってこの響きは永遠のあこがれ。
そして熱い思いとあきらめないこと、そして全力を出し切ることの
すがすがしさを教えてもらった原点かもしれません。

小学校2年生のとき、父に連れられてはじめて甲子園に行った。
春のセンバツ大会。浜松商業高校の1回戦だった。
この年浜商は優勝する。
”あのマウンドに立ちたい”
・・・その夢は夢に終わったが、
甲子園へのあこがれと学び、そして感動は毎年毎年変わらない。

夏の甲子園は「熱闘甲子園」という深夜の番組によって
すべての試合のトピックスとそれぞれのチームの絆や魂を
垣間見ることができます。大好きな夏の楽しみでもあります。
さて、今年の甲子園は本当に感動的な試合や魂のこもった試合が
とくに多かった気がします。
そして今日の決勝戦。
古豪中京大中京高校対新潟県勢初の決勝進出の日本文理高校。
接戦のゲームも全試合一人で投げぬいた日本文理のエース伊藤君の
疲れにたたみかけた中京がリードのまま最終回。
そして・・・
6点差。9回裏2死ランナーなし。
ここから「あきらめない!」魂の戦いが始まりました。
なんと5点を奪い、なおも同点のランナーは3塁。
快音。
しかし、打球は三塁手の正面へのすばらしいライナー。
試合終了。

ああ、あそこに、「甲子園」にいたかった!
と、思うすばらしい試合でした。

この球史に残る決勝戦は、帰宅した私にいきなり
野球がそんなに好きではない妻でさえ興奮気味に「感動した」と言い、
テレビ観戦していた長男は「両校優勝だね」と妻に語りかけたそうです。
野球の、とくに高校野球のすばらしさはやはりここにありますね。

「甲子園」。
ここは、感動の器。学びの器。
人間が信じられないチカラ、目に見えないチカラを発揮する、
友情や努力、不屈の闘志、こころ、すべての可能性の結晶。
4041校の高校球児の魂が集まり、それらを最大限引き出す聖地。

2009年の夏甲子園よ、ありがとう。
高校野球よ、甲子園よ、永遠に!


この記事をはてなブックマークに追加

選挙も新型インフルも甘くない!

2009年08月23日 | Weblog
総選挙もあと1週間となりました。
マスコミ各社の世論調査では軒並み民主党は好調です。

コレ、私は冷ややかにみています。
”選挙はこんなに甘くない”
選挙はよく2日でひっくり返ると言われます。
”緩んだほうが負け”・・・これが鉄則です。
これを理解できない候補者および陣営は、
有権者のみなさまの大切な生活や将来を担う資格を
得るべきでないと私は思います。
最後の最後まで、死に物狂いで、使命感を訴え、
責任感と行動力を示し、有権者のみなさまに
期待を抱いていただいて、ようやくご負託を
いただけることこそが、短い選挙を通じての”選択”です。
一週間前の今、ふんわりとした期待を抱いていただいている状況で、
いくら好調な評価をいただいているとしても、
この最後の一週間で真剣さが伝わらない限り選んでいただけません。
候補者はここまで積み上げてきたすべてを、
この1週間にぶつける、出し切ることです。
もしそれがでてこない、伝わらないということであれば、
それは今までの積み上げや基本的な資質が不足しているということです。

全国の民主党の候補者は、そんな気持ちで最後の一週間を
戦ってもらいたいと心から感じています。
絶対このままうまくいくと思っていたら大間違いだ!


そして、新型インフルエンザ。
この1週間で全国で急速な広がりを見せています。
来週からは学校で新学期が始まれば、これは爆発的な流行になることが
確実に予想されます。
その対策はどうか。
政府は「ワクチンの緊急輸入」を発表しました。
しかし、これは「富める国」のおごりでもある。
国内でワクチン生産ができるのに、より医療体制が整っていない
発展途上国に行くべきワクチンを奪うことになるやもしれない。
また、輸入に頼って計画するといつ何時輸入ができなくなるかも
わからない。本来であれば国内の生産体制を今のうちに強化する
体制づくりに着手するべきなのではないだろうか。

”甘い”。
そう感じるのは私だけではないはずだ。
静岡県としてなにができるか、我々も即行動を短期と中長期スパン
それぞれで準備しなければ。
これは未知との戦いでもありますので、試行錯誤もあるでしょうが
とにかく行動をおこしてゆきたいと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

スズメバチ

2009年08月19日 | Weblog
今朝実家から戻ってきた家内と子どもたちが
玄関前の木立で大変なモノを見つけたと電話がありました。
なんと「こどもの頭くらいの大きさのスズメバチの巣」!

この3ヶ月ほど、選挙と議会に明け暮れ、
早朝に家を出て深夜に帰宅をすることが日常となっていることは
このブログをお読みいただいているみなさまはご承知のことでしょうが、
こどもが夏休みにはいって、「どーせパパは遊んでくれないから」
とこどもたちになかば”三行半”を突きつけられ妻の実家にたびたび
帰られてしまっており、我が家はまさに”原生林の中の廃屋”に近い
状態であっただけに、ハチたちの昼間の作業はまったく気づかなかった
わけで、電話で急いで駆けつけてビックリ!

結局「玄関前でかなり危険」ということで、
専門家のかたが緊急で即日対応してくださり、今夜の帰宅後
(23時すぎですが・・)にはハチとともにきれいさっぱり
なくなっていました。

なんでも、駆除作業はハチがすべて帰巣している夜間やることが
”一網打尽”にできるということで、今夜20時すぎに作業していただいた
そうで感謝感謝です。

最近はミツバチは不足しているのですが、逆にスズメバチは増えている様子。
みなさんもどうぞ気をつけてくださいね。







この記事をはてなブックマークに追加

衆議院選挙スタート

2009年08月18日 | Weblog
ほぼ4年ぶりの衆議院選挙がスタートしました。
選挙関連の記述については注意が必要になります。
法に従い更新をしてゆこうと思いますのでよろしくお願いします。

さて、実はたった今、
「4年前の候補者の観点からみた今回の衆議院選挙について」
という長文のブログをほぼ完成しかけたのですが、
キーの押し間違いでバックアップのないまま削除をしてしまう、
という大チョンボを犯してしまいました・・・・
”渾身の作”だっただけにけっこうショックです・・・

・・・気力喪失により、書き直しは後日としますね(泣)
すみません・・・・

とにかく、日本の将来を決める選挙です。
しっかり政策・人物・行動力などなど見極めてください!
ひとりでも多くのみなさまが参加していただいてこそ”まつりごと”です。
ぜひとも見て、聞いて、読んで、そして考え決断する12日間を
おすごしいただきますようお願い申し上げます。


この記事をはてなブックマークに追加

静岡県の災害対策を再考する

2009年08月16日 | Weblog
このところ、台風、地震と自然災害の恐ろしさをあらためて感じています。
台風が上陸していないのに、驚異的な集中豪雨で20名を越す死者が
でてしまった兵庫県佐用町の被災。そして、静岡地震。
ともに「想定外」の事実が発生しています。
”自然は人智を超える”ことは、わかっていながらも、
こうして厳然たる自然の力と人間の無力さの事実をつきつけられると
愕然とする部分はあります。
お亡くなりになられたかたのご冥福を心よりお祈り致し、
お怪我をされたみなさま、被災をされたみなさまにあらためて
お見舞いを申し上げます。

さてこの際、静岡県の防災について整理しておきたいと思います。
今回の静岡地震で浮き彫りになった防災のキーポイントは、
①東名高速道路
②新幹線および東海道本線
③浜岡原子力発電所
④情報伝達
⑤ライフライン
①と②は、静岡県の動脈であると同時に”アキレス腱”でもあります。
また、静岡県の立地的にここは日本全体の「大動脈」であり「弱点」で
あることも今回如実に表したと思います。
東西をつなぐ高速道路は中央高速道路という代替はあるとはいえ、
経済・物流だけでなく県民生活への影響は甚大であるといえます。
そのための平成24年県内全線開通予定の「第2東名」ではあるのですが、
山間部を通り、トンネルと橋梁、切通しが多くを占めるだけに、
今回の地震の影響がどの程度だったのかも精査する必要があります。
新幹線・東海道本線は今回は幸い長時間の運休はなくて済んだものの、
東海地震の折はまちがいなく寸断されるものと考えてよいでしょう。
こちらも15年後に開通予定のリニア新幹線の必要性が
高まることになりました。
また、①②の代替としては「空」と「海」です。
やっと静岡空港の活躍の場がでてきますね。
浜松、静浜の航空自衛隊基地とともに災害復興支援拠点としての
観点でもういちどよくチェックしてみようと思います。

さて、問題は③~⑤です。
浜岡原子力発電所。
やはり心配な地盤の問題がでてきました。
1、2号機の廃炉と6号機の新設、乾式使用済み核燃料貯蔵施設の
建設計画がでてきていますが、今回の地震であきらかになった
”事実”を元に、よーく精査をし、直接の脅威にさらされる
地元のみなさまのお声もしっかりお聞きしながら協議してゆかねば
ならないと思っています。簡単な問題ではないと痛感しています。

情報伝達。
このブログをお読みいただいている静岡県のみなさんは、
あの地震発生直後どのように情報を得られたでしょうか?
多くは「テレビ」ではないでしょうか。
今回はほとんど停電がなかったからよいものの、
停電したらテレビは映りません。
ではその代替としてラジオは用意されておられるでしょうか?
また、「同報無線放送」が整備されており今回も放送がはいったと
思いますが、これがもし台風や風雨の強い日であったら
これ、聞き取れないのです。
この危惧は私は市議時代から提示し疑問をぶつけてきたのですが
「整備が進んでいるので」の一辺倒でした。
この際、「防災ラジオ」や携帯電話の活用などが現実的と
考えられますのでもう少し研究してゆきたいと思います。

そして、ライフライン。
前出の東名高速道路の復旧作業。
そして断水やガス漏れに対する対応。
これらは、その名の通り「生活をつなぐ」大切な術です。
私は、これらに従事してくださる公共セクターの要員や
関連する民間業者は平時よりキチンと保持しておくべきだと
考えています。また技術の保持・継続も大切です。
「行政改革」の名のもとに、”一律カット”というカタチで
このライフラインを守るひとたちも減らされている、
減らざるをえない状況にあるのが現状です。
この際、もういちど精査して、「守るべきは守る」という観点で
「一律行革」を考え直すべきだと思っています。
税金を投入することには、なんらかの意味があるべきです。
ゆえにときに不採算の部門でも、有事に備えた税金投入はあるべき、
と常々私は考えています。

以上、”考え、即行動”をおこさなければならない静岡県です。

この記事をはてなブックマークに追加

終戦の日

2009年08月15日 | Weblog
今日は、終戦記念日。
各地で追悼行事が行われました。

わたしも、浜松市の戦没者追悼平和祈念式典に参列し、
英霊の御霊のやすらかならんことをお祈りし、
平和への誓いをあらたにした今日の終戦記念日でした。

私も含めて「戦争を知らない日本人」が大多数になってきました。
また世界情勢は地域紛争が相次ぎ緊迫の度を増しており、
いつまた世界を巻き込んだ戦争がおこらないともかぎりません。
オバマ大統領の「核廃絶宣言」など、世界では危機を察知した
動きも始まっています。
わたしたちも、ひとりひとりがもう一度
「平和のために自分に何ができるのか」を問い、
そして行動を起こす。
そんな”気づき”と”実行”がないといけないと感じています。
もうひとつ、しっかり認識しておかなければならないのは
”他人任せ”では、守るべきもの”を、守ってはいけないのだ、
ということです。
まずは、意識改革。そして行動。
そんな日本人がもっともっと増えれば
きっと「平和」と「幸せ」を守ってゆけると思います。

この記事をはてなブックマークに追加