韓国少女像問題

2017年01月13日 | Weblog
韓国釜山の民間団体が日韓政府の合意に反して設置した少女像が
日韓の関係をこじらせ、さらには韓国の孤立を招こうとしています。

しかも、次期大統領候補と目される藩基文前国連事務総長が今日
『10億円が少女像の撤去と関連したものなら、いっそ日本に10億円は
返還したほうが良い』という、ひとえに自身の大統領選挙対応でしかない
韓国でしか通用しない認識を示したとのこと。
国連事務総長まで勤め上げた人物がこれでは、韓国の未来は暗いとしか
言いようがありません。

世界は保護主義が跋扈していますが、韓国のそれは少し世界的にみて
あまりにも認識が甘すぎるとしか言いようがありません。

韓国の未来を憂いてこのブログを書いています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムーンライトセレナーデ | トップ |  »

Weblog」カテゴリの最新記事