阿部卓馬ブログ

北海道新ひだか町サポート大使のシンガーソングライターです。ライブ告知、活動情報などを中心に更新しております。

3月21日 浦河 ルピナス舘 ボランティア慰問

2017年03月21日 | 過去ライブ

※プライバシー保護のため、画像を一部加工させていただいております。

今日は午前中に、浦河町は野深にありますサービス付き高齢者住宅の「ルピナス舘」に、ボランティア歌謡グループ「七福」のメンバーの一員として、慰問コンサートに行ってまいりました!旧野深小学校を改修して作られたルピナス舘は、昨年10月より入居を開始したというまだ新しい施設ですが、浦河町初のサービス付き高齢者住宅施設ということもあり大変人気となっておりまして、間もなく定員一杯となるそうです。入居されている方々やご家族にも大変喜ばれているようで、素晴らしいことですね(^^)

コンサートのほうは、今回は僕を含めて4名のメンバーで、皆さん知っている懐かしい歌謡曲やヒット曲、そして僕のオリジナル曲などを交えて、1時間ほどのステージでした。入居者の方々も大変楽しみにしてくれていたそうで、それでも最初は皆さん緊張した面持ちでステージを観ておられましたが、皆さんの知っている曲が始まると、一緒に口ずさんでくださったり、笑顔で歌を聴いてくださったりと、打ち解けてゆく雰囲気が感じられてとても嬉しかったです(^^)「七福」代表の我らがのど自慢浦河大会チャンピオンの三好直樹さん「北国の春」は特に、多くの方々に口ずさみながら聴いていただけたようです。僕の「野に咲く花として」では、作詞をされた鳥井実先生のお話をしますとご存知の方も多く嬉しかったですね~。握手もさせていただきました!「太陽の瞳」では、皆さん初めての曲でも思い思いに楽しんで聴いてくださって、これもまた嬉しかったです(^^)「太陽の瞳のぼり」は今日も大活躍です(^^*)最後は童謡「ふるさと」をみんなで。とても暖かい雰囲気の中、終えることができました!終わりには、「また来て欲しい!」との声がたくさん聞かれまして、またまた嬉しい気持ちに。いつかまた行きますね~!入居者の方々、スタッフの方々、どうもありがとうございました!





慰問ライブのあとには、以前より大変お世話になっております、浦河町の障害者支援施設「向陽園」の荻伏作業所に立ち寄りました。多くの利用者の方が今回の新しいCD「太陽の瞳/日高の路」の発売を喜んでくれているそうで、大変な歓迎ムードで迎えていただきました(^^*)ちょうど慰問ライブ後でギターも持ってきていたので、急遽生歌ライブをさせていただきました(^^)CDをお買い上げくださった方々、どうもありがとうございました!また行きますね~!



そのあとミニトマト農園に戻りまして、少し仕事して今日は終了です。なかなかハードな日々ですがとても充実しております(^^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月19日 静内KAVACH 「太陽の... | トップ | 【本日!】札幌 JAMUSICA 「T... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL