阿部卓馬ブログ

シンガーソングライターです。ライブ告知、活動情報などを中心に更新しております。

8月13日(土)五井野正博士緊急講演会に寄せて

2011年07月28日 | 五井野正博士
こんばんは!阿部卓馬です。

今日は皆さん、いかがお過ごしでしたでしょうか(^^)



私はといえば、北海道は新ひだか町で、朝からいつもの仕事であるミニトマト栽培のお手伝いに行き、暑い中で汗をかきながら、同い年である社長と冗談を交えて笑いながら一緒に作業をして、休憩中はパートのおばちゃんと楽しく会話をして、帰ってきて一休みしてからこのブログを書いている、という一日です。

皆さんもそれぞれ、大変なお仕事をこなしたり、恋人や家族と楽しい時間を過ごしたり、夢に向かっていろいろがんばったり、学校でお勉強をしたり、と、それぞれ思い思いの過ごし方をされたことと思います。

私にとって、そして皆さんにとっても何気ない普通の日常ですが、それはそれなりにかけがいのないものになっていると思います。



しかし今年、そういった日常が本人の意図に反して一瞬にして、または段階的に引き裂かれてきている地域がある、ということは、皆さんの記憶にも新しいと思います。

改めて申し上げるまでもないのですが、2011年3月11日から始まる、日本が受けたあまりにも大きな災害である、「東日本大震災」の影響を受けた地域です。

地震や津波などの被害は各マスコミで報道されたとおり、想像を絶するものであったことは誰もが知るところです。

しかし、現在も報道されているとおり、福島第一原子力発電所事故における放射能汚染の問題が、今なお未知の被害としてジワジワと私たちを苦しめている現状があることも、皆さんお気づきのとおりです。



被災地の方々は、この実情を実体験として体感されているわけですが、私のような直接的な被災を免れている人々にとっては、4ヶ月以上も前のことで記憶の風化している部分もあるかもしれません。

もちろん、私たちそれぞれの生活を守ることもとても大事なことです。

きっと福島にお住まいの方々をはじめとした被災地の方々も、それぞれの生活を守り続けていたことと思います。

しかし、地震から始まる福島第一原子力発電所事故というものが、その彼らのかけがえのない日常を奪ったのです。

福島など被災地にお住まいの方々で、誰がそういったことを想像できたでしょうか?

そして、奪われた日常を取り返すすべもなく、被曝と将来の不安の中で生活しているのが現状なのです。



これらのことが、今回被災していない私たちには、絶対に起こらないことなのでしょうか???

もし起こったとしたら、皆さんはどうすべきなのでしょうか???

こういったことを義務教育なり高校・大学などの学校で教わったことがあるでしょうか???

私個人としましては、もし自分の身にそういったことが起こったときに何をすべきか?ということは、ズバリ、わかりません。

おそらく、福島第一原子力発電所のそばでお住まいの方々のように、右も左もわからないまま、恐怖と不安の中、国の指示のもと右往左往するかもしれません。

果たしてこれが、人間の歩む道なのでしょうか???

そういった疑問が頭をもたげますが、これまで私の人生において、政治でも学問でも宗教でも、誰一人としてその明解な答えを与えてくれる人はありませんでした。






ただ一人を除いては!






それが、こちらのブログでもたくさんご紹介しております、五井野正博士という方です。

ご存知の方ならあえて申し上げる必要もないことなのですが、残念ながら日本ではほとんど認知されていない方なので、今一度五井野正博士についてご説明したいと思います。

私個人としての、五井野博士についての本当に簡単なご紹介としては、この方だけが放射能汚染やそれに準じる被曝によるガン・白血病などの社会問題にあえぐ日本の未来を良い方向に変えることの出来る人である、ということです。

詳細としてまずは、全部読むにはちょっと長いですが、五井野正博士がどういう方か?を少しでも理解する助けになると思いますので、私が書いた過去の記事をお読みください↓

最も賢い善人とは。

五井野正博士~出逢い~

五井野正博士~最も賢い善人であると感じる理由その1 最高の仏教解釈~

五井野正博士~最も賢い善人であると感じる理由その2 知られざる偉業~

五井野正博士~最も賢い善人であると感じる理由その3 示される未来~

五井野正博士~まとめ~


(※お時間のない方はこちらの、五井野正博士~最も賢い善人であると感じる理由その2 知られざる偉業~、の記事だけでもご覧ください。チェルノブイリから始まる放射能汚染・ガン・白血病の問題に詳しく、また解決する道を示すことが出来る方であることがわかります。)



これらの記事を読んで、どのように感じられたでしょうか?

人それぞれではあるとは思いますが、五井野博士の素晴らしさというものが、一人でも多くの人に感じていただけたら、私としましてはそれ以上の嬉しいことはありません。



話は変わりますが、こちらの記事をご覧の皆さんも、過去に好みの映画やテレビドラマがあって、それに感動したり涙したことがあると思います。

テレビが一般家庭に普及してから、そうしたことが気軽に楽しめるようになったのが、現代であると思います。

日常会話において、良い映画や良いドラマの話が話題にのぼることも多々あるでしょう。

しかし私たちは、そのようなドラマに感動することはあっても、私たち自身が日々感じる、私たちの日常のドラマというものに感動したりする機会が少なくなってきているのではないでしょうか?

どんな些細なことでも良いのですが、例えば、お子さんがいる方ならその子が昨日出来なかったことが今日出来るようになっているとか、学業・仕事などで自分自身の成長を実感するとか、恋人・夫婦間での何気ないやり取りとか…自分の身の回りで起こる、些細な、時に大きな「ドラマ」というものを見落としていたりしないでしょうか?

それらを横に置いておいて、映画やテレビのドラマだけ感動する、というのは、何処か味気ないものを感じないでしょうか?



私たちには未来があり、それはきっとドラマティックなものでしょう。

皆さんはその未来に、どんなドラマを見たいと思いますか?

もちろん、自分自身の個人的な夢や希望など思い描いて、そういったドラマを見たいと思う方々も多いと思います。

しかし、それらの個人的な夢や希望のドラマというものは、いったい何に支えられているのでしょうか?

それは皆さんもお気づきかと思いますが、その所属する社会がある程度平和であり、衣・食・住というベースがあって初めてそういった個人的な夢や希望を描けるわけです。

3月11日までは、日本国全体として何となく支えられてきた平和や衣・食・住ですが、今回の福島第一原子力発電所事故によって、被災地の方々はそれらを奪われてしまったわけです。

平和や衣・食・住を奪われてしまっては、私たちはかつて持っていた個人的な夢や希望などは絵空事になってしまい、やはり右往左往するしかない、という現状があります。



ここで私個人としてのお話を致しますと、私は現在シンガーソングライターとして活動しておりますが、かつてはメジャーなミュージシャンとなり栄光を手にしたいと思っておりました。

しかし、五井野博士とご縁することで、それらの音楽などの芸術も、平和な社会の上でしか成り立たないものであることがわかり、そして現代の社会の実情を知るにつれ、とても平和とは言えない状況であることがわかり、そのような個人的な夢は世界を平和にしてからでないと始まらない、と考えるようになりました。

それゆえ、五井野博士の著作で学ばせていただいたり、この記事のように五井野博士の素晴らしさを多くの人に知っていただく、そしてより良い未来を創り上げていく、ということが重要であると感じるようになりました。

もちろん、その道すがら、シンガーソングライターとして今の現状や来るべき良き未来に通じる歌を創ったり歌っていけたら嬉しいと感じております。



改めて、皆さんにお聞きします。

皆さんはその未来に、どんなドラマを見たいと思いますか?



私の個人的意見を言わせていただければ、その未来には二つあると思います。

一つは、五井野正博士の素晴らしさに多くの人が気づいて世論を動かすことで、その活動の場を拡げていただいて、来るべき放射能汚染問題や放射線障害であるガン・白血病・奇形児などの問題を解決する道を全国に示していただき、日本国民全体で可能性のある未来を創り上げてゆく、というドラマです。

二つ目は、私たちが五井野正博士の活動を支援することなく、その活動の場も与えられず、来るべき放射能汚染問題や放射線障害であるガン・白血病・奇形児などの問題を解決する道は誰もわからず、日本国民全体がそれらの不安と恐怖の苦しみの中、死を迎えてしまう、というドラマです。



皆さんはどちらのドラマを見たいと思いますか???

私は迷うことなく一つ目のドラマが見たい!!!

私はそのために、微力ながら五井野博士のお力になれるよう、また私たちの未来に可能性が生まれるよう、この記事を書きました。

この一つ目のドラマを見るための、そして今回の原子力発電所事故や、日本・世界の真実を知るための、更に五井野正博士の活動を支援するための、大事な講演会が、タイトルにも記述したようにあるんです!

以下にその詳細をお知らせします(主催者様のアートメディアのブログより編集して転載)↓

--------------------------

五井野正博士 緊急特別講演会 IN新宿 

第1部 福島原発事故の真実
第2部 福島原発事故の対策と将来の日本
第3部 最新の情報を特別にお伝えする予定です!!(お土産付きです!!)
→※第3部のみ会員様対象のプレミアム講演になります。

【日時】 2011年8月13日 (土)
受付開始 12:30 
第1部  13:00~15:00
    15:00~15:30 休憩
第2部  15:30~17:30
     17:30~18:00 休憩
プレミアム講演  18:00~19:00
【場所】
ベルサール新宿 1Fホール
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-13-1
新宿セントラルパークシティ内 
住友不動産新宿セントラルパーク1F(TEL)03-5909-0701
(ホームページ)http://www.bellesalle.co.jp/index.html
※会場地図もご覧になられます

【参加費】 第1部・第2部ともに各 【A席】5000円/【B席】3,000円
       ★学生はそれぞれ半額になります。

プレミアム講演 20000円(会員様対象となります)

【参加お申し込み】

下記のFAXにて、お名前、ご住所電話番号をご連絡いただいた後、
下記の口座まで参加費をお振込み下さい。
(こちらから連絡できるご連絡先は必須)
入金の確認がとれましたら、こちらからチケットをお送りいたします。

株式会社 アートメディア
              
〒100-0014
東京都千代田区永田町2-4-7
秀和レジデンス302
                    
(TEL)03-6268-8033
(FAX)03-6268-8034
(E-MAIL)info@pere-tanguy.jp


【参加費振込先】

■ゆうちょ銀行 11160-28914411 株式会社 アートメディア

■りそな銀行 赤坂支店 (普)1721529 株式会社 アートメディア

--------------------------


こちらの講演会に参加することで、原子力発電に関して世界でもっとも詳しい方である五井野博士から、福島第一原子力発電所で起こっている真実と、日本や世界のこれからについて、とっても貴重な情報が得られることと思います。

今からでも十分間に合いますので、関東圏の方々はもちろん、その他の地域の方々もぜひご参加を!

後悔しないことはもちろんですが、先に書いた一つ目のドラマの始まりをきっと感じることができるでしょう!

世間ではロックコンサートなど大規模な夏フェスの盛りではありますが、私個人に言わせればこの講演会は宇宙フェスとも言えるものであると考えております。

改めて、ぜひご参加を!

そして、共鳴していただける方々は、ぜひ情報の拡散をお願いいたします!

また、今後も五井野正博士の情報や著作のレビューなどこちらで発信していきたいと思いますので、そちらもよろしくお願いいたします。

過去の五井野正博士に関する記事は五井野正博士 カテゴリでご覧いただけます。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五井野正博士緊急特別講演会I... | トップ | 7月30日 浦河 カフェ・アッシ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
目からウロコです (昔、博士のファンでした)
2012-04-21 02:06:32
 1970年代の終わりごろ、五井野博士の本を立ち読みしてから本を4冊買いました。三冊までは誰でも買えましたが最終巻の巻だけは特別な人しか入手できませんでした。博士は最初からそういう構想で本を出版していたようです。本当にそれが必要な人にだけ必要な情報が得られるということでしょうか?
 久しぶりに博士の尊い英知の一部に触れる事が出来ました。ありがとうございます。
 ところで10年ほど前から「アセンションに向けて」
「シリウスからのメッセージ」などを紹介するサイトやブログが増えています。
私個人のセンスでは、こういうのは地球人の結社などがやらせている偽物じゃないかと判断してますが、
どうでしょうか?。中には本物の宇宙からのメッセージもあるでしょうが、悪い地球人が改ざんしたりしてないでしようか。私は95%疑っています。
お返事遅くなりました (アベタク)
2012-04-27 00:07:07
> 昔、博士のファンでしたさん

うっかりコメント見落としておりましてお返事遅くなりました。

当時ご覧になった方なんですね、私が生まれたころですねぇ。。。
確かに、これらの本を手にすることができる人はとても少ない現状があると思います。
しかし、私自身もそうなんですが、手にしてそれからどうするか?はやはり読んだ人それぞれの因縁が関連してきているように感じます。

五井野博士に限ったことではないのですが、縁というものをどのように捉え果報に繋げるかは己の因に起因してくるところで、この因がわかっていないと結局良き果報が得られないというのが実際のところなのかもしれません。

アセンションに関しては、私も全面的に肯定するところではないのですが、心がけとして正しく解釈していらっしゃる方ならば、それは意識や心を持つことになると思っています。

今私自身が感じるところとしては、個人自身の縁を生かす心がけがあるかどうか?といったところだと思います。
五井野博士も、「意識したものが返される」とおっしゃっているように、普段個人として何を意識しているか?がどの世界にいても問われているように感じます。

コメントありがとうございました(^^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL