おっさんひとり犬いっぴき

アベさんと黒犬トトのノンキな日々

創作美術展始まる

2016-10-19 11:04:37 | 福島

 「第26回仲間たちの創作美術展」が今日から23日(日)までの五日間、郡山市大槻町にある洋菓子店「エンゼル」で開催される。同展の会長さんが我が家の近所という縁もあって、三年ほどまでから参加させてもらい、去年は洋菓子店の2階にパソコンを持ち込み、パソコンで絵を描く実演もやった。

 で、毎年少しずつ参加人数が増えている関係で、狭くはない店内も展示作品でごった返す。ひとり3点も出せば飾る場所がなくなるため、今年も1点だけの出展とした。タミちゃんはギリギリまで何を出すか悩み、福島県出身の詩人・草野心平の「春殖」という詩を書き、掛け軸みたいにした。

 「春殖」という詩は、僕なんかは教科書で知ったのだが、知らない人のために説明すると、ひらがなの「る」の字を、ただひたすら並べただけの詩で、「るるるるるるるるるるるるるるるるるるるる」となる。これが詩かと思う人もいるだろうが、視覚の持つ面白さと音の軽快さを追求したということなのだろう。多分キタキツネを呼んでいるのではないと思う。横書きでは今ひとつピンとこないが、縦書きにするとカエルの卵かオタマジャクシが並んでいるように見えるのである。

 で、僕の作品は今までに描いた犬たちの後頭部をひとつの額に収め、「うしろ頭の絵」とした。こんな感じ。

 散歩に行くと、犬の後頭部を見ていることが多いが、あの小さな頭で何を考えているんだろうとふと考えてしまうアベさんなのである。

 ということで、興味があって寄ってみようかなという人は、足を運んでもらいたい。ちなみに「エンゼル」は最新のスイーツを扱う店というよりも、昔ながらの商店街の中にあるケーキ屋さんという感じである。目玉商品は、「サバラン」というお酒のケーキと白鳥の形に皮をかたどったシュークリーム「スワン」で、どんなんかなと思うチャレンジャーは、ぜひ挑戦してみてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝もリスと遭う | トップ | 実りの秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。