おっさんひとり犬いっぴき

アベさんと黒犬トトのノンキな日々

セイカタアワダチソウ

2016-10-16 10:43:42 | 福島

 日曜日の朝は少しだけゆっくりできるので、散歩もいつもより少しだけ遠出をする。

 おそらくこの秋一番と言っていいくらいの晴天で、空気はカラリとして清々しい。こんな日は、何を見たって美しく感じるものだ。普段は目にも止めない雑草だって、朝日を浴びてキラキラと輝いている。世界はこんなに美しかったっけと目を見張る瞬間だ。

 一時期喘息を引き起こすとして嫌われたセイタカアワダチソウだが、実は喘息を起こしていたのは、見かけがよく似たブタクサが犯人だった。思わぬ冤罪により悪者としてのイメージが定着してしまったが、おそらく外来種として空き地を占領してしまったことも災いしたのだろう。

 そんなセイタカアワダチソウも、いつのまにか生息域を狭めている。というのも、もともと他の植物がはびこらないよう植物にとっての有害物質を出して自分の領域を増やしていたのだが、あまりに増えすぎたせいで、今度は自分の出す物質によって自家中毒を起こしてしまったのだ。こういうところは、人間の免疫と似ている。そんなセイタカアワダチソウも、秋空の下で黄色い花を咲かせている姿は、意外と絵になるのである。

 最近の好天続きで、一気に稲刈りが進んでいる様子で、昨日までは黄金色に輝いていた田んぼも、今朝行くとはせがけや三角に組まれたワラの群れが出現している。

 民家の庭先の柿の実も、日増しに赤く色づいて行く。こういう風景を眺めていると、都会に住んでいるというのはつまらないなあと、今更ながら思うアベさんなのであった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマガラ来訪 | トップ | 今朝もリスと遭う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。