おっさんひとり犬いっぴき

アベさんと黒犬トトのノンキな日々

東北の光線

2016-11-08 11:32:08 | 福島

 昨日、夕方になって少し時間ができたので、犬たちを連れて近くの三春ダムに行ってみた。先週このダム湖の周囲を走ったばかりだが、走っている間は、ゆっくり紅葉を楽しむことはできない。今回はカメラを持ってのんびり散歩だ。

 ダム湖の周囲には、ダムを造成した時に公園がいくつかできているが、毎回足を運ぶのはさくらの公園で、ここには数万という桜が植えられていて、春になると絢爛豪華な景色に変わる。ただし、秋になるとさっさと葉っぱを落とす桜ばかりなので、秋も深まると殺風景な景色になってしまう。

 それでも小高い丘が連なっているので、ブラブラしていると山の中をトレッキングしている気分にはなれる。

 秋といえば、やはりモミジだ。そういったわけで、秋にも楽しめるようにと、近くにモミジ山というもの作られている。が、残念ながらまだまだ幼木なので、全山モミジとなるには時間がかかりそうだ。

 東北の日暮れは早い。午後4時を過ぎれば薄暗くなってくる。写真を撮るにも日陰ばかりになると面白くない。そこで日当たりのいいダムに移動し、人造湖を眺めながらブラブラする。

 西日本と東北の最大の違いは、夕日の色合いじゃないかと僕は感じている。「ギンギンギラギラ夕日が沈む」という歌は、絶対に東北が舞台ではない。東北の夕日は、柔らかなオレンジ色をしていて、温かさと同時に寂しさも感じる。

 そして、午後5時を過ぎると暗くなる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フクロウと接近遭遇 | トップ | 初雪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

福島」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。