おっさんひとり犬いっぴき

アベさんと黒犬トトのノンキな日々

ヤマガラ来訪

2016-10-15 11:07:48 | 福島

 4年前の夏にテラスと庭先に野鳥のための給餌台を置くと、すぐにスズメが来るようになった。当時まだ野鳥にはさほど関心がなかったので、「スズメが来た」と大喜びしていたが、スズメのほかにもジョウビタキやシジュウカラなんかもやって来るようになった。

 秋になり、裏で洗濯物を干していると、そこにあるエゴノキの中から、ジージーと可愛らしい声が聞こえて来る。なんだろうと思っていると、それがヤマガラだった。昔は神社などでおみくじを運ぶ小鳥としてカゴの中に飼われていたりしたが、もともと警戒心が薄く、人間のすぐそばまでやって来るらしい。

 調べてみると、エゴノキになる実が大好物とあった。そして、実がすべて落ちてしまうと、僕が給餌台に置くヒマワリの種をついばみに来た。

 そうして春先まで、せっせと我が家に顔を出していたヤマガラは、すっかり我が家のマスコットになっていたが、春になると姿を消してしまった。その代わり、置き土産のように我が家の庭のあちこちからヤマガラが落としていったヒマワリが花を咲かせた。

 その時はきっとまた秋になると姿を見せるのだろうと考えていたが、それから4年、近所の庭先で見かけることはあっても、我が家のエゴノキにやって来ている気配はなかった。

 ところが今朝、洗濯物を干していると、エゴノキの間から聞き慣れた声が聞こえて来るではないか。姿を探すと、ヤマガラがせっせと実を咥えて飛び回っている。

 これが我が家にあるエゴノキ。

 そして我が家に来たヤマガラ。

 このまま居ついてくれると嬉しんだけどね。もし居ついてくれたら、手のひらに餌を乗せ、ヤマガラが食べてくれるようになるまでになってくれるともっと嬉しい。

 ああ、秋だなあ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 完成させる楽しみ | トップ | セイカタアワダチソウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。