おっさんひとり犬いっぴき

アベさんと黒犬トトのノンキな日々

贅沢になる

2017-06-18 12:01:15 | 日記

 知人と若い頃に聞いていた音楽の話になった時、最近はYouTubeで古い映像もアップされていたりするので、時々懐かしい音楽を聴くことがあると喋った。それに対してその人は「でも、音質が悪いでしょ」と返答したが、僕にはなぜかそこに物凄く違和感を感じた。

 僕らが中学、高校といった時に夢中になった洋楽(古い言い回し)は、ほとんどの場合ラジオが情報源だった。ロック雑誌も出始めたが、そんなものをいくら眺めても音楽は聞けない。レコード屋に行っても置いてあるのはヒット曲ばかりで、新しい物を探すとなるとラジオで情報を得るか、輸入盤屋で探すかしかなかった。

 今みたいにスマホやタブレットでデジタル音源をダウンロードするわけではなく、手持ちの音の悪い雑音ばかりのラジオに耳を傾け、カセットテープに録音してはテープが伸びるほど聴いていた。音質云々を言い始めたのは、その後のオーディオブームがやって来てからで、それは金銭的に余裕のある人たちの楽しみ方だった。

 当時、音が悪かろうが雑音が多かろうが、必死に耳を傾け全神経を集中して聴いていた音楽の聴き方と、高級な音響機器で高音質な音楽を優雅に聴くのと、どちらが高級な音楽の聴き方だろうか。

 僕らは自分で意識する以上に、何にでも慣れやすい生き物だ。雑音の中から好きな音楽をより分けて聴いていた耳は、いつしか音質の良し悪しにこだわる。ただ写真を撮るという喜びも、すぐに画質の良し悪しへと変化する。小学校に上がる前には、この世で一番うまい食い物だと信じていた卵焼きと魚肉ソーセージは、今では僕を興奮させてはくれない。

 そういう変化を、世の中では進歩とか進化と呼ぶ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピーピー豆 | トップ | 梅雨入り前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。