おっさんひとり犬いっぴき

アベさんと黒犬トトのノンキな日々

三春、春の美術展

2017-04-05 12:46:46 | 福島

 今日から水、木、金の三日間、三春町の市役所の近くにある「まほらホール」という場所で、三春美術協会による春の美術展が開催されるので、朝早くからカフェの準備をして、会場作りの手伝いに出かけた。

 秋は文化祭や芸術祭といった流れで美術展も行われるが、春は「滝桜」見物に全国から人が集まるので、休憩所を兼ねて美術展もやったらということで始まった。秋はギャラリーが地元の人ばかりになりがちだが、観光客も相手にする春はいろんな人に観てもらえるということで言えば貴重なのである。

 ところが、今年は桜の開花時期よりも早くの開催となった。というのも、三春町が生んだ大スター、女性として世界で初めてエベレスト登頂を果たした田部井淳子さんが亡くなったので、大々的な回顧展をやるのだ。町としては、一番人が集まる桜の時期に合わせてやりたいため、その時期会場は使えなくなる。仕方なく美術展は前倒しになってしまったのである。

 それにしても、桜はまだ開花宣言は出ていないし、平日の三日間だし、ただでさえギャラリーが少ないのに一体どうなるんだという感じだ。

 それでも僕は少しでも賑やかになるように2点を出展した。ひとつは「ひこうき雲」、もうひとつは「すすきの穂」。どちらもブログ内でアップしているが、印刷屋で大きくしてもらっているので結構迫力がある。観てみたいというキトクな人はどうぞ足を運んでください。僕はカフェがあるので会場にいないけどね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シッポを切る | トップ | ツバメがやって来た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

福島」カテゴリの最新記事