おっさんひとり犬いっぴき

アベさんと黒犬トトのノンキな日々

タイツを買う

2016-11-12 11:04:14 | 福島

 タミちゃんちのお袋さんが高齢で、最近膝が痛いと言っていたので、膝用のサポーターを買ってあげようということにしていた。ところが、本人はわざわざ買うくらいならいらないと言う。かと言って、何もしなければ膝が痛い痛いと言うので、それじゃあと、僕がランニングの時に使っていたサポーターをあげることにした。その代わり、僕の方はサポーターの代わりに、サポーター機能のあるスポーツ用タイツを買うことにしたのだ。

 長距離を走ると決まって膝のお皿が痛みだす。そこで、薬局で買ってきた膝用サポーターを両膝にはめてランニングに出かけていたのだが、寒さ対策でアンダーウエアとして股引を履いてサポーターをすると、滑って膝からずり落ちてしまう。調べてみると、サポーター機能のついたタイツがちゃんとある。

 スポーツ用品店に行くと、今やタイツはバカみたいに種類が出ている。ユニクロのヒートテックしか知らなかった僕は、値段を見てびっくりだ。ランニング初心者用というタイツは、腰と膝、ふくらはぎまでサポートしてくるというが、なんと1万2千円もするではないか。上級者用になると、さらに太ももまでサポートして、その上走るのに邪魔にならないよう女性のストッキング並みの薄さだ。値段は1万6千円なり。

 ただ走るだけで、そんなにお金をかける気はないので、スポーツ全般用という腰と膝をサポートする8千円台のに決める。それでも都知事選に出馬するくらいの清水の舞台から飛び降りる覚悟が必要だ。ただ、その下になると防寒用と腰のサポートだけなので、こうなるとヒートテックの股引とあまり変わらない。

 で、今日は早速試しにタイツを履いて走ってきた。膝のサポート機能は、やはり膝に特化したサポーターの方が効き目があるようだが、全体の引き締め効果で、足に集まる血流の分散させて疲労が溜まりにくくなっているようだ。結果、いつも45分かかっていたコースが44分を切る記録で、往復でも1時間45分かかっていたのが、1時間40分を切る記録だった。

 果たしてタイツの効果なのか、寒くなって走りやすくなっただけなのか、その辺のところはよく分からない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キナ臭くなる | トップ | 開いた窓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

福島」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。