おっさんひとり犬いっぴき

アベさんと黒犬トトのノンキな日々

東北の朝

2017-05-17 10:41:19 | 福島

 東北の夏の朝は早く、朝4時を過ぎると東の空はしらじらと明るくなってくる。人間より早起きなのは鳥たちで、最近我が家で巣作りを始めたシジュウカラは、ツツピーツツピーと大騒ぎだ。その声につられ窓辺で見学すると、口いっぱいに何やら咥えた一羽が、巣穴から顔を出しているもう一羽にバケツリレーしている。どうやら巣の材料となるものをせっせと運んでいるようだ。

 午前6時には犬たちを連れて散歩に出るが、その頃になると太陽はすっかり高く昇り、すでに夏の強烈な光線が降り注いでいる。九州と比べると1時間くらいは朝が早いんじゃないかと思うが、北海道の宗谷岬を旅した時には午前3時過ぎには明るくなったので、九州の朝が遅過ぎるとも言えるのだ。

 雑木林は若葉のたよりない萌葱色から濃い緑色になり、木々の中は黒々としている。こうなってしまうと、野鳥もリスも見つけるのが難しい。

 多くの田んぼが、この二、三日で田植えを終えた。水の引かれた田んぼは、カルガモにとっては居心地のいい場所なんだろう。

 16歳の誕生日まであとひと月半となったトトは、サカリの時期が過ぎ、すっかりおとなしくなった。

 グイグイ引っ張っていたリードも、今度は逆にこっちが引っ張ってやらないと、道草ばかり食ってなかなか前には進まない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毒虫って | トップ | 構想段階 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。