思い出のノーサイド

カメラがつなぐパス ラグビーを撮り続けて

思い出のノーサイド GO 展示作品

2014-10-28 00:32:47 | ラグビー・思い出話
11月13日より開催する阿部典子写真展「思い出のノーサイド GO」について
フォトコン11月号、ラグビーマガジン12月号に告知記事が掲載されました。
掲載して下さった出版社の皆様、ありがとうございました。

今回も様々な機関に告知のお願いをして、少しでも広がりがでるよう頑張っています。
会期中も話題になってくれると良いですが、祈るばかりです。
連日の作業にダウンしないよう上京の日を待ちたいと思います。

遅くなりましたが、展示する作品のタイトルをご紹介しますね。
6年間の42点。選ぶのにとても苦労しました。
未発表作品とブログで発表した作品を組み合わせています。
パソコンのディスプレイ画像とは一味違う、紙に出力した作品をお楽しみください。

カメラで切り取った一枚一枚にタイトルをつけてつなぎ、「GO」を表現しています。

一つのチーム名・競技場名しかないのは、そのチームの人物主体、風景主体、
二つのチーム名は、マイボールのチームが中心、両チームの選手がうつっているもの
(後姿ふくめて)、片方のチームの姿は見えなくても、対戦を話さずにいられないものです。

お目当てのチームがなかったら、期待外れすみません。
ごひいきのチームがあっても期待外れだったなら、やはりお詫びするしかないです。
発表は継続しますので、いつかお気に入りの作品に出会ってくださいね。

ご来場をお待ちしています。


思い出のノーサイド GO

大雨視界不良       2012年NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVS東芝ブレイブルーパス
からみあう汗        2013年日本代表VSカナダ代表
パス              2011年日本代表VSアメリカ代表
突進              2011年日本代表VSアメリカ代表
トライ             2008年日本代表VSアメリカ代表
勝ちに沸く          2013年日本代表VSカナダ代表
  
つないでいるのは ボールだけではない  
2012年NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVS福岡サニックスブルース
(フォトコン&ラグマガ掲載作品)

仲間の力           2013年NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVS九州電力キューデンヴォルテクス
ほどけないモール結んで  2009年慶應義塾大学VS早稲田大学
加速する           2013年早稲田大学VS流通経済大学
交差する           2013年早稲田大学VS流通経済大学
光を背に受け        2013年NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVSクボタスピアーズ
スペースに広がれ     2012年キヤノンイーグルス対NECグリーンロケッツ

散る雪と           2012年NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVSコカ・コーラウエストレッドスパークス
冷たい雨          2012年タマリバ東京VS北海道バーバリアンズ
熱視線            2010年三洋電機ワイルドナイツ
緊張と沈黙         2011年早稲田大学VS帝京大学
狙い定めて         2010年明治大学VS慶應義塾大学
楕円に意志を        2013年明治大学VS日本体育大学

タックルかわして       2010年早稲田大学VS慶應義塾大学
マイボール           2008年明治大学VS早稲田大学
スタンドが染まる       2008年明治大学VS早稲田大学
巨体に挑む          2012年天理大学VS帝京大学
渾身のパス          2012年天理大学VS帝京大学
ノーサイド           2011年道都大学VS北海道大学
ノーサイド           2009年帝京大学VS早稲田大学
止められた時間       2012年明治大学VS東海大学
涙は土を流してくれる   2013年帝京大学VSパナソニックワイルドナイツ

ありがとう          2013年筑波大学VSコカ・コーラウエストレッドスパークス
ボールを守る背中      2013年筑波大学VS帝京大学
光そそぐ午後         2013年六甲ファイティングブルVS帝京大学
かかえて走る         2014年トヨタ自動車ヴェルブリッツVSヤマハ発動機ジュビロ
ラインにのせる        2014年NTTドコモレッドハリケーンズVS九州電力キューデンヴォルテクス
あたって散らす        2014年NTTドコモレッドハリケーンズVS豊田自動織機シャトルズ
明るい芝吹雪         2014年神戸製鋼VSヤマハ発動機ジュビロ

追いついて          2013年パナソニックワイルドナイツ
ハイタッチ            2010年NECグリーンロケッツVSクボタスピアーズ
抱きしめて           2010年NECグリーンロケッツVSクボタスピアーズ
受けとめて           2012年NECグリーンロケッツVSパナソニックワイルドナイツ
夕暮れの競技場       2012年秩父宮ラグビー場
進むしかない         2012年NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVS東芝ブレイブルーパス
星は ゴールへ       2010年豊田スタジアム

 by Noriko.Abe

この記事をはてなブックマークに追加

10/19NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVSパナソニックワイルドナイツ・後半

2014-10-24 22:14:16 | ラグビー・思い出話

冬が来る前に


太田の風景  群馬・太田市運動公園陸上競技場

10/19NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVSパナソニックワイルドナイツ後半です。
結果は13対43。パナソニックワイルドナイツが勝利しました。
後半はワイルドナイツが本領を発揮、次々とトライを重ねていき
不敗神話が選手たちの気持ちを強くしているのを実感しました。

ファーストステージ最後の試合は天候と同様、暖かい雰囲気の競技場で締めくくれて良かったです。
前泊すると翌日早い時間に競技場に到着できるので、オープニングゲームやイベントなど見学でき
現地の方の運営など身をもって感じられることができます。
この日もクリニックの様子を見学させていただきました。地元の子供たちが元気で楽しかったです。

写真展の準備と並行した取材で、なかなか記事が更新されず
読者の皆さんをやきもきさせたファーストステージでしたね。ごめんなさい。

マイペースの掲載にお付き合いいただき、ありがとうございました。


黄ジャージ NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
青ジャージ パナソニックワイルドナイツ
















ホームで勝利


マンオブザマッチ


横顔


並ぶ長い影


やさしい時間がある

この記事をはてなブックマークに追加

10/19NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVSパナソニックワイルドナイツ・前半

2014-10-22 00:30:02 | ラグビー・思い出話

完成させるまで


一緒に練習しよう


大人のイングリッシュ


アップ


UP


空気を二分する


ファーストステージ ラスト  群馬・太田市運動公園陸上競技場

10/19トップリーグ、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVSパナソニックワイルドナイツ・前半です。
作業を急ぎますので、文章省略します。次回は後半です。

黄ジャージ  NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
青ジャージ  パナソニックワイルドナイツ




























この記事をはてなブックマークに追加

10/18筑波大学VS帝京大学

2014-10-21 00:16:59 | ラグビー・思い出話

オレンジ色のスパイクに蹴られ  東京・秩父宮ラグビー場

10/18東京・秩父宮ラグビー場、関東大学対抗戦、筑波大学VS帝京大学です。
結果は10対31。帝京大学が勝利しました。前後半とおします。前半は5対7。接戦でした。

トップリーグの撮影で各地に出向いていたので、久し振りに秩父宮に戻ってきた気がしました。
11月から大学の撮影も始めるので、予約中の新しいボディも使って頑張りたいです。
EOS-7DMark2。どうぞ初期不良ではありませんように。

次回は10/19トップリーグ、
NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVSパナソニックワイルドナイツです。


水色ジャージ 筑波大学   赤ジャージ 帝京大学
































この記事をはてなブックマークに追加

撮影から戻りました(東京・群馬)

2014-10-20 02:29:25 | ラグビー・思い出話
行き先は関東方面。1泊2日の撮影でした。
10/18東京・秩父宮、関東大学対抗戦、筑波大学VS帝京大学。
10/19群馬・太田市運動公園陸上競技場、トップリーグ、
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス対パナソニックワイルドナイツ。
二日間とも晴れて、10/19は暑いくらい。半袖になりました。
落ち着いたらご報告します。

群馬・太田市運動公園陸上競技場は、パナソニックワイルドナイツのホーム。
受付を済ませて中に入ったら、太田裕美さんの「木綿のハンカチーフ」がBGMでした。

「同じ太田だから?」

と思ったら、森田公一とトップギャラン「青春時代」
バンバン「いちご白書をもう一度」、南沙織(曲名は忘れた)、
紙ふうせん「冬が来る前に」太田裕美「9月の雨」など順不同かも知れないですが、
私が中学時代の懐かしい音楽が流れて、心の中で口ずさんでしまいました。
結構覚えているものですね。37年以上前の曲(笑!)と思いますが・・・。

試合前には子供たちを集めたクリニックがあり、ワイルドナイツの選手が一生懸命コーチ。
試合は絶好調のワイルドナイツにシャイニングアークスが健闘。
前半は同点で折り返し、最後は点差が開いてもディフェンスをあきらめずノーサイド。

試合を盛り上げるアナウンスも気持ち良く時間を進ませて、最後は両チーム並び
メインスタンドにごあいさつ後「選手全員グリーティングタイム」でした。

選手全員参加のグリーティングタイムは、企画自体がとても新鮮に感じられました。
ファンはお目当ての選手からサインをもらったり
一緒に写真を撮ったり、限られた時間を楽しまれていたようです。

芝生が傷むとか、安全面など考えてなかなかできないことと思うのですが、
運営スタッフの方たちの誘導や観客の方のマナーが良いからこそ、成功した企画ですね。
試合を見るには遠くなる陸上トラックが有効に使われました。

東京から移動する時は、太田のイメージがわかず「東京の続き」と軽く考えていて
実際、りょうもう線に乗ったら「結構距離ある」競技場でした。
でも充実感いっぱいです。気持ちよく過ごせました。
次回も機会があったら太田に行きたいです。

また太田裕美さんの曲で迎えて下さい。歌っちゃいます(笑!)

この記事をはてなブックマークに追加