思い出のノーサイド

カメラがつなぐパス ラグビーを撮り続けて

撮影から戻りました

2016-10-10 17:38:34 | ラグビー・思い出話
行き先は鳥取・コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場です。
10/9トップリーグ、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスVSコカ・コーラレッドスパークスを撮影しました。

鳥取は新千歳空港から直行便がないし、三連休なので飛行機代も高い。でも行ったことがないから絶対行きたい。
何か良いルートはないかと様々なパターンを考えました。
自分に一番適していると思ったルートは、エアドゥで神戸空港まで行き、神戸空港から三宮までポートライナー、
JR三ノ宮駅から「JR特急スーパーはくと」に乗ってJR鳥取駅到着です。
乗り換えが順調ならこの方法が一番安く、鳥取砂丘を見に行く時間もあるかもしれないと
10/8出発時は祈るような気持ち。混雑する保安検査場を通過しました。

飛行機は5分遅れて神戸空港に到着。そこから走って出発ギリギリだったポートライナーに乗車。
降りてからはスムーズに乗り換えが出来て、時間通り鳥取に到着。鳥取砂丘を見に行くことができました。
この時も機材を宿泊先に預けてダッシュスタート。走ったおかげで砂丘行きのバスにタイミングよく乗れました。
歩いていたら次のバスまで30分待ち。本当についていました。

試合の様子はこれから整理しますが、その前に鳥取砂丘の画像をのせたいと想います。
人生初の砂丘デビュー。植田正治(うえだ しょうじ)さんという著名写真家が砂丘に人物を配したたくさんの名作を残していて
昔から憧れていたのだけれど、実際に見て感動しました。

どんよりとした曇り空で強風。でもたくさんの人出があり、砂の斜面を歩く世界に引き込まれました。
また訪れてみたいと想います。ボディはEOS-7DMark2を使用しました。
メインのEOS-1DXMark2は、万が一転んで砂に落としたら困るのであえてサブカメラです。
今度はフルサイズで撮ってみたいです。


右の斜面は緩やか 左の斜面が急 
スキー場に例えるなら 右はルスツ高原 タイガーコース 左はテイネハイランド 北壁コース くらいでしょうか


頂上の風紋


降りる途中振り返った 人の足紋
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/2中央大学VS関東学院大学... | トップ | 10/9NTTコミュニケーションズ... »
最近の画像もっと見る

ラグビー・思い出話」カテゴリの最新記事