あべちゃんの写楽生活

撮ることが楽しいのか、楽しいから撮るのか

違和感

2014年06月22日 05時21分30秒 | 写真

 

皆さんはテレビ東京系列で放送されている和風総本家という番組を

見た事がありますか?

日本の職人さんの卓越した技とその生き様を描いた番組で、私も

大好きでよく見ているんです。

その番組内でCMに入る前、アマチュアカメラマンが撮影した日本の美しい

風景写真が紹介されるのですが、強烈な違和感を覚えるのです。

 

専門的になりますが、どの写真も高コントラストで彩度がめちゃくちゃ高いのです。

簡単に言えば、鮮やか過ぎるのですよ。

私は何十年も写真をやってますが、あのような風景に出会ったことは

一度もありません。

「おまえの腕が下手なんじゃね」という意見は甘んじて受けますが、

断じてあれは自然の姿ではありません。

自然はアナログで気まぐれで曖昧で、「惜しいなぁ!」という世界です。

いくらデジタル液晶に高コントラストでハッキリクッキリ映し出しても、実際の

風景はブラウン管に古いビデオカメラで映したような感じです。

でもそれが自然なのは人間の目がアナログだからです。

 

是非は別として、撮影者か局かは特定できませんが、「盛っている」

ことは明らかです。

あのような写真を「美しい」とか「美しく見えるはずだ」と思っている

ことが非常に残念です。

何かを主張したいのかもしれませんが、自然は何も主張しないのです。

それは見る人間が感じることなのではないでしょうか。

 

皆さんも旅行雑誌に載っている写真と同じものが見られるとは

思わないでくださいね。

がっかりすることになります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の季節 2

2014年06月12日 03時14分10秒 | 写真

 

更新が遅れましたが2回目です。

 

川岸の新緑です。

Img_9359

 

この頃はまだ山桜が咲いていました。

Img_9371

 

川面の反射は思った以上に強く、プラス1絞りくらい補正しました。

Img_9375

 

菜の花です。

一面の黄色い絨毯もいいですが、私はこれくらいが好きです。

Img_9416

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の季節

2014年06月01日 20時37分17秒 | 写真

 

今年も新緑の季節になりましたね。

裏磐梯もすっかり春になりました。

なに?もう6月だぞって?

高地はすこし春の到来が遅れるんです。

道路脇にはまだ残雪があるんですよ。

 

普段なら「おっ、タンポポか・・・」で終わりですが、

これだけ見事だとつい撮ってしまいますよね。

Img_9330

 

葉が伸びてしまった山菜ですね。

Img_9240

 

太陽が雲に隠れた状態の新緑です。

青々した感じが何ともいいですよね。

Img_9340

 

太陽が出てきました。

同じ木をアングルを変えて撮ってみましょう。

緑が輝いています。

Img_9361

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加