あべちゃんの写楽生活

撮ることが楽しいのか、楽しいから撮るのか

きまぐれそば七

2017年06月02日 01時00分00秒 | グルメ

  

やっと開いていたよ。

リステル猪苗代に行くたびに寄っていたのだが、

6回目にして、やっと開店している時に出会えた。

営業日が本当に「きまぐれ」なのだ。

まず、冬は全滅だと思っていいらしい。

これを逃す手はない。

さっそく訪問。

場所は、桜で有名な観音寺川へ行く通りの「さくらこども園」の近くです。

  

そばは冷たいそばのみだそうです。

といっても、ざるとぶっかけしかないのですが・・・

私はそれで十分です。

十割そばと書いてありました。

十割だから冷たいそばしかない、と書いてありましたが、

それはちょっと違うような・・・

「俺はもりだけで勝負するぜ、それがそば屋だろ?」

と言いたげです。

別に批判じゃないよ。

それくらい気合いが入ってる方が、うまいに決まってます。

どこのそば粉かは、わかりません。

猪苗代町は、そば粉の生産量が本州でもトップクラスなので、

地元の粉かもしれません。

天ぷらがないので、もりの大盛りを注文です。

  

そばかきました。

配膳されるとき、色々細かく聞こうと思っていたのですが、

他のお客さんと話が盛り上がってしまい、聞きそびれました。

そばを待ってる間にもお客さんが2組来ました。

地元ではけっこう有名な、そば屋さんなのかな。

色がちょっと黒いですね。

のどごしがなめらかなので、ロールの7分挽きくらいかな。

こしがあってうまい。たまに太いのがあるのはご愛敬。

つゆも、特段書くようなことはなく普通なのだが、飽きない。

うまい具合に調整されている。

また来ても、いいな。開いてればね(笑)。

他の店より頭一つ抜けている、という感じまではいかない。

他の店と同じくらいうまい、というレベルだ。私的にはね。

食べログはちょっと高評価過ぎのような気がする。

  

最後に恨み節。

営業日がきまぐれです、というとちょっとかっこいいが、

それってサービス業としてどうなのよ、という感じがする。

老夫婦の経営なので、体力的な問題とか色々あるのだろうけど、

食べログなどに掲載されているわけで、遠くから訪問してスカを

食らった人のコメントとか読むと、そばの味も大事だがお客様に対する

姿勢も、それ以上に大切なような気がするのだが、どうだろう。

営業は11:30からだが、訪問前に電話は必須らしいです。

ほかのお客さんから、

「おめ、ここさ来っ時は、電話すんのが、あたりめだぞ」

と言われました。

あと、本来の定休日は、月・火曜日です。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早起きは三枚の得か? | トップ | 桧原湖を逆周り »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「きまぐれ」 (yuki)
2017-06-02 13:26:55
ここの蕎麦屋さん 行ってみてもいいなぁ
ぶっかけ蕎麦ってのにも 興味あるし

yukiさん (abechan)
2017-06-02 13:56:30
行くときは、猪苗代警察署のセブンイレブン
の交差点を川桁方面に行くと、わかりやすいです。
行くときは、電話してから行ってください。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL