あべちゃんの写楽生活

撮ることが楽しいのか、楽しいから撮るのか

蓮の花が見頃

2017年07月06日 14時33分08秒 | 写真

  

タイトルに「見頃」と書いたが、見頃を計算して出かけたのだ。

ロケハンから「よさげな日」と思っていた日が、2日前。

しかし、台風3号が接近していた。

でもどうやら、東北直撃はなさそうだ。

それでも、梅雨前線が東北南部に停滞していて、

それを刺激しているらしい。

連日の雨。しかも、大雨警報が出る始末。

撮影どころの話ではなかった。

  

そして今日。台風は去った。

しかし、降水確率60%。

今、雨は降っていない。どうする、40%にかけるか。

別にあせらなくとも、花は順番に咲くので、

見頃は1週間ほどあるのだが、週末には行きたくないのだ。

お寺は宣伝していないのだが、手軽にすぐ近くで

花を観賞できるとあって、口コミで噂が広まって、

週末にはけっこう人が集まるのだ。

こうなると、引きの画は撮れなくなってしまう。

よし、行こう。

  

「花はマクロ」と決めている人がいるが、これくらい大きい

花だと、100mクラスのマクロでは、かなり下がらないと

全体が入らなくなってしまう。

ましてや群生などは、事実上撮影不可能だ。

マクロといえど100mは、望遠に分類されるからだ。

だから、今回は標準レンズで撮影しています。

逆を言えば、よほどの寄りでないかぎり、標準レンズで

十分撮影できる、ということです。

「いいレンズがないから、いい写真が撮れない」というのは、

言い訳です。

  

  

  

  

  

  

  

仏様が出てくるとしたら、まさにこんな感じかも。

  

この場所(会津美里町 高田 龍興寺)がなぜいいのか?

もちろん、すばらしい蓮池があるからなのだが、その他に、

駐車場の脇に蓮池があり、重いレンズを何本も

持って行く必要がない、ということがあげられる。

必要になったら、取りに行けばいい。

徒歩0分だから。

最大のいいところは、蓮池が本堂の裏にあることだ。

本堂の前を通過して、住職にあいさつする、という

ことをしなくてすむのだ(笑)。

おっと、住職と遭遇したら、ちゃんとあいさつしてね。

  

花はちょっと明るめに撮影すると映えるのだが、蓮は

しっとり感が欲しいので、ガマン。

 

あくまでも私の予想ですが、7月12日あたりまで

楽しめるのではないかと思います。

電話でお寺に「蓮の花、まだ咲いてます?」とか聞くのは

遠慮した方がいいですよ。

まあ、教えてはくれるでしょうが、失礼です。

あと龍興寺への道は、かなり狭いですので注意。

駐車場は無料で、うーん10台くらい駐められるかな。

石の上に苔が生えていて滑りやすいです。

池にダイブしないように。

花は撮っても、絶対に採らないでね。

来年から立ち入り禁止とかされたら、困る。仏様が見てるよ(笑)。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペンションにお邪魔 | トップ | 新鶴温泉健康センターで日帰... »

コメントを投稿