あべちゃんの写楽生活

撮ることが楽しいのか、楽しいから撮るのか

BOIS DES ILES(ボワ・デ・ジル)

2017年05月15日 00時54分12秒 | シャネル フレグランス

    

今回もゼクスクルジフのシリーズです。

やっと、知っている製品が出ました。

これは、解説本、ムックなどで「過去のシャネル製品」に

たびたび登場します。

過去に実際に販売されていた、と確認できるものです。

なんと、1926年発売だそうです。

No.5から5年後ですね。

と、いうことはシャネル本人も香りを確認しています。

私の読んだ本には「名香」と書いてありましたよ。

「だったら、なんで今でも売ってないんだよ」という

突っ込みはしないでおきましょう。

  

- シャネルオフィシャルサイト より -

  

直訳すると「樹の島」。勉強不足でこれが何を

意味しているか、わかりません。

オフィシャルサイトではウッディー系としているので、

それを意識して調香されたのかもしれません。

それだと「樹の島」も納得ですね。

  

ラストノートが葬儀屋臭いな(笑)、と思っていたのですが、

サンダルウッド(白檀)だったんですね。

意外とこの香りはね、後までも残るんだよ。

タンスの匂い袋を想像してみてください。

  

香りは昔のシャネルの定番、「甘く爽やかな香り」が

ベースになっています。

No.5からの流れですね。

ですから、No.5が嫌いでなければ、受け入れられる香りです。

あとは、ミドル、ラストがちょっと違うので、好みの問題です。

逆に、わざわざ限定の販売店まで行って、これを買う必要性に

疑問を感じるんだよな。

No.5、COCOあたりで十分のような気がする。

まあ、試しにどんな香りなのか、テスターで確認してみるのも

悪くはないけどね。

ちなみにですけど、私はウッディー系とは思いませんでしたよ。

普通の女性の香り(笑)という感じ。

  

おまけ

  

土屋太鳳、広瀬すず、有村架純の区別がつかん・・・

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CUIR DE RUSSIE(キュイール・... | トップ | 1日くらい放置すると、いい香り »

コメントを投稿