あべちゃんの写楽生活

撮ることが楽しいのか、楽しいから撮るのか

プリンター交換しました、だけでは済まなかった

2017年11月29日 03時47分01秒 | 写真

  

先日、プリンターをEPSONからCanonへ変更したことを記事にした。

もちろん、さっそくプリントもしてみましたよ。

その時は、最高画質設定で最高グレードの専用紙だった。

文句なし。

私は、せっかく撮影したベストショットなので、紙をケチりたくない、と

いうたちなので、いつも紙は最高グレードのものを使っている。

20枚で5,000円以上だ。失敗できない(笑)。

  

しかし、若干の問題もある。

それは、プリンター本体は交換したのだが、まだEPSONの最高グレードの

紙が20枚以上あるのだ。

これを捨てるわけにはいかない。

しばらくは、CanonのプリンターでEPSONの紙にプリントすることになる。

「たいして、変わんねえんじゃね?」と思われるかもしれない。

私もそう思っていた。

しかしプリンターメーカーは、プリンター本体より、インク、紙で利益を上げる

方法に転換しているらしい。

自社ブランドでユーザーを囲い込みたいのだ。

言い換えれば、EPSONプリンターならEPSON専用紙の設定があり、

その設定で最高の結果が出るようにしてある。

それはCanonも同じ事なのだ。

だから、違うメーカーの紙にプリントすることは、画質面で若干の心配がある。

そこで、テストプリントしてみることにした。

  

プリントする前にCanonのサイトを覗いていたらなんと、

「階調をより豊かにするドライバーがあります」だと。

しかも、初期設定ではインストールされない。

なんだよ、今まで初期設定のドライバーでプリントしてきたじゃん。

さっそくダウンロードして、インストール。XPSドライバーというらしい。

OSやソフトなどの環境の違いで使えない場合もありますので、注意してください。

  

あと、気づいた点なんだが、かなり初心者向けに初期設定がされている。

写真印刷にすると、ページ設定が「ふちなし」に設定される。

つまり、引き延ばされてしまうのだ。

だから、きっちりとサイズを計算している人は、「等倍」を選択しないといけない。

あと、印刷品質が「普通」くらいに設定される。

私も「やけに印刷が速いな」と思い、気がついた。

これも右側にスライドさせて「高品質」にしないといけない。

  

用紙をセットして、Photoshopからプリントをクリック。

EPSONの紙だから、「写真用紙 光沢 スタンダード」を選択。

そしたらなんと、最高画質にできない・・・

スライダーが右端まで行かないのだ。

Canonの「光沢プロ プラチナグレード」の用紙を選択すると

ちゃんと最高画質まで行く。

これは意地悪ではなく、「他社の紙では、そこまでの保証はできません」と

いうことだと思う。

まあ、EPSONにとって他社はCanon、Canonにとって他社はEPSONだから、

その紙を使っても、かなりきれいに仕上がるようには作ってあると思う。

だって、そういうパターンけっこうあるよね。

  

Photoshopでプリントするときは、カラー処理をプリンターメーカーか

Photoshopかを選択できるのだが、Canonには申し訳ないが、

せっかくPhotoshopでレタッチしたのだから、Photoshopでカラー処理した。

そしたら、印刷途中で気がついた。

なんだこりゃ、全然色が違う。

破いて捨てるくらいのレベルの違いだ。

たぶんプリンタープロファイルが合っていないのだと思うが、インクと紙が

もったいないので、そんなにテストしていられない。

現に、1枚ムダにしたし・・・

しかたなく、プリンターのよる処理に変更。

無事、印刷完了。

  

おまけ

  

牛丼屋でカレーを食う。

いつもの、すき家に入ったのだが、メニューを見て急に

カレーが食べたくなって注文。

「あいがけカレー並盛りサラダセット」なるものを食う。

牛丼の具も少し乗っている。

  

けっこう、うまい。カレーにハズレなし。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガブリエル シャネル | トップ | 撮影した写真を見て、ガクッ... »

コメントを投稿