あべまつ行脚

ひたすら美しいものに導かれ、心写りを仕舞う玉手箱

第56回 2017 いけばな協会展 新宿高島屋11階催事会場

2017-03-22 21:42:43 | 
 いけばな協会展に出品の機会を今年も頂きました。  出品したのは  3月8日、9日の2日間です。  花材がいきいきみられるのは短くて、2,3日で展示替えとなります。  家元クラスの大作はお手入れが大変ですが、  花材も吟味されたもので6日間展示されました。  日々、変化していきながら、堂々とその場を飾りきることも  大変な技術です。  2月の草月流北支部展の花展に出品した翌月に  慌ただ . . . 本文を読む
コメント

いけばな展に出品 北千住マルイギャラリー

2017-02-25 12:47:23 | 
   いけばな草月流は各地での支部活動も活発です。  私が所属しているのは、東京都北支部ですが、  その花展が2月10日〜12日まで  北千住マルイギャラリーで開催され、不肖あべまつも出品する好機を頂きました。  今回で支部展には4回目の出品となりましたが、  ちゃんと成長しているのだろうか、との疑問もありながら、  花展の経験値が少しずつ増えてきましたので、  なんとかなるかと思いきや、今回も . . . 本文を読む
コメント

博物館に初もうで 東京国立博物館 2017

2017-02-07 21:13:52 | 東京国立博物館
 1月27日の初トーハクではありましたが、いつもながらの重厚充実の展示の中、  特集「博物館に初もうで 新年を寿ぐ鳥たち」をみてきました。  展示は1月29日までで終了しています。  本当に、トーハクは私立美術館の何倍ものスペースを何処よりも  安価でかつ、美麗優麗な建築物の空気感の中、好きなように歩き回ることができるのですから、  夢のような桃源郷だと心底敬愛を捧げます。  さて、雪月花、花鳥 . . . 本文を読む
コメント

東京国立博物館 2017/1/27 本館より

2017-02-07 19:15:25 | 東京国立博物館
 年初の東博にはあの、長谷川等伯の「松林図」がおでましで  賑々しく新年をお祝いする行事が沢山企画されていましたが、  なかなかそれを体験することができなかったのですが、  やっと1月27日に見てきたもの、画像でメモしておきます。  まずは縄文土器に初もうで。  深鉢形土器 縄文中期  解説を読むと、なんと、千葉県市川市柏井町  姥山貝塚から出土!  市川市は縄文国だったこと、もっと知っ . . . 本文を読む
コメント

あなたに続く森 青木美歌 展  ポーラミュージアムアネックス

2017-01-25 21:34:57 | ギャラリー
 金沢から友人が遠征してきて、  彫刻家、中村ミナトさんの個展で合流し、しばし歓談ののち、  ミナトさんと3人で晩ご飯をご一緒することとなりました。  その晩ご飯まで少し時間があったので、金沢の友人と銀座を散歩することとしました。  金沢より寒い、といわれたくらい身に染みる冷え込んだその夜は  黄昏をすぎてネオンが一段と煌めいていました。  思いつきで、ポーラミュージアムアネックスを覗いてみ . . . 本文を読む
コメント

白洲正子ときもの展 松屋銀座8階

2017-01-16 11:02:16 | 美術展
   年末年始の企画展として、ここのところ着物を特集するようになった  松屋銀座店ですが、今回は白洲正子さんのきものをとりあげました。  銀座界隈の和装店との協賛でもあり、ショップも和装店が出店し  銀座各店の和装店のサービスを銀ぶらしながら楽しめるような企画ももりこまれました。  旧友との恒例新年会は京都の香りがただようこじんまりとしたお店で  お正月らしい京都のお雑煮ランチをし、日本酒 . . . 本文を読む
コメント

入江泰吉作品展「心の原風景 奈良大和路」 フジフイルムスクエア写真歴史博物館

2017-01-14 17:18:42 | ギャラリー
   森美術館からミッドタウンのサントリー美術館へ移動し、  もう一度「小野田直武と秋田蘭画」展をみたいと思って外を歩いていました。  そこに、大好きな入江泰吉先生の写真がみえました。  吸い込まれるように、フジフイルムスクエアの中に入りました。  奈良には30代前半のころ、3年ほど移住していたこともあって、  思い入れのある懐かしい場所です。    当時若い写真家を友人に持つ人がいて、入江 . . . 本文を読む
コメント

宇宙と芸術展 森美術館

2017-01-13 23:33:27 | 美術展
 2017年新年最初の美術鑑賞は  森美術館で「宇宙と芸術展」でした。  今年はブログ更新が遅延しない工夫として、  フライヤー画像をあげて、  とりあえずは簡単に感想を入れて、  展覧会に深い感想がある場合はあらためて記事にする作戦など  試行錯誤したいと思います。  以前のように  思いを込めてたっぷり時間をかけながら  作品と向かうような真面目な態度がかたむけられるかどうか。  ゆる . . . 本文を読む
コメント

2016年 アート鑑賞ベスト10

2017-01-05 20:51:23 | 美術展
   新年が明けてからの2016年アート鑑賞ベスト10となりました。  昨年は大きなイベントの事務局として活動に奔走していました関係で  なかなかアート鑑賞の機会を得ることができず、  あたふたと過ごしてしまいました。  鑑賞すると言うことは、見る側のコンディションがとても重要で、  きちんと対峙することができなければ、  何も見ていないこととなります。  記憶にも残らないような、そんな申し訳 . . . 本文を読む
コメント

2017年 平成29年 謹賀新年

2017-01-01 16:05:21 | つらつら思うこと
 2017年、平成29年 新年あけましておめでとうございます。  昨年に引き続き、ゆるゆる遅延の「あべまつ行脚」をよろしくお願い致します。  今年は 年女、還暦を迎える、記念の一年となります。  まぁ、大変な年増になったものだと、他人事のように感じられます。  とはいえ、いつもながらのマイペース、気が向く風にふわりのりながら  ゆるゆるお付き合いお願い致します。  それよりも、去年のアート . . . 本文を読む
コメント