MotoCross&Enduro Rider
Factory Pilot Club abe-G
abelog



アリタリアAZ785で成田→ローマへ

チーム仙台主催でネイションズ日本代表選手成田亮の激励壮行会を

 はんぞう で

チーム日本の百井団長参加(一列右)

名古屋から駆けつけたのはヤマハワーク#99平田優

全日本レディス会から餞別の見とどけ役でした ^^;

私くし、マッジョーラの↓ 写真をDL

 

チャンポヨンに・・・ (^。^)y-.。o○

でしたが、ここの登りは半端なく急だと立体的なことを知っていました^^;  

イタリア10日間の旅は自ら企画立案手配。

何事もなければ良いのですが!

成田出国手続き

搭乗ゲート

穏やかな天候

快適です

ローマフィウミチーノ空港内ポスター 

先ずは10万円を換金

券売機でチケット購入

事前に雑誌で情報収集により、迷ったけど大きなトラブルなし

フィウミチーノ駅からローマテルミニ駅

到着

駅出口イギナリ自動小銃を抱えた兵隊さんが数人

ホテルは駅の近くだったので地図を見ながら徒歩でw

ホテル到着21時

遅めの夕食は周辺探索を兼ねレストラン探し 

メニューを見て分かるものはピッツァだけ(:_;)

 

翌日、地下鉄に乗り4駅目、ローマ最初の見学はサンタンジェロ城

地上に出て、目的のサンタンジェロ城の方向が分からない

道路の看板も読めない!分からない!

鳩じゃないけど、地図をくるくる回し直感で歩くことにw

緊張してたのか冷や汗が・・・

ポケットに手を入れハンカチで汗を拭いw

10mほど歩いたら後ろから大きな声が・・・

うるせぇなぇ!“ジャポーネを見ての呼び込みか!?” 無視

また、呼びます!

振り向いたら70歳頃のジェントルマン風のオッチャンが私くしに話しかけてきます。

その方の仕草をよくよく見たら・・・ (^_^)

私くし、ポケットに手を入れてハンカチを取った際 euro札を纏めて落としたら模様^^;

届けてくれたんです(^。^)y-.。o○

サンキュー!グラッチェ!

お金を受け取りポケットに!

歩き始めてすぐにまたまた呼び止められました。

また、お金を届けてくれました。

私くし、相当テンパっていたのでしょうw

同じ人なのか別の方なのかも判断できなく、ただサンキュー!と言ってお金を受けっただけ!

落としたお金が2か所に飛んだのかそれともポケットに納めて手を離した時にまた落としたのかもまったく分からない。相当テンパってたのでしょうねぇ!

2年前のフランスでのスリの事もあり、イタリアは“スリ・ひったくりの学校” まであるらしいと聞いたので、財布を持たずお金はポケットに入れることにしたのが、裏目に(-_-;)

しかし、イタリアの方々はジェントルマンですねぇ!

イタリア人大好きになりました。

ジャパニーズSENDAIイタリアンレストラン(does)似の店は別ですょ!

ハプニングから歩いて15分

 城の正面

左手を見ると、あとで見学の予定の

サンピエトロ大聖堂

大聖堂の正面から右に折れバチカン市国バチカン美術館に

美術館入って直ぐは、エジプト美術館

 ミイラ   

○△×の ↓ 入り口

写真を撮っていたので、真似てパチリ

ピオ・クレメンティーノ美術館の

 肉体美

この表現にミケランジェロが影響を受けたそうなw

勝負!  ↑ の肉体美 < 俺の肉体美 = 俺の勝利

老い裸の肉体美に影響を受ける女性が (^。^)y-.。o○

本命は ↓ これです。ラファエロの間の “アテネの学堂” 

アリストテレス・プラトン・ヘラクレスなど哲学者や科学者が集まって論議の構図

未来に置き替えるなら、ノーベル賞受賞者に私くしが加わっている構図間違いなし!

エロ部門で・・・ なはははははっ!

その他、いろいろあるらしいけど先を急いだので・・・

接続のサン・ピエトロ大聖堂へ

聖○△×像

興味無し!

出口(正面)に 

この後の観光は歩いて見ることに、次は1.5kmの

ナヴォーナ広場

次は800m歩いてスペイン広場へ

途中感じのいい小さなレストラン見つけたので、昼食にw

昼食は ここでも ピッツァ と ビーラ(麦酒) を 

栄養補充し歩け歩けですがなかなか見つけられないスペイン広場

途中の広場

これを見てスペイン広場は諦めようと・・・しかし、方角は間違っていない

ありました、この先100mにスペイン広場が 

諦めてはいけませんねぇ!

一部工事中で階段は立入禁止でした

 トレビの泉

泉にコインを投げ入れるのが基本スタイルとか

私くしケチではありませんが、水を汚したくない、環境に良くないことは出来ません

次は、1kmちょっと歩いて、私くしのような誠実者が行く所に

「真実の口」です

フォロ・ロマーノとコロッセオのバウチャー持ってましたが

古代ローマ帝国中枢のフォロ・ロマーノ

 

私くしには屑にしか見えず歩きながらチラリ見でコロッセオに

中は ↓ こんな感じ

古代ローマの建築物で凄いのでしょうが・・・ 興味がわきません

ローマ観光はここまで

夕暮れも夜明も遅いです

翌日は、夜が明けて間もない7時にホテルをチェックアウトしてローマを南下

テルミニ駅前の路面電車

そう言えば、ローマのLRT は乗らなかったなぁ!

現在7:08 駅の列車案内表示板 

7:30発なのに、まだ到着ホームが決まっていない!

乗り場ホームの表示は7:20でした

ナポリセントラル行き7:30は11番線

ホーム入って来た列車だな!

イタリアの新幹線です

ローマ⇔ナポリ間 約220km 所要時間1時間10分

 ビジネスクラスの指定席

乗って15分、ワゴンサービスがw

ワイン頼んだらなんとサービスです(^。^)y-.。o○

ナポリ到着

駅構内のDeposito Bagagli に荷物を預け、地下鉄で2駅目のムニチピオへ

地上へ出て、それなりに歩いたら

ヌオーボォ城

なんチャラ広場

プレビシート広場だど

ナポリのメイン通りをナポリ駅に歩いたらデモの集団が

そんなのどう デモ いい!

腹が減ったのでナポリと言ったら

ナポリタン

イタリアに来て2日目、始めて老い裸の口に合うものとの出会いに感激!

ナポリ観光を済ませ、駅で荷物を受け取り今度はフィレンツェ(北上)に

同じく指定席のビジネスクラス

隣の席は対面の4人掛け 私の席は対面の2人掛け

今度の移動距離は約500km 2時間40分の乗車時間。

ビール&ツマミを買いこんで発車時間を待つ事に・・・

イタリアの新幹線もすっかり慣れてきました。

ワゴンサービスが来るのを待って、またまたワインただ飲みの準備w

来ましたワゴンサービス!

しか~し、私しにはドリンクの注文がありません!

まぁっ!戻りの時に・・・だろう(-。-)y-゜゜゜

来ましたが、スル―です(-_-;)

持ち込みのビールを飲んでいたからなのでしょうか (ー_ー)!!

不公平な国だなぁ!

いい調子で飲んでたら・・・眠っちゃいまいた。

気が付いたら間もなくフィレンツェSMN駅到着らしきアナウンス

構内に入り停車寸前です

慌てて片付けスーツケースを降ろしホームに

やばかったぁっ!お宿泊は駅の西側、LRTが走る道路を挟んですぐ前

チェックイン後、またまた夜の周辺探索に

 

翌日は7時28分発の列車で 

ピサへ

ピサ駅から徒歩15分

ピサの斜塔

内部に入ると

中は空洞、傾きが分かりますねぇ

これだけが目的でした

ピサ駅に戻るときに、街中での店で見つけました

こんなモンスターエナジー見たの初めてです

ピサ駅からは各駅停車でフィレンツェに戻ることに

表示板は11:54分の列車です

ホームに列車が入っていたので、急いで機械にチケットを入て刻印を

  ポジット 

これをやらないとチケット持っていても無賃乗車扱いとか

急いで乗車し、発車です

乗っている人の数が少ないです!

この車両には4人、私くしの見える範囲で隣の車両には2人

ピサの街を堪能してからなんだろうし、この時間帯はフィレンツェに帰る人はまだ少ないのだろう!と

座席は、来る時と反対側のしかも景色が見えるように中2階の高い席を選択w

車窓からは、大型トラックが更に牽引し

かっこいいなぁ!流石ヨーロッパっ!

てな感じの満足感でした

10分位して駅に到着

ドアが開き降りる人を見送り、廻りを見たらこの車両には他に誰も乗ってません

ドアが閉まり、暫くしても発車しません

5分・10分・15分経ち、心配になりドアを開け外の状況を見ようと!だがドアは開きません!

隣の車両に移ろうとしても車両間のドアも開きません!

OMG~! 完全に閉じ込められたようです

ホームを係員が通るだろうから向うからこちらが見える1階の席に移り、関係者が通るのを待つことに・・・

誰も通りません。車内点検もありません

暫くして列車が動き出しましたが、隣の車両のドアも開きません!

覚悟を決めました

このまま車庫か操車場行きだなぁ!と

窓の外の景色を見ていたら、見覚えのある風景が

もしかするとこの列車ピサ駅に戻っているのかも・・・

駅構内にらしき所に列車が入いり見覚えのあるピサ駅に着く事を確信

安心しました

一度降りて、この列車の行き先を確認

今度は間違いなくフィレンツェ行きでした

予定時間より1時間30分遅れで、フィレンツェ市内の観光にw

フィレンツェSMN駅降りて 

サン・ジョヴァンニ礼拝堂・ジョットの鐘楼・ドゥオーモ

レオナルド・ダビンチミュージアムに

こんな時計も発明したんですねぇ

そして、こんなのもありました

女性の 子宮部分が

動脈・静脈  解剖したのでしょね! この方

ダビンチさん

6面鏡だったか8面鏡だったか(^_^.)

私くし“分身の術”   忍 忍 (平田優の術)

もっと驚いたのはミュージアムのトイレ 厠のような感じですw 

これで、小も大もやるんですねぇ 驚き(@_@)

大は試して見ませんでした (^。^)y-.。o○

色々ハプニングがあり本日の観光視察はこれまでw

本日予定だった残りは明日に繰り越しw

夕飯は、ピッツァばかりでは飽きたので ステーキを食いにレストランにw

高かったけど骨付き 美味かったぁ~ ワインも美味かったぁ~

 

翌日は早起きして、メディチ家礼拝堂からアカデミア美術館に

両方とも開館は8時15分です

ホテルをチェックアウトして荷物はフィレンツェ駅のまたまた荷物預け所に

メディチ家礼拝堂を見学してから8時45分にアカデミア入館予定

メディチ家礼拝堂には、ミケランジェロが設計した

 左が 「夜」? と 右が「昼」 ?

そして 「黄昏(左)」と「曙(右)」が

男が暗く 女性は明るい方と勝手に判断

良くわからんねぇ!

9時前のアカデミア美術館着でしたが  OMG~!

並んでます

事前にチケット手配していなかったので、順番が来るまでアカデミア美術館のお勉強をw

かれこれ待つこと1時間

おかしいんでない!

看板みたら  22日は 10:00開館らしき張り紙が (-_-;)

やっと入れたのが10:40分

よっしゃっ!

 

お目当ては ↓ です

ミケランジェロの ダヴィデの肉体

老い裸の10年前とよ~く似てるw

しか~し!

うふふふふっ! 珍○ 包○ですねぇ! 老い裸と・・・

 

パルジェッロ国立博物館に

モデルは少年時代のダビンチとか ほんとかねぇ!

流石、国立博物館

芸術の見学勉強です

こちらは、写生会 美術部のお勉強かも

 

ヴェッキオ宮殿前には巨大な亀に跨っている像が

亀が大きいのか人が小さいのかw

理解できない!

フィレンツェ最後の美術観賞は、ヴィフィッツィ美術館

ここも予約券無しだったので、チケット売場は長蛇の列!

ガイドブックの説明のように2時間待ちかも!

こんなときは、どこにもいるもんですね!

ダフ屋さんが!

12:15-12:30の入場、待ち時間無しで入れるチケットありますよ!的なカードを首から下げて話掛けてきます。

Howmuch? と聞いたら20euroだど!

通常8euroなのに!

時間は金で買うもの!

買っちゃいました

中に入ったら車椅子に乗った日本人の老婆と付き添うご主人とガイドさんの日本人!

ちょっと盗み聞きしたら、ここはメディチ家の所蔵品が一杯だど!

なるほど!でも私くしここのお目当ては『ビーナスの誕生』です

それさえ見ればあとは・・・でしたが

 聖母子と天使

アダムとイブの

絵も

廊下にはルネッサンスの彫刻が一杯

.

蛇に腕を噛まれてます。 よかったねぇ! 珍○でなくて!

でも、毒蛇だったら・・・

ルネッサンスとは裸のものばかりか!?

イタリアン男のシンボル丸出し!

私くし、勝手にルネッサンスとイタリアンの回想は、ここのものを含め今まで見てきたもの・・・

殆どの なにに なにが 被ってます。

情けないなぁイタリアーノは・・・ と推測。

映画ロッキーの名言「イタリアの種馬」は、いないのか!

 

廊下の窓から見える橋

アルノ川に架かるフィレンツェで最古のヴィッキオ橋

覗いてみたら橋の両側に金細工店が並び賑わってました。

 

戻る途中の市場の中で発見した

イノシシ像

そして、遅めのランチはスパゲッティ

トマトとバジル

荷物を受け取りフィレンツェSMN駅からミラノまでまた新幹線移動です

フィレンツェSMN駅16:00発です

フィレンツェからミラノまで約300km 所要時間約1時間40分

ミラノセントラル駅から地下鉄3号で4駅目のドゥーモ―へ

大聖堂の横の道を歩いて歩いて5分がホテル

ドーム型のアーケードの中にありました

高級ホテルはジャケット着用者が大部分ですが私くし持ち合わせておりませんでした

チャンポヨンから夕食場所の連絡有り

ミラノの近くと思ってホテルのフロントに住所を告げ、ミラノの地図で大体の場所を教えて貰おうとしたら・・・

パソコンで検索を始め・・・

チョット遠いようなのでSUBWAYと言ったら、難しい説明のようなのでタクシーを呼んで貰う事に

ミラノ市内の地図には載ってなくかなり遠い模様

5分後にタクシーが

プリウスのα?と聞いたらイタリアではプラスと言ってました

ドライバーに私しの秘密兵器でイタリア語でのコミュニケーションを

バーコードダウンロードの翻訳キットで、現地まで

音声も流れ優れもの!超ウケました

50分くらいとか!

現地着は19時30分か!

ミラノの街中混んでます

しかも危ない!

車・路面電車・バイク・自転車・歩行車が無差別に自己優先にしか思えません!

しかも飛ばします

いくらフェラーリの国だからと言っても街中の渋滞でゎっ!

明日からのレンタカーでの移動が怖く成りました(ー_ー)!!

ようやくTeamJapan及びHRCスタッフの方々と合流

ウェルカムパーティーです!

帰りもタクシーで 因みに往復200euroでした

夜のドゥオーモ(大聖堂)を見に 


朝のドゥオーモの姿と比較

屋上に登って見る

素晴らしですね!400年を経て完成したそうです。

屋上から晴れていれば、アルプスが見えるとか

地下鉄1号線で4つ目の駅で降りサンタマリア・デッレ・グラツィエ教会予定

が、間違って一個乗り越しちゃいました

地上に出て歩いて行くことに、最初の一歩の方向は勘です

良い勘してます

ダヴィンチの最高傑作「最後の晩餐」があるところ

今回は観賞期間外でしたが建物だけ見に来ました

 

ホテルに戻りチェックアウトして、地下鉄でミラノ駅方面へ

3つ目の駅で降りてレンタカー屋へ

12時からの予約です

こちら ↓ の担当さんが良かったのですが、私くしの担当は♂でした

この方の接客は

 イタリアーノ?

 無音効果(^_^.)

繋げればw

 

♂にバウチャーを見せ、それでもなんやかんやで分からなく

私くし、奥の手をまたまた携帯翻訳キットの出番

♂の担当者に見せたら

理解したのか、スペルを打ち始めました

 直ちに理解できるような

会話の翻訳にはなりませんが、なんとか理解できる翻訳にw 

デカシタねぇ My スマホ (^。^)y-.。o○

このおかげで、書類が整うまで1時間掛かったけど契約成立

今度は車を別なところから出してくるから待ってろ!だと

しか~し、戻ってきたのは取りに行くと言ってから20分以上(-_-メ)

頼んだ車はナビ付なのに! 無し!

ノーナビゲーション!?

と言ったけど、どの車もナビはないと言ってるようだ!

OMG~!

そこで思いついたのが携帯ナビ!Googleナビです

行きたい場所(本日のホテル)の住所を入力して貰いましたが

色々ゴネていたら・・・携帯を取り付けるスタンドを持って来ました

私くしのSonyエクスぺリアをスタンドに取り付けうと頑張ってます

が、取付け幅には、どう見ても無理です

それを頑張って広げよとしてます

幅が無理と分かったら携帯のカバーを外し少しでもスリムにしようとしてます

無理なのに!

この辺がこの♂のイタリアンは阿保じゃないのと思っちゃいました

堪らず、OK ×2 を

先ずは、この先を曲れと言ったたから、私くし携帯Googleナビを使うの始めてだけど走ってみよう!

出発です

携帯ナビが動きません

しゃぁなぃ! 勘と勇気で走るか!

それが大きな勘違いでした

どっちへ行ってるのかさっぱり分かりません

おまけに携帯はスリーブ状態

途中で車を停めナビの画面操作から・・・

目的地をいじっていたら♂担当が入力したデータを発見

データをタッチして目的地に

ここで初めて分かりました

開始マークをタッチしていなかったのでした

今度は完璧にGoogleナビ しっかり案内してくれます

しかも音声入りで 『100m先交差点右折です』 てな具合に^^;

予定の時間からすっかり2時間のロス

高速の乗り方や料金所での精算方法も予習していたので(^。^)y-.。o○

ナビによれば、ホテルまで約40kmだしこのまま指示通りに行けばホテルまで1時間ちょっとで行けるなぁ(^_^)

Gマークまで3kmの表示が・・・

でもなんとなく住宅のないような感じが・・・

Gマークまで100m 

はぁ~っ! あの♂担当間違って入力しあがった

15時回っているしチャンポヨンには16時着予定と言って待合せてるし!

またまたテンパっちゃいまいた

マッジョーラParkの住所を入力し再出発

高速を利用し間に合いそうです

会場近くの関係者入口まで到着したことを連絡

チャンポヨンとの連絡は、電話の設定が不具合でメールでのやり取りでした

車を寄せ待っていたらチャンポヨンとハタボーの車が・・・

顔を見た時は涙が出そうでしたw

腕輪とP券を受け取り、いざ会場入り

パドックでにこやかなのが 

日本選手団々長MFJ百井さん

GPクラスあきらのメカニック千葉さん

MX2クラス 能塚のメカニック ハゲ×  ◎しげさん

智寛の展示車

好調な感じのGpクラス#58アキラ

そしてイタリアをベースとして世界選手権で戦っている

 鯨 #60MXopenクラス

そして、第4番目の 控えライダーの老い裸は

  世界のabe-G

HRCから私のマシン提供はあったのですが戦闘服忘れたので応援組にw

 応援グッツ を頂きました

松永さん有難うございます

応援場所の下見を済ませホテルに入ることに

ナビも操作完璧です

ホテルにはランボルギー二が 

 

流石イタリアですねぇ!

翌日、会場のパドックサイドでまた見ることとなりました

ビックスポンサーの車だったのでしょうねぇ!

 

土曜日はセレモニー から

ピックアップに乗って、アキラ・智寛・クジラがTeamJapanの登場です

控えのライダー紹介がない!私くし大人しく応援団席にw

応援位置

 

応援コーナーにはこんなイタリアーノが巡回です(^^♪

後姿 かっこいい!

 さて!どっちの娘!?

ホテルでデカイ紙コップを手に入れ、底をフォークでくり抜き即席のメガホンを作成^^;

アキラ~!






アキラ~!

こんな感じのコーナ手前での応援です

カメラ用一本脚に日の丸を取付けコース内に

ライダーが見つけること間違いなし(^。^)y-.。o○

結果TeamJapanお見事です

頑張りました TeamUSAより上位で予選通過

 

明日は8時現着で公式式練習から老い裸の出番だなぁ!

老い裸のホテルにはどこかの国のライダーが泊まってました

それとUSAの応援団も

近くのスーパーマーケットで今晩のドリンクと明日の食糧とを買いこみスタンバイOKです

ホテルで夕食

ピザは硬そうだし、スパゲッティ―を頼んだら2口分程度の量しか盛られてません!

悔しいのでサラダを頼んでワインをがぶ飲みすること 3日間w

 

最終日ホテルでゆっくりしてマルペンサ空港のレンタ返却に

あらららっ!燃料入れる前に空港に着いちゃいました

途中で見つけたGSまで戻り給油して返却

カウンターの女性

  ステキです

空港洒落てます

ミラノのドゥオーモが大ビジョンに

アリタリア空港のカウンターを探し

荷物を預けチェックイン完了

出国手続きも済ませ、残るは時間までイタリアンワインの体内注入w

搭乗開始 

動き出し出しました

 さよなら!

ミラノマルペンサ空港ょ

 

  



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 8耐 Powe... 続いて立山の... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (処ライ)
2016-10-13 18:40:04
応援してたのに・・・
戦闘服の出番なかったんですね!w
 
 
 
処ライ様 (abe-G)
2016-10-13 23:17:39
やる気マンマンだったのてすが
百井団長は、老い裸の出番はコースサイドしか与えてくれませんでした。
フランスチームをけちょんけちょんにやっつける意気込みはあったのですがねぇ^_^;
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。