ふくろう日記・別室

日々の備忘録でしたが、新たに「介護の日々/care」を記して参ります。(2017・7・3)

本好きのアイディア

2017-07-08 10:43:43 | Care


人間の体に左右があって、手足が2本あることがあたりまえですが、
この当たり前が、欠落してしまうこともある。

夫は左手と左足の麻痺のリハビリ中。
それでもなんとか右手だけで本を読みたい。

小林秀雄のCDだけでは足りない。
いろいろと考えている。
ページをめくって抑えるのに、大きな洗濯バサミを使う。
本が倒れないように、胸の上にブックスタンドを置く。

ハードカバーよりもソフトカバーの単行本がいい。
単行本でも重い。文庫本がいい。

そうやってやっと「小林秀雄」の文庫本一冊読了。

「今度は、『古井由吉の詩への小路』を持ってきてほしい。」
「単行本は重いからダメだと言っていたでしょ。」
「いや、読めるような気がする。」
「じゃぁ、古井由吉の単行本と、小林秀雄の文庫本『直観を磨くもの』を持ってきます。」

さてさて、どうなるか?
看護婦さんと、理学療法士さんの報告では「疲れて眠ってしまうこともありますが、
熱心に読んでいますよ。」とのこと。

リハビリも真面目に頑張っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Yくんのお手紙 | トップ | 北原白秋・五十音 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。