何も問わない

音を観る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9本目のヒット。

2016-04-30 11:44:19 | 日記

 【ミルウォーキー=共同】米大リーグは29日、各地で行われ、マーリンズのイチローはミルウォーキーでのブルワーズ戦に「1番・右翼」で出場し、一回に右前打を放った後に二盗を決め、メジャー史上39人目(大リーグ機構公認の米記録専門会社による)の通算500盗塁を達成した。

 ヤンキースの田中はレッドソックス戦に先発し、6回2/3を6安打2失点で2勝目はならなかった。レッドソックスの上原は2―2の八回に3番手で登板して1回を三者凡退で1三振と好投し、今季初勝利(1敗)を挙げた。試合は4―2だった。

 マリナーズの青木はロイヤルズ戦に「1番・左翼」で出場。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

叙勲受章者

2016-04-29 07:27:24 | 日記
 政府は29日付で、春の叙勲受章者を発表した。旭日大綬章には小島順彦前三菱商事会長(74)、斉藤惇前日本取引所グループ最高経営責任者(CEO、76)、自見庄三郎元郵政相(70)ら7人が選ばれた。歌手の北島三郎(本名・大野穣)さん(79)には旭日小綬章が贈られた。受章者は旭日章899人、瑞宝章は3125人の計4024人。女性は381人で全体の9.5%だった。

 旭日大綬章は、ほかに上杉光弘元自治相(74)、上條清文元東京急行電鉄会長(80)、白木勇元最高裁判事(71)、和田勇積水ハウス会長兼CEO(75)が受章した。

 瑞宝大綬章は川島裕前侍従長(73)、西村正紀元会計検査院長(70)、先崎一元統合幕僚長(71)に贈呈。女優の鳳蘭(本名・荘田蘭)さん(70)、作家の村田喜代子さん(71)は旭日小綬章が贈られた。微生物分類学などが専門の駒形和男東京大学名誉教授(87)は瑞宝中綬章を受章した。

 外国人叙勲は44カ国の90人(女性は19人)。タルボット元米国務副長官(70)らが旭日大綬章を受章した。大綬章の親授式と重光章の伝達式は5月10日に皇居で開く。日本経済新聞web版より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

租税回避地

2016-04-27 02:17:22 | 日記
 タックスヘイブン(租税回避地)に関わる「パナマ文書」の共同通信による分析で、日本在住者や日本企業が株主や役員として記載された回避地法人が少なくとも270に上ることが26日分かった。大手商社の丸紅、伊藤忠商事などが記載されていた。株主などに名前があった個人もコーヒー飲料大手UCCグループ代表者ら、大都市圏を中心とする32都道府県に約400人(重複含む)おり、回避地利用が個人にまで広がっている実態が浮かび上がった。

 丸紅、伊藤忠両社はいずれもビジネスのための出資だとし「租税回避は目的でない」と説明した。UCCホールディングスは「日本の税務当局に求められた情報は随時開示し、合法的に納税している。租税回避が目的ではない」と述べた。

 文書は共同通信も参加する国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が南ドイツ新聞を通じて入手した。

 それによると英領バージン諸島に2000年11月に設立された2法人は、10年11月段階で、UCCホールディングス社長でUCC上島珈琲のグループ最高経営責任者(CEO)の上島豪太氏(47)が唯一の株主で役員とする書類やメールがあった。2法人の事業目的や活動は分かっていない。

 文書にはまた、同諸島に1993年に設立され、台湾の大手企業が主要株主の「レナウンド・インターナショナル」に、丸紅と伊藤忠がともに95年以後徐々に出資し、09年以後は発行済み株式の約14%を保有したなどと記されている。

 このほか、ソフトバンクのグループ企業がやはり同諸島に06年設立された会社の株の35%を持っていたことも記されていた。同社は、設立したのは中国IT(情報技術)企業で同社は設立に関係せず、要請を受けて事業参加したが撤退したと説明した。

 個人が回避地での法人設立に関与した経緯や活動内容に関してはICIJが分析を続けている。

 パナマ文書の国内関係では既に、警備大手セコムの創業者や親族の法人設立が明らかになっている。〔共同〕
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご冥福をお祈りします。

2016-04-27 00:35:27 | 日記
シャンソン歌手で作家の戸川昌子(とがわ・まさこ)さんが、26日午前5時47分、胃がんで死去した。85歳だった。
 東京都出身。商社の英文タイピストとして働くかたわら、「銀巴里(ぎんぱり)」などのシャンソン喫茶に出演。楽屋などで書いた推理小説「大いなる幻影」で1962年に江戸川乱歩賞を受賞した。続く「猟人日記」は64年に直木賞の候補になり、映画化され自身も俳優として出演して話題を呼んだ。
 67年に伝説的なサロン「青い部屋」を東京都内に開店し、「銀巴里」の流れをくむシャンソンのライブを催した。川端康成や三島由紀夫、寺山修司、筒井康隆ら文化人が多数訪れ、2010年に閉店するまでサブカルチャーの発信地として若者にも親しまれた。今年7月に54回を迎えるシャンソンの祭典「パリ祭」を石井好子らと盛り上げるなど、存在感のある歌声で日本シャンソン界の中心として活躍した。
 息子の歌手NEROさんによると、5年前に末期がんの宣告を受け、闘病していた。今年3月に入院する前日まで、痛みをおして東京・渋谷のライブハウスのステージに立っていたという。朝日新聞デジタル版より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新井貴浩【39歳】

2016-04-27 00:28:50 | 日記
 広島工高時代は甲子園に縁がなく、駒大時代の通算本塁打もわずか2本。「選手としての穴は多かった」と広島の鈴木清明・球団本部長は振り返る。だから周囲の意見を真摯に採り入れ、練習に明け暮れた。その愚直な性格がドラフト6位以下の大学出身選手で初めてとなる記録に導いた。

 「最も影響を受けた先輩」と慕ってやまない金本知憲(現阪神監督)の存在が、強打者となる礎を築いた。同じ広島県出身で、ドラフト4位から広島の看板打者にのし上がった金本に憧れ、その厳しい練習に引っ張り込まれた。広島市内のジムで共に体を鍛え上げ「練習好きではなかった僕の首根っこをつかまえてくれたから今がある」。

 金本が広島を去った後はスランプに陥った。後釜の4番に座った2003年は重圧を一身に背負う経験にも苦しみ、シーズン半ばで4番を外された。04年も2年連続の不振で「次が最後のチャンス。駄目ならレギュラーの道はない」と覚悟した05年。なりふり構わず“師匠”の教えを請うた。

 ナイター終了後ホテルに戻ると、携帯電話で連絡。部屋の窓を鏡代わりにして素振りを繰り返し「両肩を水平に回せ。腰の位置は動かすな」などとアドバイスを受けた。時に数時間に及ぶ指導のかいがあり、同年に本塁打王(43本)。「あいつには何度、夕食を邪魔されたことか」と関係者に話していた先輩も、内心は喜んだだろう。

 涙ながらにフリーエージェント宣言し、阪神に移籍した07年オフ。当時は「環境を変えて野球人として前に進みたかった」と話したが、本音を明かせば「もう一回、金本さんと一緒にやりたい。その思いしかなかった」という。

 常に鉄人と呼ばれた先輩を追いかけ、その姿を理想としてバットを振り続けてきた新井。鍛錬を怠らず、真っすぐに野球に取り組む姿勢が、今は若手の模範となっている。

(常広文太)日本経済新聞web版より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加