何も問わない

音を観る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出光美術館

2016-12-20 04:23:49 | 日記
 公正取引委員会は19日、石油元売り大手のJXホールディングス(HD)と東燃ゼネラル石油の経営統合と、出光興産による昭和シェル石油の株式取得を承認した。出光は承認を受けて同日、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS)から昭シェル株30%超を取得した。当初は33.24%を取得する予定だったが、2%程度下げた。
 企業結合審査を進めてきた公取委は午後4時に記者会見を開いた。JXHDと東燃ゼネは21日に開く臨時株主総会での承認を得て、2017年4月に統合新会社の発足を目指す。一方、出光は昭シェル株の取得により、株式を一方的に持たれることを懸念していた昭シェル側に配慮し、人事や事業など経営には介入しない。

 出光・昭シェルは今後、合併の実現に向けて反対する出光昭介名誉会長ら創業家の説得を進める。出光と創業家の協議は7月11日以降、中断しており、早期の協議再開を呼びかけていく方針だ。

 一方、JXHDと東燃ゼネは臨時株主総会での承認を経て17年4月に統合新会社「JXTGホールディングス」の発足を予定している。売上高で約10兆円、ガソリンの国内販売数量シェアで50%を超える規模になる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タモリさん | トップ | 映画館で観る »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。