何も問わない

音を観る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第41期囲碁名人戦

2016-11-02 21:05:44 | 日記
 井山裕太名人(27)=棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段をあわせ七冠=に高尾紳路九段(40)が挑戦している第41期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第7局は、2日午前9時に甲府市の常磐ホテルで始まり、午後5時30分、白番の高尾挑戦者が88手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は、黒番の井山名人が3時間52分、高尾挑戦者が3時間38分。3日午前9時に再開する。
 両者3勝3敗で迎えた最終戦はハイペースで進み、すでに大きな戦いの起こりにくい局面になっている。検討陣は、模様の囲い合いになると予想している。
 黒47は名人の思い切った作戦。左上を白に譲るかわりに黒49、51と連打した。左下の難解な攻防に続き、白78からは大どころを打ち合う展開。挑戦者は左上一帯の模様を広げ、名人は下辺を拡大している。解説の加藤充志九段は「囲い合いからヨセ勝負へ進みそうです。両者が終盤に時間を残そうとしたため、ハイペースになったのかもしれません」と話した。(伊藤衆生)朝日新聞デジタル版より
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひまわり9号 | トップ | 35,800km »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。