何も問わない

音を観る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画館で観る

2016-12-20 12:05:14 | 日記
SF映画史上最高の傑作として公開後30年以上ものあいだ語り継がれるリドリー・スコット監督の『ブレード ランナー』(1982年)。その続編『ブレードランナー 2049(ニー・ゼロ・ヨン・キュウ)』(2017年11月公開)の映像が初解禁された。

 「レプリカントは単なるマシンだ。脅威にもなるが 無抵抗ならば問題ない」。前作のせりふに始まり、ライアン・ゴズリング扮する新人捜査官の男に、「俺はかつて有能だった」と銃口を向けながら姿を現すのは、リック・デッカード役のハリソン・フォード。

 前作はテクノロジーの進化にもかかわらず、随所に廃退の匂い漂う近未来、2019年が舞台だったが、それからさらに30年が経った2049年の世界が新作の舞台となる。人間とは見分けのつかない、凶悪なレプリカントを追っていたデッカードは、いまは何をしているのか? 2049年の世界はどのようなものなのか? 砂漠に横たわる像は何を意味するのだろうか?

 新作の監督を任されたドゥニ・ヴィルヌーヴ氏は「僕は子どもの頃から、 独特な異世界へ連れて行ってくれる個性的な映像スタイルのSF映画に惹かれてきた。その中でも、オリジナル版『ブレードランナー』は、 断トツで史上最高の傑作だ。SF とフィルムノワールを融合させたリドリー・スコットは天才だ。新しい『ブレードランナー』は、一作目の延長線上にあり、数十年後の世界の話なんだ」とコメント。

 ヴィルヌーヴ監督は、新作『メッセージ』が全米で11月に公開され、連日の賞レースでも続々とノミネートを果たしている。アカデミー賞への呼び声も高い、いま最も注目されている監督の一人だ。独特のセンスを感じさせる映像美に、かつての興奮を呼び覚ます音楽、わずか1分半の映像で、オリジナルのファンはもとより、初見の世代にも新たなビジョンを垣間見せる手腕に、安心と期待が高まっていく。 Googleニュースより
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出光美術館 | トップ | イプシロン »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。