何も問わない

音を観る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第41期囲碁名人戦

2016-09-15 23:02:30 | 日記
第41期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)第2局は2日目の15日、愛知県田原市の旅館「角上楼」で打ち継がれ、午後6時53分、挑戦者の高尾紳路九段(39)が井山裕太名人(27)=棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段をあわせ七冠=に236手までで白番中押し勝ちし、開幕2連勝とした。持ち時間各8時間のうち、残り時間は黒番の井山名人が1分、高尾挑戦者が35分だった。第3局は20、21の両日、静岡県沼津市で打たれる。
 名人の張った大模様に挑戦者が踏み込み、生きるか死ぬかの激闘になった。両者に疑問手の出る大乱戦を挑戦者が制した。
 上辺黒83(55の地点=封じ手)からが2日目。名人は、上辺一帯の白の一団に圧力をかけながら、黒89から99で中央から下辺にわたる大模様をつくった。
 挑戦者が白102からしのぎ勝負を挑み、名人は黒107と襲いかかる。挑戦者のしのぎにめどがついたと思われたが、名人が隙をついて、戦いは右下一帯の大規模な攻め合いに発展。難解な読み比べの末、白170で右下の黒を取りきった挑戦者が、勝利を確実にした。解説の伊田篤史八段は「双方に誤算のあった一局。しのぎ勝負の中、挑戦者は一時、パニックに陥ったように見えました。持ち直した挑戦者に対して、名人がその後、乱れました」と話した。(伊藤衆生)
     ◇
 〈高尾九段の話〉 (白102あたりでは)たぶん苦しいけれど、それなりに戦えると思っていた。全然、読めていなかったが、右下の黒が取れて、よくなった。
 〈井山名人の話〉 1日目はまずまずかと思ったが、判断が正しいかどうか。右下の攻め合いで黒163とアテるタイミングがなくなった。それでだめにした。朝日新聞デジタル版より
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うなぎパイは懐かしい。 | トップ | カップラーメン »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。