何も問わない

音を観る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人工知能

2016-11-20 00:31:45 | 日記
 日本の人工知能(AI)研究者らが開発した囲碁ソフト「DeepZenGo」が19日、日本最多タイトル獲得記録を持つ趙治勲名誉名人(60)と対局して惜敗した。日本製AIがハンディなしで、公の場でプロ棋士に挑んだのは初めて。著しく棋力が上がった囲碁AIが優勢だったが、終盤で逆転負けした。

 第2回囲碁電王戦三番勝負の第1局として東京都内で打たれた。223手で黒番中押し勝ちした趙名誉名人は対局直後、「序盤がめちゃくちゃ強い。気がつけば形勢が悪くなっていたが、幸い逆転できた」と話した。

 Zenは2014年の第1回電王戦で、小型の九路盤でプロに挑んだが敗退。正規の十九路盤では09年、先に7つ石を置く7子局で敗れた。次第にハンディが減り、今年3月には3子局でプロに勝っている。

 さらに今春、韓国トップ級棋士を破った米グーグル「アルファ碁」が使ったディープラーニングという手法を応用し、急速に棋力が向上した。第2局は20日、第3局は23日に打たれる。日本経済新聞web版より
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日ロ | トップ | 劇場などで鑑賞 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事