何も問わない

音を観る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

16歳

2016-11-12 02:07:37 | 日記
 熊本市の「くまもと文学・歴史館」は11日、作家の三島由紀夫(1925~70年)が16歳の時に書いたデビュー作「花ざかりの森」を含む初期4作品の直筆原稿が見つかったと明らかにした。三島と親交のあった同市の国文学者、蓮田善明(1904~45年)が所蔵し遺族が同館に寄贈した。

 同館によると、三島は学習院中等科在学中の41年に短編小説「花ざかりの森」を執筆。教諭が文芸仲間の蓮田に三島の小説を紹介したところ、蓮田は自身が創刊した文芸誌「文藝文化」の同年9月号に掲載し、以後も作品を取り上げた。

 直筆原稿は「花ざかりの森」の400字詰め原稿用紙56枚のほか、随筆「壽」(11枚)、短編小説「みのもの月」(43枚)、同「世々に殘さん」(105枚)。蓮田が戦争で海外に出征して現地で亡くなり、長く所在が分かっていなかった。

 同館の担当者は「三島と蓮田の研究にとって大きな発見。著作権の関係で現在は公開できないが、必要な手続きを取り検討したい」としている。〔共同〕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第64期囲碁王座戦 | トップ | スティング »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事