タンブリングダイス

競馬とロックが好きな40オトコの魂の叫びとボヤキです

中央競馬ワイド中継終了

2010年12月27日 19時37分28秒 | 競馬全般
ここ削ってくるか JRA

最初の印象でした
フジの中継番組が悪くなればなるほど、その良質さが輝いていた番組でした
土曜や日曜の午後
流しっぱなしにしてうたた寝してしまう
そんな競馬ファンも多かったんじゃないかな

新規顧客の獲得重視に比べ、長いこと買ってきた既存顧客軽視の姿勢は
今までも感じてきましたが、最終回を観て本当に取り返しの付かないことをして
ると感じました
そりゃ、ワイド中継に変わる番組は出来るんでしょう
しかし
これを機会に「大レースだけでいいや」
来年からの中継の枠組み改変による経費の削減分を遥かに超える既存顧客の流失
があると思いますが、・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホットチリペッパー

2010年12月26日 00時15分27秒 | 90’S以降
ホットチリペッパー
土曜小倉12R
母はレッドチリペッパー
とっくに購入してたと思ったら、見つかんないので購入
それが

単勝 2,710円!

徹夜明け寝ないで錦糸町行ってよかったよかった
今日は他にもハンドインハンドも買っててこれも420円。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローンジャスティス

2010年12月26日 00時11分51秒 | ロック単勝馬券 80'S
ローンジャスティス
土曜の中山8R

この馬名、なんか聞いたことあるなあと思って調べたら80年代のバンド名

あったあったこの曲
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルージュマジック

2010年12月25日 14時37分09秒 | ロック単勝馬券 80'S
うわ 過去3走もしてる
気がつかなかった

ルージュマジック

阪神の1Rに出てくれたおかげで、徹夜明けの「ちょっと寝とこう」誘惑を絶ち切っていただきました
動画探して懐かしいのが見つかった
ヒットスタジオとベストテン(ザベテンとか言う女の子いたなあ)のもの


これ見てた見てた
ヒットスタジオのオープニングまで入れてくれる動画のアプ主さんには本当に大感謝
ちなみにオープニングはコロッケのモノマネで有名になった野口五郎の「真夏の夜の夢」
この曲歌ってる清志郎がこの2010年に見れたってことだけでも、この馬に感謝しないと

当時この番組見てたことはくっきり覚えてます
「チャボもっと前に来いよ」「黒柳うるせえよ」とか本気で怒ってた13歳RC馬鹿の私でした
芳村真理ノリノリ
まあ、清志郎も教授も若い!
この動画が1982年で、この1982年っていうのが翌年公開の「戦場のメリークリスマス」撮影が行われたころ
ビートたけしのオールナイトを夢中に聴いていた私(中学1年生)は「ラロトンガ島偽生中継」に深夜腹を抱えて笑い、ラロトンガ島での
教授の情けない素顔とかジョニー大倉の話も最高だったなあ
カンヌ逃したときの放送も今でも覚えてる
13歳の脳はすごいわ

もう28年前ですか
脚立乗ってメイクしてたモデルさんもいまでは50歳デコボコのおねえさまなんでしょうな

季節物も置いとこう
クリスマスソングでは今でも私のナンバーワン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルタースケルター

2010年12月25日 14時29分00秒 | ビートルズ
で、西の新馬は
ヘルタースケルター
ご存知ビートルズの名曲

ラバーソウルの馬主様でもあります

この曲はU2でしょ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャンピングジャック

2010年12月25日 14時00分13秒 | ローリングストーンズ
年末激務中
今年も有馬まで更新さぼっちゃったなあ~
イブの夜に徹夜仕事なんていうのも、この歳になると逆に
ありがたく感じますが、その徹夜明けの朝6時にスポ紙朝刊
眺めると・・・

なんと今日は

「ロック馬名」の出走ラッシュ日

特に東西の新馬戦にストーンズ馬名とビートルズ馬名が揃い踏み
なんとかかんとか8時半まで起きて、錦糸町へGO

まずは東のジャンピングジャック

JRAのHPの馬名意味では
「無重力と真空を生み出し操る。漫画に登場する架空の超能力より」
ネットで調べたら「イナズマイレブン」というサッカーの漫画から
のよう
この馬主様の持ち馬みると、サッカー用語が結構いますが
マジカルミステリーミステリーツアーなんて馬名もあるんでストーンズ的意味合いも含んでそうです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

103回江戸川落語会

2010年12月07日 23時23分10秒 | 落語
小三治師匠を観に江戸川総合文化センターへ103回江戸川落語会


びっちり満員でした

柳家まめ緑 「狸札」
柳家三之助 「棒鱈」
入船亭扇遊 「明烏」
お仲入り
柳家小三治 「一眼国」

有名な「小三治のマクラ」は40分 本編20分

客層は場所柄もあってかなり年齢高め50代60代70代が7割といったところ
最近、気になるのだが
この年齢層の先輩方の携帯電話のマナーがちょっと・・・
小三治師匠の出番ではさすがになくなったが、その前あたりで何人もの
着信音
すぐ近くの60代と見えるおかあさま
鳴ってるのに全然知らん顔
先方が切って着信音終わったあとにゴソゴソ電源OFF・・・

まあしゃあないのかな

落語は2番目の「棒鱈」が面白かった
小三治師匠のマクラ

長い!

けどまた聴きたい

今週末は
これ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加