仕事とネットワーク

自宅で、カフェで、旅先で、本業の合間に気楽にサイドビジネスをしています。

病気にならない考え方。

2017-04-20 04:44:09 | 成功の秘訣。
病気にならないためには、どう考えられますか?


病気とは、字のごとく、気が病む、と書いてありますね。


病気にならないためには、気、つまり気持ちを変えれば良いのです。


では、どんな気持ちの人が、病気なるのかというと、


喜怒哀楽が激しい人です。


感情の起伏が激しい人と言いましょうか。


激しく悲しんだり、激しく怒ったり、激しく楽しんだりしていると体調が悪くなったりします。


また、他人を恨んだり、憎んだりしていると、その荒い波動で病気になったりします。


他人を落し入れようとすると、自ら落ちていくということです。


他人と自分というのは、別個であるように見えますが、実は、見えない糸でつながっているのです。


他人を落とすと、自らも落ちていくようになっているのです。


それは、まるで登山をするときに似ています。何人かで登山をする時には、お互いの体をロープでつないだりしますよね。

ひとりが落ちると他の人も落ちてしまいます。


一蓮托生なのです。



また、病気気味の人と付き合ったり、そばに居たりすると、自分も病気気味になったりします。

逆に病気気味の人が、健康な人と付き合ったりすると、健康になってゆく場合もあります。


人は、そばに居る人の影響を必ず受けるし、影響を与えたりするのです。

だから、家族に病人などいたりすれば、その波動で自分も滅入ったりします。

でも、そばに病人がいたとしても、自分は、努めて、肯定的なコトバを発することが
大切ですね。

例えば、ついてる、感謝しています、うれしい、たのしい、許します。
などの天国言葉をたくさん使いましょう。


心の持ち方としては、いつも冷静で、穏やかな言葉や振る舞いが、とても大切なのです。





『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 病気から抜け出す方法? | トップ | 疲れたときには❗️ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL