2017年7月6日(木) オフの日

2017-07-06 20:32:24 | 日記
今日はオフ。

体調いまひとつ。もっと休まないとダメみたい。


☆ ☆ ☆

今日書店で見つけた本。
早川書房はSFというイメージが強いが、
SF以外でも興味深い本をたくさん出版して頑張っていると思う。

今の世の中カネ、カネ、カネで、
結局は政治もカネで動かされている。
恐らくはそれを露骨に告発した本だろうと思う。

カネでメディアを買収し、世論を自由自在に操る。
カネで教科書会社を買収し、教育を牛耳る。
カネで政治家を籠絡し、自分たちに都合のいい政策を実行させる。
カネで超一流殺し屋を雇い、煙たい人物を消してしまう・・・。

通貨発行権を握ればやりたい放題だろう。
そういう連中はステルス化して表にはほとんど出てこない。

知ってどうなるわけでもないかも知れないが、
多くの人が知れば何かが変わるかも知れない。
今はそんなタイミングに差し掛かりつつあるのではないか?

あ、もちろんこれは【金も時間もないしどうせ読めないだろうけど面白そうな本】ですよ。




『大統領を操るバンカーたち(上)』
(著)ノミ・プリンス
早川書房


大統領と個人的に親密な関係を築き、政策や法律の策定の影で暗躍し、
ホワイトハウスに人材を送り込んできたエリート銀行家たち。
その存在は、アメリカの進む道をどう変えたのか?
1907年恐慌から第二次世界大戦まで、
ゴールドマン・サックス出身のジャーナリストが解き明かす。
J・P・モルガンとルーズベルト大統領に始まる、
ウォール街とホワイトハウスの結託の歴史。




『大統領を操るバンカーたち(下)』
(著)ノミ・プリンス
早川書房


金融危機の大惨事を経ても変わらない、
ウォール街とホワイトハウスの癒着の深層。
冷戦時代から、「公共心」をますます失い、
私利私欲のみで動くようになったエリート銀行家たち。
彼らはいかにして、自分たちの望むとおりに、
ホワイトハウスを動かしてきたのか?
膨大な資料を丹念に掘り起こし、実態を徹底的に暴いた力作。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年7月5日(水) 279日目 | トップ | 2017年7月7日(金) オフの日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。