2016年10月11日(火) 夜勤を前に

2016-10-11 12:46:59 | 日記
今日から明日にかけてはまた夜勤。

しばらく夜勤が続く。夜勤やる人も大幅に減っちゃったからね・・・。


さて、ブログ「新ベンチャー革命」10月9日号には激しく同意する。
アベシンゾウは稀代の悪徳政治家として後世に名を残すことになるだろう。
日本を徹底的に破壊した政治家として。

その中でも許せないのが、マスメディアをまったく信用できないものにしてしまったこと。
これ、今後どうやって信用を取り戻すんだろう?

ナチス・ドイツが戦争に負けて新生ドイツがやったことの中で極めて重要だと思うのは、
マスメディアを全取り替えしたこと。
当たり前のことだと思うけど、日本はそれをまったくと言っていいほどやらなかった。

日本はまた国が崩壊する前に一日も早くマスメディアを全取り替えすべきなんじゃないか?
国民がテレビを見ることを徹底的にボイコットすればいい!
パレスチナの「インティファーダ」よろしくテレビ局に石でも投げに行こうか。




タイトル:安倍自民党を必要以上に強くするとそのツケは結局、国民に回ってくる:消去法で投票先を決めるほど愚かな行為はない!

1.みんな怒れ!弱いものは叩くが、強いものは叩かないNHK


 本ブログ前号にて、稲田氏や菅氏など安倍政権の閣僚が野々村号泣議員同様の公金不正をやっていた話題を取り上げました。彼らは国会で日本共産党から追及されて、その罪を自ら認めています。にもかかわらず、ずうずうしく、問題ないと強弁していますが、到底、通用しません。彼らはもう居直っており、国民は完全になめられています。
 ところが、この事件の報道をNHKはスルーしたそうです。NHKはわれら国民から強制的に受信料を取っている公営放送局ですが、権力サイドに不都合なニュースはスルーすることが歴然としています。
 このような日本の現実に接して、何の怒りも湧かない国民はいるのでしょうか。怒らないのは安倍自民関係者くらいでしょう。
 さて本ブログは米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋は安倍自民のみならず、日本のマスコミも徹底的に牛耳っており、NHKも例外ではありません、さらにNHKの場合、安倍官邸からも常に圧力を掛けられています、なぜなら、NHKが国民に与える影響は大きいからです。
 いずれにしても、上記の事例は今のNHKの悲惨な現実をよく物語っています。
今のNHKは国民のためのマスコミではなく、国民からカネを取って権力の宣伝機関に成り下がっています。NHKに働くマスコミ人に矜持はないのでしょうか。

2.なぜ、今の安倍自民はやりたい放題なのか

 今の安倍自民は、日本を乗っ取る米戦争屋に隷属することで、その地位を確保しています。彼らは国民の視線をまったく怖がらなくなっています、その代り、日本を乗っ取る米戦争屋を常に怖がっています。そして、彼らは米戦争屋の意向だけしか念頭にないのです。だから、米戦争屋が黙認すれば、もうやりたい放題です、そして、一部の国民から批判されても馬耳東風です。
 だから、今の安倍自民はネット住人の批判などはまったく意に介していないのです。
 なぜ、安倍自民はこれほど傲慢になり、また堕落したのでしょうか、本ブログの見方では、総選挙でムサシによる投票集計操作が定着してしまったからです。
 安倍自民はムサシの仕切る総選挙の現実を知っているはずです、だから、安倍自民は米戦争屋に隷従する限り、総選挙では確実に勝利できるのです。とりわけ、野党候補と僅差の競り合いとなった安倍自民候補は確実に勝てます。
 したがって、どうころんでも、安倍自民は国会で圧倒的多数を取れるようになったのです、その結果、彼らはもうやりたい放題なのです。

3.選挙民は総選挙の際、ムサシの票操作が効かなくなるほど、圧倒的な差をつけて安倍自民候補を落選させるしかない

 安倍自民をのさばらせると、どうなるか、われら国民は痛いほどわかりました。
 安倍自民に限らず、一つの党を必要以上に強くすると必ず、その党は腐敗堕落するのです。だから、特定の党を必要以上に強くしては、結局、国民が不利益を被ることになります。
 ムサシに票操作させても、不正の効果が出ないほど、安倍自民の得票を減らす以外にありません。
 とにかく、安倍自民以外の党の候補者に投票して、相対的に、安倍自民を弱体化させる以外にありません。
 漠然と、消去法で安倍自民に投票すると、結局、そのツケが自分に回ってくるのです。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月10日(月) オフの日 | トップ | 2016年10月12日(水) 169日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。